2017.09.16

ムカゴご飯 赤とんぼ

我が家の畑は、そもそも林の中にあるので、
放っておくと山のものがいろいろ生えてきます。
きのこはもちろん、ワラビ、タラボ、ウド、山芋など。

せっかくなので、それらと上手に共存できるようにしています。
なんとなくワラビがこの辺に多いな~というところは、
ワラビ専用に区画を作ってみたり。

山芋もあちこちからでてくるので、出てきたところに支柱を立てて蔓を伸ばしてやったり。
冬になる前に掘ってみたものの、あまり大きくなってなかったものは、翌春、また植えます。
そうやって伸びたのがこれ。

DSC07622 (300x400)

本当は、もっとツルが伸びるように、網でも張ってやればいいところですが、
そこまでの時間は無い・・・。
これは、結構伸びてくれた方で、ムカゴも大きくなってきました。
DSC07624 (300x400)

大きそうなのだけ集めて、
DSC07627 (400x300)

ムカゴご飯に。
DSC07628 (400x300)

塩とお酒を少量入れただけのシンプルな味。
ここに住むまでは食べたことがなかったけど、
今では、毎年の楽しみ。

皮がじゃがいもで中身が里芋って感じかな~。
これがこぼれて山芋が出てくるわけだから、種?種芋?
栄養たっぷりでしょうね。


庭には、これもどこからか飛んできて、少しずつ増えてきた「シュウカイドウ」。
DSC07630 (400x300)

緑ばっかりの庭に、ピンクのアクセント。
こういう色があるとホッとします。
DSC07637 (400x300)

少し色付いてきた、赤トンボ。
台風、あまり被害がありませんように・・・



スポンサーサイト
Posted at 23:26 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2017.09.10

赤紫蘇 と ボリ

今日、午後、ふと外へ出ると、ほんわかとした空気。
あ~、秋はいいですね~。

我が畑ではようやく赤紫蘇が収穫時期。
ちなみに、こぼれ種であちこちから出てきたものを
一ヶ所に集めて育てたもの。
DSC07566 (400x300)

来年の梅漬け用にするために・・・
DSC07594 (400x300)
葉を取ってよく洗い、

DSC07595 (400x300)
塩を振って良く揉んで、

DSC07597 (400x300)
汁を捨ててもう一度塩を振って良く揉み、
こんなに小さく。

梅酢のかわりに酢を入れて瓶に保存。
DSC07605 (400x300)
これで2回分。
あと1瓶ぐらいになるかな?
来年、梅が採れるまでまで待っててね~。

そして草ぼうぼうになっていた庭。
昨日からやっと草取り&草刈。
刈っていると・・・あっ!きのこ発見!
DSC07608 (400x300)
今年初ボリ!
一石二鳥だな、と、ちょっと嬉しくなって刈り続けていると、
あ、ここにも、
DSC07613 (400x300)
刈れば刈るほど次々と。
草の茎に阻まれながらも頑張って出てきたのは、
傘がでこぼこ。
DSC07607 (400x300)

すごいすごい!
DSC07610 (400x300)
ツツジの根元にはなんと株になって!こんなになるんだ~!
(ピンボケ残念)

白樺の切り株にはいい感じの・・・
DSC07611 (400x300)
場所によって、水分量が違うらしく、見た目にかなり違いがあります。
ほんとにボリだよね・・・

蚊が出てきたので草刈は終わり。

まだまだ刈ればボリも出てきそうでけど、後始末も大変だから、
このぐらいにしておこう。
DSC07615 (400x300)

洗ってジップロックに入れてぎゅーっと押しつぶして、冷凍。
芋の子汁かな~。


Posted at 22:01 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2017.09.04

現実逃避パワー

びっくりするほど季節の変わり方が急です。

じめ~っとして、暑い!というほどではないけど、
動くとじわ~っと汗が出る、
夏らしくない夏が、
ある日突然、空が高くなり、からっとした空気、
半袖がもう、寒い。

居間の温度計が20度。
ストーブに火を入れたくなる・・・

ストーブといえば、薪。
今年は春先に、馴染みの工務店さんが大量に廃材を持ってきてくれたので、
夫が梅雨が来る前にと、せっせと薪作り。
おかげで、この冬の分は十分ありますが・・・

DSC07564 (300x400)

雨ざらしの木もたくさんあるので、切らなくちゃ・・・
しかし、置き場所が無い。

というわけで、今まで、なんとなく適当に積んでいた場所を、
しっかりした置き場所にすべく、大道具さん(?)登場。
DSC07562 (400x300)

同時進行の演劇関係の仕事を3つ、4つ抱えて、(4つ、5つ?)かなり忙しいらしいのですが、
忙しければ忙しいほど、こういう時に、「現実逃避パワー」が炸裂し、
DSC07565 (400x300)
あっという間に完成!

