2017.07.21

ややリアル猫と表札

うちのタラちゃん(以前飼っていたうさぎ)と仲が良かったお隣さんの猫さんが、
うちの庭に来た時に撮った写真を元に作った、
ややリアル置物。

DSC07451 (300x400)

背が高かったので、なかなか窯に入る機会がなかったけど、
作ってから約半年?やっと焼くことができました。
焼き上がりで、高さ31cm程。

DSC07459 (300x400)

ピアノを習いに来てる小3の子供に、
「ほら、猫だよ」と、言うと、
「え~、飼ってるの?」と言って近づき、
「な~んだ~、置物か~」

いろんな毛色の動物たちを
粘土の種類や、釉薬、陶芸用絵の具を駆使して、
できるだけリアルに作れるように、
注文品の合間にコツコツ。

猫はおすわりしてるのが多いので、わりと作りやすいですが、
犬は、なかなか苦戦します。
種類によって体型がかなり違うのもあり。

猫やうさぎはややリアルサイズで作れますが、犬は・・・
窯のサイズもあるし、コストが・・・


お次は表札。
かれこれ十数年前に表札を注文に来た方が、
今度は、知人の新居にと、同じタイプの表札を注文に来てくださいました。

ありがたいですね~。
新築された方が、この、注文された方の表札を気に入ってくださっていたということですよね、多分。

DSC07390 (400x300)

表札は、当然ながらデザインがまず一番。
何パターンか提案して、選んでもらい、ようやく作り始めますが、
色々注意することがあって、簡単ではありません。

ヒビでも入ったら、作り直しですからね。

平に焼かなくてはならないし、(平らなものを平に焼くのが、案外簡単ではありません)
この、粘土は、石英の粒子が入っていて、それが焼くと溶けるので、
窯の中の板にくっついてしまうことがあります。

どうなるかというと、焼き縮まる時に板にくっついてしまうと、
縮みたいのに縮めない・・・ヒビになります。

そのため、裏に、くっつき予防の粉を塗ります。
歪み予防には、裏面に、規則的な彫り込みも。

というような、様々な工程を施し、今回は、無事、1回の焼成で完成!
(ヒビも、歪みも何度も経験しての成果!)

長年の蓄積ですね~。

陶芸教室をやっていて、「焼き上がりは1~2ヶ月後です」と言うと、
時々驚かれることがあります。

知らなければ当たり前のことですが、
「素焼き」と「本焼き」の2回、焼いているということも知らない方が、結構いらっしゃいますからね。

陶芸教室は、楽しい時間を過ごしてもらうのと同時に、
陶芸の奥深さを知ってもらう、啓蒙活動ですね~。








スポンサーサイト
Posted at 15:03 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.17

父の日のプレゼントに

明日は父の日ですね~。
まだなんとか頑張って存命の父にはどうしようか・・・

と、何かプレゼントに悩んでいる方、こんなものはいかがでしょうか・・・

DSC07375 (400x300)
晩酌セット。
一人分のお刺身などにちょうどいいお皿と、ビアカップ(または焼酎カップ)のセット。


DSC07380 (400x300)
こちらは、冷酒器、ぐい呑のセット。

お酒は飲まないという方には、
DSC07373 (400x300)
コーヒーカップ&ソーサー。

これらは、本日、6月17日から始まった、
「雫石・滝沢・八幡平 陶工房展」で展示販売している作品の一部です。

DSC07371 (400x300)

これは、私の作品ですが、この他にも、色々ほかの工房のものがありますので、
お時間がある方は、どうぞご覧ください。

会期は、6月25日(日)まで。
場所は、雫石銀河ステーションです。
時間は、10:00~17:00 (最終日は16時まで)

Posted at 22:22 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.03

やっぱりこの時期になると、時間が足りない!
庭もきれいにしたい、畑でいろんな物を作りたい・・・
もちろんいい作品も作りたい、
オルガンの練習もしたい!

