2018.02.19

久々にうんざりな冬

思えば、2月っていうのはこうだったな・・・
寒さにうんざりして滅入ってくる時期。

ここ何年か、さほどうんざりするほど寒くはなかったから、タカをくくっていたかも。
でも、子供の頃の盛岡はもっと寒かったはず。

今みたいなあったかい長靴もなく、普通のゴム長で1日中雪と戯れ、
毛糸の手袋は雪だるま状態。
しもやけで手も足も真っ赤に膨れて、洗面器にお湯を張ってもらって温め・・・
でも、寒くて嫌だな~とは思わなかった。
冬が一番好きだった気がする。

あの頃の自分が、ここに住んでいたら、スキーは家で出来るし、
巨大なかまくらも、雪像も作り放題!
多分毎日、屋根に上って、雪山にズボッと飛び降りるだろうな~。
P2151114 (400x300)

もしくは、屋根にスキーを持って上がり、屋根から滑り落ちるに違いない。

作ろうと思えば、スノボのハーフパイプのコースだって作れる。
P2151109 (400x300)

既にリュージュのコースもできてる。
P2151105 (400x300)

子供みたいに遊べば少しは冬を楽しめる?
残念ながら、雪かきで疲れたあと、遊ぶ時間はないよね~。

先日の盛岡の大雪の日は、ここはざっと60センチ。
一気に「閉ざされ感」が・・・。
P2151112 (400x300)

そんな日に、テレビ取材。
道路入口に立ててある工房の看板も埋まり、
その雪を避ける余裕もなく、やむなく放置していたら、
取材陣が帰ったあと見ると、多分、撮影のために、看板周りの雪を避けてくれていました。
ありがたや。

放送は、テレビ岩手、「夢見るピノキオ」2月25日です。


野菜の高騰の影響。
人参のあたま、キャベツの芯すら、いとおしい。
DSC08105 (400x300)

水につけて日々の成長を楽しんでいます。
人参は、3個目。
1個目はもう少したくさん出ていたので、刺身の飾りに使えました。

キャベツは根が1ミリぐらいあったから、数日水につけただけで、こんなに伸びて!
DSC08110 (300x400)

真っ白だった芯も、少しずつ緑になって、小さなキャベツがたくさん出現!
DSC08114 (300x400)
ミニキャベツ、かわいい!
どこまで伸びてくれるかな~。

スポンサーサイト
Posted at 00:23 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.11

雪まくり

今年は雪が少なめで楽だな~と思いつつも、
いや、そのうち結局、いつもどおりに降るんじゃないの?
と、心の準備はしていましたが、やはり、ほぼ、いつも通りの積雪量に、近づいてきました。

P2071101 (400x300)

先日の晴れた朝、雪かきをしていて発見!

P2071094 (400x300)

誰がつけた名か、「雪まくり」という写真集を見たことがあるけど、
「雪まくり」というより、「めくれ雪」の方がいいんじゃないかな~

屋根から落ちた雪のかけらが、新雪に落ちてコロコロ転がって・・・
まあ、上手にめくれてくれましたね~。
P2071098 (400x300)

キャタピラーのように横シマがついて、よく、幅広くめくれたな~。
丸くなるのはたまに見かけるけど、このタイプはあまり見ない。

P2071096 (400x300)

まるで、キルト芯を巻いたみたい。

P2071097 (400x300)

そして、後からくっついてきた塊は何か言いたげな・・・
「落ちる場所、間違ったな・・・」
Posted at 00:57 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.08

自由度あふれてます

今年も楽しい陶芸教室、全開です!(?)

毎週毎週、デイサービスでも、続いています。
1週目は、私が描いた下描きに色を塗り、
2週目は、それを元にレリーフを作り・・・

DSC08060 (300x400)

もう、粘土を平らに伸ばすのはお手の物です。
型紙の形に合わせて、指でつぶして伸ばし、最後は下において手のひらでならす。
DSC08062 (300x400)

これはちょっと難しいお題でしたが、
きれいに出来てます。インコのつがい。

DSC08023 (400x300)

上向きと、下向き、しかも、顔がわかりにくいにも関わらず、
皆さん、絵をじっくり見て、どこが目で、口で・・・と頑張っていました。
途中、入浴があたっていて時間のない方は、1匹にしたり、
作業が早くて終わっちゃう方は、額のように飾りをつけてもらったり。
DSC08029 (400x300)

これは、去年のお月見の前に作ったもの。
お団子がミズキだんごのように、色とりどりになっていたり、
雲の色もいろいろ。
正解はないので、それぞれ面白いな~と・・・
DSC08033 (300x400)

次、実際、実がなっている「ガマズミ」を持って行ったかいあって、
なかなかいい出来でした。

葉っぱと実と、枝をレリーフにしましたが、
時間がない方は、枝は粘土では作らず、色をつけるときに枝を描いてもらったり、
それでも、小さい実を一生懸命貼り付け、細い枝も作ってる方も。
DSC08036 (400x300)

最新作は、干支の犬。
粘土で作り、色を塗ると、全く、別物になるところが面白い。
リアルワンちゃんアリ、ぬいぐるみあり、くまさんあり・・・
DSC08102 (400x300)
ブチのかわいいワンちゃんは、最近、「あ~疲れた~」を連発する、
最高齢、「もうすぐ100歳」さん。
私が、ここに行き始めたのが、もう、4年前。
確かに、その時「96歳」と言っていたので、は~、100歳かぁ。
そりゃ、疲れますよね~。
DSC08099 (400x300)

