FC2ブログ
2018.08.15

田舎なりの変化

日本中がそうだと思いますが、
ここに住んで、こんなに夏が長いのは初めて。

こんな夏にあえて?
涼しい日陰を作ってくれていた、となりの林が、先週なくなりました。
DSC08548 (400x300)

この周辺の土地は、バブルの頃に切り売りされ、
あわよくば、後で、買った時より高く売れるだろう、と思ったか思わなかったか、
まあ、そんな感じで購入した人が多いようで、
畑を数年やったものの、その後、放置、というのが多く、
お隣もそんな感じで、毎年草刈に来ていたおじいさんも来なくなったな・・・
と、思っていたら・・・

雪が降ったりすると美しいカラマツ林ではありましたが、
カラマツの葉が落ちると、色々と大変だったことや、
せっかく屋根に太陽光発電をつけていても、
4時ぐらいになると日陰になり、発電を全くしなくなったり・・・
DSC08550 (400x300)

動物たちのすみかがまたちょっと減ってしまったことはかわいそうです。
木が切られ始めた翌日、夫が庭からその空き地を見ていたら、
キジのつがいが、「あ・・・きられちゃった・・・」という感じに、
呆然と立っていたと。
その林で、キジはよく見かけていましたから。
他に、キツツキやリス、野うさぎも。

風当たりが強くなることはちょっと心配ですが、
我が家の中がものすごく明るくなったのには驚き。

青年の家の柵沿いの林が切られた時も、我が家の南側が明るくなってびっくりでしたが、
今度は西側。
そして、西側には、岩手山があるので、
窓から岩手山が見えるようになったのは嬉しい!
DSC08558 (400x300)
(屋根の上にちょっと見えるのが岩手山)

これから、この土地はどうなるのでしょう・・・

あまり変化のない田舎ですが、大きな変化ですね~。

そしてもう一つ、変化というか、
おとなりさん(切られた林と反対側)に、「ポニー」がやってきました。
DSC08546 (400x300)

ここに住んでからの夢だったとのこと。

来ると決まってから、ものすごい速さで御夫婦で木を切り、整地して、
とりあえず柵と簡単な屋根を作り・・・
この暑さの中なんとパワフルな。
「夢」の実現のための、成せる技でしょうか。

この、メスのポニーちゃんは、おとなしく温厚な性格のようで、
早速、私も撫でさせてもらいました。
DSC08547 (400x300)

色もちょっと変わっていて、素敵なバランス。
馬と友達になれるなんて、田舎の成せる技!
楽しみが増えました。








スポンサーサイト
Posted at 00:30 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2018.08.05

手作りストップ

はや、8月。
暑さが少し落ち着き、過ごしやすくなってきました。
夜は寒くて、窓を開けては寝られないくらい。

10月のメッセンジャー10周年展の前の9月には、
毎年参加している、オルガンサークルの演奏会が控えています。
演奏会チラシ_2018 (286x400)

ちょっと焦り始め・・・

地道に練習はしていますが、やっぱりあっという間ですね~。
弾く練習は家でできますが、音色を決めるのは、ホールにあるオルガンでしかできないので、
まず、曲を決めたあと、レッスンの時に、先生と相談しながら音色を決めていきます。
これが、結構時間が掛かり、今回の曲は、先日の、3回目のレッスンで、やっと決定しました。

今後は、それを、アシスタントを頼んだ人に伝え、レッスンにも来てもらって練習しますが、
それを出来るのも1~2回なので、自分たち(去年に引き続き、今年も連弾)で出来るところはやろう、
ということで、弾きながら、片手があいた一瞬に、
自分でストップ(鍵盤の両側にあるボタン)を引いたり、押したりの練習も。

オルガンを初めて、かれこれ8年になりますが、この、「ストップ」が、未だになかなか覚えられず、
家のオルガンには左右に、ダンボールで作った「にせストップ」を置いて、シュミレーション。
DSC08522 (400x300) (2)

去年の演奏会でも、初めは自分達で操作しようと思っていましたが、
曲のどこにも、手のあく場所がなく、しかも、ストップ操作がとても頻繁だったので、
アシスタントを2人も頼んでの演奏。
そのため、「段ボールストップ」はあまり使うことなく、でも、一応、時々見て覚えようとはしていましたが、
いよいよ今年は、本当に自分達で出来るところはやろうということになり、
「段ボールストップ」をグレードアップ!

実際に、ひっぱったり押したり出来るように改造。
スパークリングワインのコルクの形がぴったりだと思って、貯めていたものを・・・
DSC08524 (400x300)
物によって、結構形に違いがあり、カッターで、形を揃え、ダンボールに穴を開けてはめ込み、

DSC08527 (400x300)
裏側には、コルクが抜けてこないように、「又釘」を4個刺し・・・
何を刺したらいいかな~と、釘などを置いてあるところに行くと、この、「又釘」が目にとまり、
「あれ?これ、たくさんあるけど、何に使ったんだっけ?」
すっかり忘れていたけど、私が工作していたら、
夫が、「鶏小屋作りの材料が、役に立ったね」と。
あ~そうか、金網を止めるのに使ったんだー!

ともかく、これが、刺すのも簡単で、しかも抜けにくく、
このためにあるんじゃないかというぐらい、ぴったり。

DSC08533 (400x300)
最後に、コルクにマジックで色を付け、それらしく。
いい感じです。

しかし、案の定、コルクが全部には足りていないのを見て、夫、
「もっとスパークリングワイン買ってこなくちゃダメだね~!」

とりあえず、今回使うストップ分には足りてるから・・・


Posted at 21:03 | オルガン | COM(0) | TB(0) |
2018.07.19

グリーンピース

日本各地の猛暑、本当に大変ですね・・・
申し訳ないですが、ここは、朝晩涼しく、
日中もここ数日はさほど暑くなく、「ちょうどいい」です。

それでも例年のこの時期にしたら、少し気温高めで、
相変わらず、作物は程よく育ってくれています。

毎日、きぬさやがボールに半分ぐらい取れて、
冬のために冷凍などもしていますが、
去年、冷凍したものを食べたら、甘味がすごく増していて、あまり好みの味ではなかったので、
今回は、グリーンピースにしてから冷凍することにして、
きぬさや状態のものは、その日食べるくらいだけ取って、
そのほかは数日放置。
DSC08493 (400x300)

今日もその、さやからグリーンピースを取り出していたら、
さやにある筋から、一つ一つのグリーンピースに、
へその緒のように管がついているのがなんともかわいらしく、思わず見とれ、
DSC08505 (400x300)

さらに、なんか変だぞ!

さやを左右にはがすと、ひとつおきに左右に豆が別れる・・・
偶然か?
また次も、そのまた次も!
DSC08496 (400x300)

よくよく見ると、確かに、「へその緒」、手前と向こうにひとつおきに分かれてる!(ひとつ上の写真)

ほ~。
そんな仕組みになっていたんですね~。

このことがわかってから、筋を取ったら下側を開き、パキット左右にさやを開くと、
ひとつおきにきれいに豆が分かれるのが面白く、あっという間に、さやむきが完了!

自然に学ぶこと、多し。




Posted at 00:37 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.07

彫刻シンポジウム企画展

暑い暑い!言ってたら、
今度は、思わず「寒っ!」っと声が出る。
しばらく着ないかと、タンスにしまったジャンバーをまた引っ張り出す・・・

先日、1年ぶりに行った、「ギャラリー彩園子」。
盛岡にいても、「知る人ぞ知る」という感じのギャラリー&喫茶。
古い蔵を利用しているので、薄暗く、落ち着く空間。

そもそも、「彩園子」を「サイエンス」と、読めないですもんね。
「彩」の字が、「アート」を連想させるけど、
「サイエンス」と、聞けば、「えっ?科学?」ってなりますよね。

隣にあった、「正食普及協会」は、残念ながらなくなってしまい、
固くて、噛むほどに味がわいが広がる「ロシアビスケット」は、もう、買えなくなってしまいました。
必要のないものばかりどんどん増えて、かけがえのないものが失われていく世の中・・・

で、ギャラリーで開かれていたのは、「盛岡彫刻シンポジウム企画展」。
ある時は大学の先生、ある時は薪割りおじさん、またある時は彫刻家である夫が、
最近頑張って作っていた作品が展示されるているので、帰省中だった娘と見に。

image1 (1) (300x400)

ギャラリーはⅠ、Ⅱとあり、手前にⅠと喫茶、奥にⅡがあります。
いま、この写真を見て、「典雄」の「典」の字が、微妙に間違ってる・・・
Ⅰでは、高橋さんの作品展、Ⅱでは、数人の作品が展示。

image3 (400x300)

この部屋の物置のような小部屋には、まるで夫の「記念館」?(まだ、生きてます)
のように、作品と、デッサン、私物などが展示されています。

image2 (1) (400x300)

盛岡、また、暑くなるようですから、蔵のひんやりしたところで、コーヒーでも飲みながら、
ひんやりした(?)彫刻でもいかがでしょうか・・・

「盛岡彫刻シンポジウム企画展」は、7月14日(土)まで
彩園子は日曜休みです。



Posted at 15:35 | お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2018.07.02

岩手山 山開きの日

いきなり真夏の暑さになり、
畑の野菜たちは珍しくグングン成長し、
手入れが追いつかず・・・

人間もこの気候変動についていくのが大変ですね~

今年も半分終了。
毎年のことながら、早い・・・

残りの半分が始まる日が岩手山の山開き。
今朝、「柳沢日曜市場」へ行った帰りに見えた岩手山。
image2 (400x300)

2ヶ所残った雪渓が目のよう見えて、雲がベレー帽をかぶっているみたい。
電柱のてっぺんのところは鼻の穴のように見えて、岩手山おじさん。

こんな2ヶ所だけ残る雪渓は初めて見ました。

さ、暑さに負けず、しっかり休息を取って乗り切りましょう!





Posted at 12:13 | 季節 | COM(0) | TB(0) |