2017.08.28

なんでもある家

毎週行っているデイサービスでの陶芸教室。

何を作るか、題材を考えるのが毎回苦労で、
パッと浮かぶときもあれば、なかなか思い浮かばず、
出かける直前にギリギリ準備が終わったり・・・

この頃は、立体作品ではなく、レリーフが多いので、
まず、下絵を描き、それを手書きで複写。
DSC07544 (400x300)
(この、色が塗られているのは、デイサービスに来た方が塗ったもの)

スキャンして、切り貼りして、コピーすればいいようなものですが、
その過程で、余白が無駄になるのがどうも嫌で、
下書きを横に置いて、見ながら描き写したり、光に向けて透かしてポイントポイントを写して、それをつなげていったり、
いずれ、もっと簡単にできるはずの作業を、変に時間をかけてやっている現状。

12人分ぐらいなので、まあ、写してもそんなに時間はかかりませんが、
「よく、アニメーターが使っている、電気をつけると下の絵が透けて見える台があったらいいよね~」
と、夫に話すと、「え?、そんなのすぐにできるよ」と。

デイサービスから帰ってきたら、これが置かれていました。

DSC07542 (400x300)

元は、コレクションに使うボックス。
うん、確かに、あった、この箱。
このライトも見たことある。

ライトを箱にいれ、下描きの絵を載せ、
DSC07541 (400x300)

うえに白い紙を載せれば・・・ちゃんと透けてるー!
DSC07540 (400x300)

これなら、ささっと、写せます!

な~んだ、もっと早く言えば良かった~。

なんでも出てくる、この家。

娘もよく、何か必要なものがあって、まさか無いだろうな~と思いつつ、、
「こんなのある?」と、言うと、夫か私のどちらかが「あ~、あるよ。」
「え~!あるの~!!!」、ということがしばしば。

ない時は、作っちゃうしね。


スポンサーサイト
Posted at 15:00 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.15

町家のお化け屋敷

今年の4月から再び東京で働き始めた娘が、
お盆には帰ってこないと思っていたのに、
急に休みがもらえて帰って来たおかげで、
陶芸教室三昧だったお盆を、少し、お盆らしく過ごすことができました。

お盆らしいもの・・・?

まずは、お化け屋敷。
うちの旦那さんがおととしから手がけている、「盛岡町家物語館」の「町家のお化け屋敷」。
DSC07513 (300x400)

私はとっても怖がりなので、これまでお化け屋敷なんて入ったことがなかったのですが、
これは、毎年見ることができています。

怖がりなのに入れる理由。
それは、ある程度ネタが分かっているから。

制作は町家でやっているので、詳しくはわからないけど、
お化けを作るいろんな材料が、次々我が家に届くので、なんとなく雰囲気がわかるし、
旦那さんも、「制作していて、帰るとき、最後の一人になると電気を消すのが怖い・・」と言っているので、
そこまで怖いものは作っていないだろうな、と。

おととし、第1回目の時は、どうやら、本物のお化けさんたちが、見に来ていたそうです。
不思議な現象がいろいろあったようで・・・
自分たちの場所だと思って、やってくるのでしょうか・・・

ともかく、旦那さんの仕事を、今年はいつ見に行こうかな~と思っていたら、
ちょうど、娘が帰ってきたので、盛岡駅で拾ってから直行。

11~13日だけ、夜の部もあり、入口前の外の照明の雰囲気が、既にお化け屋敷っぽい。
DSC07521 (400x300)

いろんなテーマパークや遊園地には随分怖いのがあるみたいだけど、
鉈屋町のような、古い町並みのなかに、気軽に安い料金で入れる、
レトロなお化け屋敷。
DSC07518 (400x300)

地元の子供たちは、何度も入っているらしいです。
夏の思い出になる、こんな地元密着イベントって、なかなかないかも。
8月20日(日)までやっていますので、
レトロな雰囲気を味わいに是非どうぞ!


翌日はお墓参りに行き、その足で、展示会を一つ。
旧石井県令邸で開催していた「コズビ展」。
「コズビ」は、不来方高校の美術専攻の卒業生有志で行われている展覧会。
image4 (300x400)

石井県令邸、行きたいと思いつつ、行けていなかった場所。
蔦の美しい、古い洋館。
image5 (300x400)
建物を見ているだけでもいいです。

image1 (1) (300x400)
窓の、蔦の間から漏れる光。
これだけで、絵になりますね~。

image3 (300x400)

白壁の落ち着いた雰囲気で、作品展示にはもってこい。

暖炉の上も作品を飾るのにいいスペース。
image2 (1) (300x400)

外に出ると、入った時より人がたくさんいて、???と思ったら、
どうやらポケモンGOをやっている人たちだったようです。

夏休みで、わざわざ遠くから来たのかな~。

このあと、娘がちょっと風邪気味で、「にんにくをたっぷり入れてじゃじゃ麺が食べたい!」というので、
じゃじゃ麺屋さんへ。
お盆にじゃじゃ麺、まさに、帰省客か、旅行者。

なんとなく、旅行者気分になって、お盆らしさを味わうことができました!



Posted at 21:19 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2017.02.28

岩手山が見える!

暖かめの冬も、2月に入ってまあまあ寒くなり、
雪もまあまあ増え、結局、例年並みな積雪になってきました。

でも、なんといっても、向かいの青年の家の林がなくなったので、
雪が溶けやすくなり、家の前の駐車場はアスファルトが出ています。
P2270956 (400x300)

今までは、この時期は、厚い氷に覆われていましたから、大きな違いです。


おととい、家の裏の方から、重機の音がするな~と思っていたら、
畑の向かいの土地に生えていた木が、バッサリ。

我が家と同じ頃に分譲されて、老夫婦が購入し、
綺麗なツツジがぐるりと植えられていたのに、数年したら放置され、
あとは、勝手に生えてきた木に覆われ、鬱蒼としていた場所。

売れたか、売るためか、すべて切り倒されました。

今日、行ってみたら、あー、なんて広々した眺め!
こんなだったっけ?

