2017.02.19

1つ1つ丁寧に

2~3ヶ月に1度、結構通ってきている生徒さん。
一つ一つとても丁寧に作っているので、完成度が高く、
デザインもじっくり考えて、オリジナリティのある作品を作っています。

今回も、図案をトレーシングペーパーに描いてきて、
線の裏に鉛筆で黒くして、器に図案を写し・・・

P2160948 (400x300)

図案は、雑貨屋さんで見つけたお盆から写してきたとのこと。

器は前回(2週間前)作っていった小皿。
私が白化粧を施しておいたもの。
ビニール袋に入れて、乾燥しきらないようにしておきました。

トレーシングペーパーの図案を写したところを線彫りしていきます。

P2160950 (400x300)

微妙に図案をずらして、ちょっとづつ違う模様の配置。

P2160952 (400x300)

素敵ですね~。
さて、どんな風に焼けるでしょうか?

スポンサーサイト
Posted at 00:45 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.02.12

お花のアレンジメント

オルガンの演奏会から、早、1週間。

聞きに来てくださった方々、本当にありがとうございました。

ちょっとした失敗はありましたが、
失敗がない演奏なんて、不可能なんじゃないかな・・・
と、最近は開き直っています。

「間違えないように・・・」と、思うとプレッシャーがかかって、余計緊張してしまうので、
間違えても動揺せず、さっと立て直す、そんな練習をするようにしています。

演奏会は、自分との戦い。
いかに緊張せず、力を出し切るか。

昨日たまたま見たテレビで、まさにその事を克服する技を教えていましたが、
自分が心がけていることが、ほぼ当たっていて、
「お!メンタルトレーナーになれるかも・・・」


演奏会でいただいたお花のアレンジメントに、帰ってからお水をあげようと、
ラッピングをほどいてビックリ!

P2120944 (400x301)

てっきり、オアシスに差し込んでいるのだと思ったら、
薄いプラスチックの容器が防水のラッピングペーパーに伏せておいてあり、

P2120945 (400x300)

その防水紙の上に直接、「保水ジェリー」が置かれている状態。

P2120946 (400x300)

は~、こんな方法もあるんですね~

防水のペーパーが、一応2枚重なっているから、まあ、水がこぼれることはないし、
これなら、お花が枯れたあとも、ゴミが少なくてすみますね。
でも、なぜ、底なしの容器になっているんだろ・・・?

ジェリーは、下1センチぐらいだけど、十分なようで、
1週間たっても、お花は、ほとんど頂いた時の状態を保っています。

さすがにパンジーだけはしなっとなってしまいましたが、
枯れやすいスイートピーがまだこの状態だから、ガーベラなどは、まだまだ持ちそうですね。

あ~、春が待ち遠しい・・・









Posted at 11:16 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2017.01.29

嬉しいお手紙

ここ数年、年末に、とあるメッセンジャーの注文があります。
宮城で公民館行事などに携わっている方からの。

次の年の干支の置物に、色を塗る講座を開催しているとのことで、
色なしのメッセンジャーが欲しい、と。
今回も、「にわとり」を送りました。

毎年、一体どんな風に、色を塗られているのかな~、見てみたいな・・・と思っていたら、
先日、思いがけずその写真を送ってくださいました。

P1280915 (300x400)

おお~!
立派なメッセンジャーになってるー!

P1280916 (400x300)

豪華!
なんだか、私が色付けしているのが、貧相に思えてくるくらい。
赤い敷物まであつらえてもらって。
こんなに立派なら、玄関などに飾ったら、存在感たっぷり。
いい年が迎えられそうですね~。

1個残ってるから、私も派手に塗ってみようかな?

P1280918 (400x300)

むむむっ!
「ぬりえメッセンジャー」として、色なしのメッセンジャーを売り出そうかな?
はたまた、もうじきくる、「メッセンジャー20周年展」で、その、「ぬりえメッセンジャー」のコンテストもいいかも!




2017.01.28

今年の パイプオルガン演奏講座 終了演奏会

盛岡市民文化ホールで一般向けに開催されている、
「パイプオルガン初級演奏講座」。
今年は、第16期生が学んでいますが、
その初級講座の終了生は、既に100人以上。
私が受講して早、7年!

初級講座を受講した後にも、中級講座や、「レガール・ポジティフ演奏講座」などがあり、
時間を作って、なるべく色々な講座を受講しています。

今年度の、初級の受講生は3名。
初級講座には、もれなく「終了演奏会」という大舞台が待っていますが、
今回、受講生が少なかったため、「レガール・ポジティフ演奏講座」を受講した人も、
その演奏会に出演することになり、
現在、その講座を受講している私も出演!