本業の作業をしながら、つい、庭を見てしまうと、
雑然となってくる草木が気になるので、
なるべく、じーっと見ないように・・・

今年は、畑の時間は少なめ。
今までは、例えば朝、朝食後に畑に行くと、
ついつい、昼ごろまで居てしまったりしてたけど、
今年は、夕方5時以降と決め、そこから日没まで。

となると、畑で、手つかずの場所が出てきてしまうけど、
見て見ぬふり。
あ~、誰か代わりに畑、やってくれないかな~。

このところ、1年の最初の展示会、
今年で4回目になる、
雫石観光協会企画の、「雫石・滝沢・八幡平陶工房展」が
6月17日(土)~25日(日)に雫石銀河ステーションで開かれます。

あれ?、まだ4回目だった?
もっとやっているような気が・・・

今回出品する作品のひとつは・・・
P4271007 (400x300)
ビアカップまたは焼酎カップ?(ま、なんでもOKということです)

最近気に入っている風合いです。

この前のゴールデンウイークに、中学校時代の同級生のクラス会があり、
その際、幹事さんから、担任の先生への記念品を依頼された時に作った、
ぐい呑、冷酒器が、なかなかよくできて、
P4271004 (400x300)

ちょっとこのシリーズで、いろいろ作ってみようかな、と、
皿やカップ&ソーサーなどを作っているところ。

と言っても、そろそろタイムリミット!
もうじき焼かねばなりませんね~。

やっぱり畑は、控えめにしなくてはなりません。
残念。




Posted at 00:52 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2017.03.09

猫のご飯入れ

今日は県立の高校入試だったようですね。
この日って、結構雪が降る確率が高い?

我が家、また、少し積雪が増えたかな。
溶けては降り、降っては溶け・・・
増えているのか、減っているのか、微妙な時期です。

最近の作品から。

注文の、猫用ご飯入れ。
飼っている猫の顔をそれぞれ入れて欲しいという。

焼く前。
P3050963 (400x300)

焼き上がり。
P3090964 (400x300)

あまり変化無し?

外側にも足形でも入れて、ということで・・・
P3090972 (400x300)

一つ一つはこんな感じ
P3090965 (400x300)
これは、濃淡がなかなかうまくいきました。

これも、まずまず。
P3090966 (400x300)

クロネコは・・・
P3090970 (400x300)
目を開ければ良かったですね。
焼けば、もう少し、目がはっきりするかな~と思ったけど、
そううまくは行かなかった。

この成功、失敗の一つ一つが、貴重な技術の積み重ねになります。

Posted at 23:43 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2016.11.23

りんごのおまつり 2016

秋と冬を行きつ戻りつの日々。
産直には色とりどりの、聞いたことのない名前の色んなりんごが並び、
今年もりんごの季節真っ盛り。

りんごといえば、今年も江刺の「ミズサキノート」で「りんごのおまつり」が開催されます。
参加者の作品をミズサキノートのブログで見ると、
またまた今年もパワーアップしているな~!という感じです。

いろんなジャンルの、しかも、全国的に活躍されている作家さんも多く、
レベルの高さ、作品の珍しさ、面白さ、これは今年も大盛況でしょう。

なんとか私もその中に加えていただき、作品もギリギリ、昨日、窯から出てきました。
写真を撮り、値札を付け、即、梱包、そして発送!
なんとか間に合った~。

今回の作品は・・・

りんごの木の印鑑立て
PB210755 (400x300)

これは、以前、メッセンジャーで作って!と注文があったものをりんごの木に作り替えたもの。
うさぎが「りんご、ほしいよー」と、ぶら下がっているりんごに手を伸ばしています。
この木の裏側に、印鑑を立てることができるので、玄関などに置いても、印鑑は見えない仕組み。

りんごの一輪挿し
PB210748 (400x300) (2)

小さめカップ
PB210750 (400x300)

ドレッシング入れ
PB210758 (400x300)

手つきのお皿
PB210751 (400x300)


りんごのおまつりは、今週末、11月26、27日に開催されます。
時間は11時~午後4時まで。
場所は奥州市江刺区 カフェ&木工家具の工房の「ミズサキノート」です。
気になる方はぜひどうぞ!

Posted at 00:45 | 作品 | COM(0) | TB(0) |