P2270955 (400x300)

岩手山がほぼすっかり見える。
見事に電線がさえぎっているけど・・・

熊がひょいと出てきそうで怖かったけど、これで少し安心、かな?

おとといは、そんなことにならなければいいけど、と心配していたことが的中。
伐採作業中に、木が電線に引っかかり、停電。

我が家に来る電線ではなかったから良かったけど、
復旧工事が終わったあたりで、10分ぐらいだけブレーカーを下げてくださいと。

それで済んだからまあね・・・。

これからは畑に行くたびに、いい岩手山の景色が見られて、気持ちが良さそう。
やっぱりいい山ですね~


Posted at 00:18 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2017.02.12

お花のアレンジメント

オルガンの演奏会から、早、1週間。

聞きに来てくださった方々、本当にありがとうございました。

ちょっとした失敗はありましたが、
失敗がない演奏なんて、不可能なんじゃないかな・・・
と、最近は開き直っています。

「間違えないように・・・」と、思うとプレッシャーがかかって、余計緊張してしまうので、
間違えても動揺せず、さっと立て直す、そんな練習をするようにしています。

演奏会は、自分との戦い。
いかに緊張せず、力を出し切るか。

昨日たまたま見たテレビで、まさにその事を克服する技を教えていましたが、
自分が心がけていることが、ほぼ当たっていて、
「お!メンタルトレーナーになれるかも・・・」


演奏会でいただいたお花のアレンジメントに、帰ってからお水をあげようと、
ラッピングをほどいてビックリ!

P2120944 (400x301)

てっきり、オアシスに差し込んでいるのだと思ったら、
薄いプラスチックの容器が防水のラッピングペーパーに伏せておいてあり、

P2120945 (400x300)

その防水紙の上に直接、「保水ジェリー」が置かれている状態。

P2120946 (400x300)

は~、こんな方法もあるんですね~

防水のペーパーが、一応2枚重なっているから、まあ、水がこぼれることはないし、
これなら、お花が枯れたあとも、ゴミが少なくてすみますね。
でも、なぜ、底なしの容器になっているんだろ・・・?

ジェリーは、下1センチぐらいだけど、十分なようで、
1週間たっても、お花は、ほとんど頂いた時の状態を保っています。

さすがにパンジーだけはしなっとなってしまいましたが、
枯れやすいスイートピーがまだこの状態だから、ガーベラなどは、まだまだ持ちそうですね。

あ~、春が待ち遠しい・・・









Posted at 11:16 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2017.01.24

冬の楽しみ

やっと、いくらか冬らしい雪景色になってきましたが、
「あー、もう勘弁して~!」という程の雪はふらないので、
雪かきもほんの少し。
なんとなく、ちょっと体がなまりますね・・・。

雪が少ないといっても畑仕事は無理ですから、
家の中で、服の整理など、作業場が温まるまでの間にちょっとづつ。

年末に、整理していたら、多分母からもらったいい毛糸が出てきたので、
母にクリスマスプレゼントにでもしようと、帽子を編みはじめ・・・

縄編みを入れて、去年自分用に作った帽子がなかなか良かったので、
同じように編んでみました。

PC220853 (400x300)

はじめ、平に編んで、編み始めと編み終わりを合わせてとじ、
てっぺんになるところを縛って縮め、
下のところは少し内側に折り返し・・・

P1010857 (400x300)

結局クリスマスには間に合わず、お年玉に。


次に、やはり母からもらった座布団カバーがあったので、その中に入れる布団を・・・

座布団カバーの大きさになるように、もう着なくなったセーターや、マフラーを切って並べ、

P1040858 (400x300)

ザクザク縫い、よさそうな厚さになったら完成!
前に作ったときは、一応、それも古いYシャツで覆って完成だったけど、
今回はマフラーで最後、覆ったら、まあいいか・・・

P1230911 (400x300)

座布団カバーがまだあるので、さらにもう一枚、製作中。

これ方式だと、セーター類が結構片付いて、片付けた感が大きい。

これ方式で、ずーっと前に作ったもの。
さてこれは何でしょう?

P1230912 (400x300)

答え、鍋ぶとん。またの名をシャトルシェフ。

P1230913 (400x300)

やはりセーターなどを重ねて縫い、最後に少し厚手の布(もちろん、これも古いカーテン)で覆って。

これは、「通販生活」で、以前見かけ、真似して作ってみました。
(シャトルシェフ、欲しかったけど・・・)

シャトルシェフもびっくり、煮込み料理ならお任せ。
例えばカレーなら、材料を入れ、一度沸騰させたら火を止め、この鍋ぶとんに入れておくだけ。
お出かけ前に仕込めば、帰ってきた時に食べられます。

ただし、鍋ぶとんを作るとき、最後に覆う布は、綿か麻。
化繊は溶けます。

シャトルシェフは、鍋はひとつしか使えないと思うけど、鍋ぶとんなら、いろんな鍋が使えるので、便利です。
省エネ+断捨離したい方にはおすすめです。

ただし、薪ストーブの我が家では、煮込み料理はストーブさんがやってくれるので、
実はあまり、冬場は使われていません・・・







Posted at 00:27 | 日常 | COM(0) | TB(0) |