ここからは、工房での教室。
3回通って作り上げた、大きなピッチャー。
大きかったので、接合部分が、少々歪んでしまいましたが、(時間差で作ると、ここがちょっと難しいところ)
はじめてでこんな大作。
たっぷりのお花を生けたいとのことでしたが、きっと、飾ってくれていることでしょう。
DSC07795 (300x400)

2時間をフルに使って結構大きな家を作った2人。
DSC07794 (400x300)
細かいところがこわれないように気を付け、無事、きれいに焼けました。
これ、飾ってあったら、かなり目を引きそうですね~。
DSC07793 (400x300)

若いママさん、
一人で赤ちゃんを連れて来て、手形を押し、それを表札に・・・
DSC07739 (400x300)
手形のお皿とか、レリーフとか、という発想はあったけど、
なるほど、表札にね~。
DSC08066 (400x300)
玄関にあったら、いつもそこに手を当てて、
「こんなに大きくなったよ!」なんて、自慢げに言うのかな~
楽しいですね。

最後は、シナモンロール大好きさんが作った、「シナモンロール」。
こんなふうに、「だるま」だったり、いろんなものに変身?してるんですね~。
DSC08047 (400x300)
最近、元気がないという、おばあさんにプレゼントとか。
きれいな色に焼けました。
これなら可愛いから、元気が出るかもしれませんね。
DSC08097 (400x300)

さあ、みなさんも、面白いもの、使いたいもの、作りにいらっしゃいませんか?



Posted at 00:19 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2018.01.29

金沢旅行 その3

金沢と言えば、兼六園。

11月の末でしたが、雪やら、ヒョウやら雨、雷と、今回の旅は、天候不順。
でも、兼六園に行った日は、まあまあ回復して、きれいな紅葉も見られました。

DSC07961 (400x300)

雪吊りもちょうど作業の最中。
さらりと見て、兼六園の隣にある、県立美術館へ。
DSC07983 (400x300)

21世紀美術館に比べたら、地味な普通の建物ですが、中のカフェが大賑わい。
あの、辻口シェフのケーキが食べられるカフェ!
DSC07982 (400x300)

なんと、美術館の中に、厨房も作られていて、
かなりの人数が忙しそうに働いています。
DSC07980 (400x300)

つまり、常に、出来たてのケーキが食べられます。

これだよね~。
美術館って、こういうゆったりと、上質の時間を味わえる空間だと思うんだけど、
残念ながら、岩手には・・・

辻口シェフのじゃなくたって、ちょっと美味しいケーキとコーヒーさえあれば、
お茶しに行ってみようかなって思うのに、
人が来ないからって、開館時間がだんだん短くなって、
ますます人が来なくなる・・・

話を戻し、普通、食べ物屋さんで待つなんて、我が家の習慣にはほとんどないけど、
せっかくだから、今回は待ちました。
値段も、そんなにびっくりするようなものではなく、普通のカフェと変わりありません。

待ち時間の間、どのケーキにするか、娘とショーケースの前を行ったり来たり。
迷う~!!!
待つこと30分、ついに、席に通され・・・
どの席も、ほとんど、外に面していて、ゆったりと緑を眺めながら、運ばれてくるのを待ち・・・

来ました!大きな皿に綺麗に盛り付けられ、完璧!(あれ?絵的には地味なチョイスだった?)
DSC07975 (400x300)

しばし堪能しました。

もちろん、展示も見ましたよ。
九谷焼の古い作品は、あまり見たことがありませんでした。
ここならではです。
その他、さすが、加賀藩、興味深い、手の込んだ工芸品の数々。

この他にも市場とか、いろいろ行きましたが、あまりいい写真が撮れなかったので、
金沢旅は、このぐらいでおしまい。

Posted at 01:01 | | COM(5) | TB(0) |
2018.01.21

寒さ対策

大寒。
聞いただけで寒々します。
その名にたがわず、盛岡は-8℃だったというから、ここは-10℃ぐらい?

このぐらい冷えると、作業場がなかなか温まりません。
そこで、我が家の便利大工さんに、前々から頼んでいた「天井塞ぎ」を
もう一度頼んで、やっとやってもらいました。

作業場も、色々考えて増築したはずの場所ですが、
使ってみると、あ~、ここはこうするんだった~とか、ありますね~。

天井が無駄に高いのもその一つ。
冬になるといつも、あ~ここが塞がれて、低いフラットな天井だったら、どんなに暖かいだろう・・・
と、天井を見上げるのが日課。

やっとその、日がやってきましたー!

工事前
DSC08070 (400x300)

DSC08072 (400x300)

工事後
DSC08084 (400x300)

扉の少し上ぐらいの高さに骨を入れて、ダンボール状のプラスチックのシートを載せて、
天井を低くしてもらいました。
広さで言えば、人が2人、寝られるぐらいかな・・・

床下からくる冷気だけでなく、天井からもヒヤッとした空気がきていましたが、
その、天井からのヒンヤリが緩和されたような気がします。

工事のついでに、少し、模様替えも。
ついでに、所々、掃除。
あ、鉢にも水やりを、と思い、
冬以外、玄関の外に置いている寄せ植えの鉢を見ると、
1年で、石ころくんとリスくん、こんなに埋まっちゃって・・・
DSC08082 (400x300)

さ、水を、と思ったら、やややっ!
DSC08081 (400x300)

ひまわりが発芽!
そのへんに咲いている草花はもちろん、アルプスに咲く花まで出てきたこの鉢、
今度はひまわり。

野鳥が運んできたのでしょう。
どのぐらいまで成長できるかな?

春になったら地植えしてあげるか・・・

その春はまだまだ、明日から、連続真冬日が来るとか・・・
ひ~。
じっと待つしか無い・・・

Posted at 22:04 | 日常 | COM(1) | TB(0) |