初級講座は約1年間ですが、「レガール・・・」の方は半年。
あっという間に過ぎます。
そして後、1週間で、その演奏会。

「レガール」というのは、人力で動かすふいごが付いた、まさに原始的なオルガン。
音色も、1つだけ。例えて言うなら「チャルメラ」のような音。
鍵盤にちょっと触れただけで「プッ」っと音がするので、
力を抜きつつ正確に弾くのが大変。
ピアノや大オルガンとはまた違った難しさがあります。

「ポジティフ」の方は、電気が使われ、音色も4種類のパイプが有り、
その組み合わせで、いろんな音が出ます。

「ポジティフ」という言葉に慣れてくると、
前向きな人に、「ポジティブだね~」と、言おうとして、「ポジティフだね~」と言ったり、
なんだか頭がこんがらがってきますが・・・

その、「ポジティフ」、鳥のさえずりのような音がとてもきれいで、
大オルガンとはまた違った魅力があります。

練習に通うときは、小さな部屋で弾いているので、響きがあまりよくないけど、
ホールでレッスンを受けるときには、ホールにその美しい音が響いて、
「あ~きれいだな~」と感動している間に、次に弾く音を忘れかけたり・・・
本番ではそんなことのないように、あと1週間、気を引き締めて練習。

興味のある方はどうぞ!
P1280919 (300x400)

平成28年度 パイプオルガン演奏講座 終了演奏会
2017年2月5日(日) 午後2時開演 (1時30分会場)
会場 盛岡市民文化ホール 小ホール

入場無料ですが、整理券が必要です。
市民文化ホール、キャラホール、盛岡劇場、姫神ホール、プラザおでってにて配布しています。


Posted at 10:30 | オルガン | COM(0) | TB(0) |
2017.01.24

冬の楽しみ

やっと、いくらか冬らしい雪景色になってきましたが、
「あー、もう勘弁して~!」という程の雪はふらないので、
雪かきもほんの少し。
なんとなく、ちょっと体がなまりますね・・・。

雪が少ないといっても畑仕事は無理ですから、
家の中で、服の整理など、作業場が温まるまでの間にちょっとづつ。

年末に、整理していたら、多分母からもらったいい毛糸が出てきたので、
母にクリスマスプレゼントにでもしようと、帽子を編みはじめ・・・

縄編みを入れて、去年自分用に作った帽子がなかなか良かったので、
同じように編んでみました。

PC220853 (400x300)

はじめ、平に編んで、編み始めと編み終わりを合わせてとじ、
てっぺんになるところを縛って縮め、
下のところは少し内側に折り返し・・・

P1010857 (400x300)

結局クリスマスには間に合わず、お年玉に。


次に、やはり母からもらった座布団カバーがあったので、その中に入れる布団を・・・

座布団カバーの大きさになるように、もう着なくなったセーターや、マフラーを切って並べ、

P1040858 (400x300)

ザクザク縫い、よさそうな厚さになったら完成!
前に作ったときは、一応、それも古いYシャツで覆って完成だったけど、
今回はマフラーで最後、覆ったら、まあいいか・・・

P1230911 (400x300)

座布団カバーがまだあるので、さらにもう一枚、製作中。

これ方式だと、セーター類が結構片付いて、片付けた感が大きい。

これ方式で、ずーっと前に作ったもの。
さてこれは何でしょう?

P1230912 (400x300)

答え、鍋ぶとん。またの名をシャトルシェフ。

P1230913 (400x300)

やはりセーターなどを重ねて縫い、最後に少し厚手の布(もちろん、これも古いカーテン)で覆って。

これは、「通販生活」で、以前見かけ、真似して作ってみました。
(シャトルシェフ、欲しかったけど・・・)

シャトルシェフもびっくり、煮込み料理ならお任せ。
例えばカレーなら、材料を入れ、一度沸騰させたら火を止め、この鍋ぶとんに入れておくだけ。
お出かけ前に仕込めば、帰ってきた時に食べられます。

ただし、鍋ぶとんを作るとき、最後に覆う布は、綿か麻。
化繊は溶けます。

シャトルシェフは、鍋はひとつしか使えないと思うけど、鍋ぶとんなら、いろんな鍋が使えるので、便利です。
省エネ+断捨離したい方にはおすすめです。

ただし、薪ストーブの我が家では、煮込み料理はストーブさんがやってくれるので、
実はあまり、冬場は使われていません・・・







Posted at 00:27 | 日常 | COM(0) | TB(0) |