忙しかったら、ちょっとずつでも仕事を片付けた方がいいんじゃないのかな~
と、私は思うのですが・・・

でも、この「現実逃避パワー」で、今までも小屋が建ったり、何かが出来たり、
とてもありがたいパワーです。





Posted at 13:57 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.28

なんでもある家

毎週行っているデイサービスでの陶芸教室。

何を作るか、題材を考えるのが毎回苦労で、
パッと浮かぶときもあれば、なかなか思い浮かばず、
出かける直前にギリギリ準備が終わったり・・・

この頃は、立体作品ではなく、レリーフが多いので、
まず、下絵を描き、それを手書きで複写。
DSC07544 (400x300)
(この、色が塗られているのは、デイサービスに来た方が塗ったもの)

スキャンして、切り貼りして、コピーすればいいようなものですが、
その過程で、余白が無駄になるのがどうも嫌で、
下書きを横に置いて、見ながら描き写したり、光に向けて透かしてポイントポイントを写して、それをつなげていったり、
いずれ、もっと簡単にできるはずの作業を、変に時間をかけてやっている現状。

12人分ぐらいなので、まあ、写してもそんなに時間はかかりませんが、
「よく、アニメーターが使っている、電気をつけると下の絵が透けて見える台があったらいいよね~」
と、夫に話すと、「え?、そんなのすぐにできるよ」と。

デイサービスから帰ってきたら、これが置かれていました。

DSC07542 (400x300)

元は、コレクションに使うボックス。
うん、確かに、あった、この箱。
このライトも見たことある。

ライトを箱にいれ、下描きの絵を載せ、
DSC07541 (400x300)

うえに白い紙を載せれば・・・ちゃんと透けてるー!
DSC07540 (400x300)

これなら、ささっと、写せます!

な~んだ、もっと早く言えば良かった~。

なんでも出てくる、この家。

娘もよく、何か必要なものがあって、まさか無いだろうな~と思いつつ、、
「こんなのある?」と、言うと、夫か私のどちらかが「あ~、あるよ。」
「え~!あるの~!!!」、ということがしばしば。

ない時は、作っちゃうしね。


Posted at 15:00 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.20

今年も夏、終わる・・・

夏休み、ほぼ終了ですね。
県内は。
ちょっと一息・・・かな~?

「じゃらん」の「遊び体験が」だいぶ認知されてきたようで、
ここ1ヶ月は、陶芸教室にコンスタントに予約が入るようになり、
忙しく過ごしました。

夏休みの工作に持っていきたいからとの要望で、急いで窯焚きをしたり、
焼きあがった作品を仕分けして、梱包、発送、
取りに来られる方には、電話・・・

ちゃんとチェックしたつもりが、「1個足りません」と、電話が来たり、
あ~、受け入れ数、限界?・・・

ま、ともかく、皆さん楽しんで時間を過ごしてくださっているようなので、
頑張ってます。

先日は、おしゃべりが好きな男の子、そのお母さん、おばあさんと3人でのグループ。
男の子が大人びたことを喋るので、「何年生?」と聞くと、「何年生でもない」と。
保育園、年長さんかな?
おしゃべりも達者だけど、手も器用。

説明を始めるより早く、もう、粘土を伸ばし始め、
「ぼく、ピザ作る!」

考えが決まっているなら、好きなように作らせるのが1番なので、
時々アドバイスしながら・・・
「トマトは、こうしたらどうかな?」と、ちょっとやってみせると、
「うん、そうだね、やってみる!」、と、素直に反応。お利口さん。

かくして、大作ピザの出来上がり。
DSC07532 (400x300)

「壁にかけられるように、ここに、穴を開けるといいんじゃない?」のアドバイスにも
「うん、いいね!」と、穴を開け。

お母さんの話では、時々ピザづくりを家でするらしく、
その時、麺棒で伸ばすのをやりたがると。

なるほど、上手なわけです。
粘土も生地も似たようなものですから。

「空いてるところに、星も付ける!」というので、抜き型を出してあげて
やり方を教えると、これも上手に型からはずして。
粘土に押し付けるのは簡単だけど、
指をそ〜っと入れて、形を崩さずに出すのは、丁寧さがないとできない作業。

3人で出来たのはこのぐらい。
DSC07531 (400x300)
ピザは、1人分の粘土全て使ったので、大きいです。

別のグループ。
来た時に、「今日作って、夏休みの工作にできるようなもの、ありませんか?」と。
来た日の6日後が始業式!!!

粘土から作ったものはどんなに頑張っても無理。
たまたまその翌日に本焼きをすることにしていたので、
「絵付けならできますが・・・」と、素焼きしてある白いお皿、湯呑を見せると、
それでいい、ということになり・・・

無事、焼き上がり、すぐに発送。
DSC07534 (400x300)
ささっと考えずに描いた男の子の作品が左。
お母さんに、「もっと描いたら?」と、言われていたけど、勢いがあって面白い!

右は下書きを紙に描いて、慎重に描いた女の子の作品。
これもなかなかオリジナルな、いいデザインですね。

始業式、間に合ったかな~?

Posted at 21:09 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |