2018.04.15

トリの置物

最近の陶芸教室から。
お母さんと、大学生の息子さん。

お母さんは、別な方といらっしゃる予定が、その方が都合が悪くなり、
急遽、息子さんが参戦。

お母さんは、以前、「あそびゅー」からの予約でもいらして、その時はニワトリの置物を作りました。

今回は、「じゃらん」のクーポンを利用してのお申し込み。
最近、じゃらんのポイントが失効するのを利用していらっしゃる方も増えてきました。
上手にクーポンとポイントを利用して、支払い0円でいらっしゃる方も。
結構な金額のクーポンが出てますから、皆さんもぜひお得にいらしてください!
(「じゃらん」の「遊び体験」で探してください。)


話を戻して、お母さんはティーカップとソーサーを作りたいと。
そして息子さん、「何を作りますか?」の問いに、
「トリの置物を・・・」
親子ですね・・・。

「なんのトリ?」
「カラスを」
スマホのカラスの置物の画像を見ながら、製作開始!

岩にカラスが立っている姿。
薄くのばした粘土を少しずつ貼りながら積み上げていく方法で
中を空洞にして作っていくことに。
ざっと作り方を説明し、息子さんは言われたとおり、着々と・・・

DSC08187 (400x300)

途中、下のほうがちょっと薄くて重さに耐えられず、崩れかけてきましたが、
下の方に粘土を足し、厚くしたらなんとか丈夫になり・・・

最後、頭のてっぺんに粘土を貼って蓋をし、嘴を付け、目をつけて完成!
DSC08190 (400x300)

お~なかなか立派!
DSC08199 (300x400)

崩れかけた時に、少々私も手を入れましたが、
それ以外は、ほぼお一人で完成されました。

結構薄く作ったので、なかなか難しかったと思いますが、
力作ですね。

急遽の参戦にしては、レベル高い!

お母さんも、さっさと2客作って、
石模様も付け、カラスの完成を待っていました。
DSC08193 (400x300)

息子さんは、「トリ」が好きとのこと。
会心の作ができて、「次はなんの鳥にしようかな~」と、
早くも次のイメージ作り?

「じゃらん」からの申し込みの場合は、粘土の量が800グラムと決まっていますが、
この量で、今回の作品は、高さで言ったらナンバーワンでは?

いよいよ、今年もゴールデンウイークが近づいてきました。
ポツポツ予約が入り始めています。
どんな作品がつくられていくでしょうか・・・




スポンサーサイト
Posted at 21:25 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.12

アルプスの花、今年も

毎日寒いので、植物の成長はゆっくりな気がしていたら、
うっかり、うっかり。
アルプスの花がいつの間にか、咲き始めていました!
DSC08179 (400x300)

あれ?今年は早いのかな?

いつもは、鉢を外に出してから咲いていたのに、
まだ、今年は寒くて鉢を外に出せないでいます。
まあ、そのせいで、中の方が暖かいから、成長が早まったということでしょうか。

それにしても、見るたび不思議な花。
早速、根元の「玉」の上のところが、提灯みたいに割れてきています。

この、超珍しいアルプスの花、見たい方は、この1週間ぐらいが見頃です!
コーヒーでも飲みながら、ぜひ見ていってください。


外仕事控えめのため、これも、気づいていませんでした。
DSC08181 (400x300)

一般的には、ただのクロッカスですが、
植えたわけではない、飛んできたクロッカスです。
DSC08182 (400x300)

植えたクロッカスは、いつの間にか消えちゃうのに、これは、年々増えてますね。
この、落ち葉いっぱいがいいのでしょうか。栄養があって。
よく見たら、花は2つだけど、株は3つありますね~。
来年は3つ咲くのかな?

盛岡の石割ザクラも開花したとのこと。
我が家は、やっと水仙も開き始めました。
いよいよ本当の春になってきたのかな・・・




Posted at 23:38 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.11

冷凍庫のおから

冷凍庫の中に、半年ほど入ったままのおから。
「柳沢日曜市場」で豆腐を買うともらえるもの。

この前、空手の練習にコミュニティセンターに行ったら、
隣の部屋で、「日曜市」の会議があるとのことで、
「あ~、そんな時期か~」と思ったのと同時、
おからが残ってたのを思い出し、
日曜市が始まる前に、古いものは食べてしまわねば・・・
よし、おから入りのケーキを焼こう!

そうだ!パン焼き機でパウンドケーキも焼けるんだった、と思い出し、
これなら、混ぜる手間も、道具を洗う手間も省略できる!

型に材料を投入して、スイッチを入れるだけ。
らくちん、らくちん!
待つこと約1時間。
出来ました~!
DSC08175 (400x300)

お~!上のところ、さっくりしてそう。

材料はかなり適当。でも、周りはさっくり、中、しっとり、
おいしくできました!ヘルシーブラウニーかな?
DSC08177 (400x300)

材料・・・
おから、南部小麦、米油(バターの代わり)、黒砂糖、ココア、くるみ(自家製)、豆乳、ベーキングパウダー(アルミフリー)
ブランデー、フェンネルシード(自家製)

パン焼き機についていたレシピを参考に、小麦の半分ぐらいをおからに変え、バターの半分の重さの米油、
砂糖を黒砂糖にして、量は半分。
卵を入れないので、豆乳で水分調整。
ちなみにおから感は全くありません。
多分、食べた人は、言われなければ入ってることはわからないでしょう。
それでいて、健康的。

いわゆる、「ヴィーガン」と言えそうなヘルシーケーキ。
ただし難点は、ヘルシーだからね、と、食べ過ぎちゃうこと。

暖かくなって、空手が体育館でできるようになったので、
先日、冬に溜め込んだ脂肪を落とすべく、頑張って15周走ったけど、
そのかいもなし・・・。

そして、さらに残ったおからで、また同じようなケーキを焼いたとさ!



Posted at 00:31 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.07

春は足踏み・・・

このまま暖かくなるわけがない、
と、思ってはいたものの、
この、冷え方はなんでしょう・・・

2、3日前には、また、連日の雪。
DSC08165 (400x300)

冬に降った雪はほとんど溶けていたけど、
新しい雪が、また、残っています。
DSC08168 (300x400)

雪割草、おかげで、長持ちしてるかも。
DSC08174 (300x400)

十年日記を見たら、この時期、「カッコウ」(ノカンゾウ)を食べていたので、
見てみると、ちょっと、伸びが悪いかな?
DSC08172 (400x300)
でも、そろそろ食べられますね。

まだちょっと忙しくて、畑、外仕事は控えめにしてるけど、
ふきのとう、冬を越したネギは収穫して食べ、
野菜が少しずつ自給できるようになってきました。

忙しく仕事をしていれば、そのうち、暖かくなるでしょう!
しばしの辛抱。



Posted at 20:00 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.28

一段落。

一山越えました~!

マグカップ50個注文が、追加10個になり、60個。
無事、今日、納品してきました。
締切は明日だったけど、予想より窯出しが早く出来たのでよかった~。
ひとまず、一段落。

カップのための2回目の本焼きの点火が終わってからは、梱包の準備。
箱に入れて欲しいとのことでしたが、箱の代わりに自作の袋。
いい方法がないかな~と、考えた末、試作を作り、見てもらったら、
「おしゃれ~!!」と、喜んでもらったので、
1日かけて作りました。

まず、梱包用の段ボールシートをカット。
DSC08142 (400x300)
半分に折ってホチキスで両側を止め、袋状に。

DSC08144 (400x300)
このホチキスの針、だいぶ前に整理して、3箱に詰め直したもの。
相当古い。(バラバラ加減が古さを物語る・・・)
多分一番古いのは小学生ぐらいの時のものでは・・・?
デザインも違うし、箱に書いてある説明を読むと、古いな~というのが分かる。
最近は、逆にレトロ風のものがあるけど、これは本物のレトロだな~。

こんなにあって、死ぬまでに使い切るのかな~と思っていたけど、
今回、約、2箱使い切り、やった!減った!と思っていたら、
「もっとあるよ!もってこようか?」と、夫。

ホチキスのところにマスキングテープを貼り、
その時、飾りに一緒に英字新聞を止め、
DSC08147 (400x300)

口のところに穴あけパンチで穴を開け
DSC08149 (400x300)

穴に紐を通し、ここで、袋は完成。
DSC08150 (400x300)

次にカップを薄紙で包んで、
DSC08154 (400x300)

袋に入れる。
DSC08155 (400x300)

この袋の良かった点。
マグカップの場合、箱なら問題ないけど、
取っ手の部分に力がかからないように、が大事。
この袋なら、取っ手の部分がうまく収まって全く力がかからない。

口のところを折り曲げ、紐で結べば完成!
DSC08158 (400x300)

このタイプなら、箱と違って場所も取らないから、作っておけば便利かも。
と思っても、次なる仕事が待ってるからね~。

今日は、納品したあと、やっと、我慢していた外仕事。
冬の間に落ちた枯れ枝を拾い、ストーブに。
1日中でもやりたいところだけど、気分転換程度に少しずつ・・・。

さ、明日からはまた次の注文。
頑張るじょー!





Posted at 23:50 | 作品 | COM(0) | TB(0) |