2017.05.20

アルプスの花

なかなか暖かさが続かない日々で、
植物の成長が全般に遅いです。

そんな中、おととし咲いた、「アルプスの花」が、今年も咲き始めました!
去年は咲かなかったので、てっきり死んでしまったものと思っていました。
DSC07349 (400x300)

今月初め頃、ふと、寄せ植えの鉢を見ていて、
な~んか見たことのあるような葉っぱと、つぼみ。
あー!あれだ!!!
P5051020 (400x300)

そう、最初はこんなだったから、よくわからなかったんだ。
つぼみの形、ちょうど一緒に植えている「カラマツ」の新芽と似たような大きさ、形だし・・・

で、お花が好きなおとなりさんに、「あの花、生きてました!」
と、報告して見てもらったら、
てっきり私が、スミレだと思っていた葉っぱが、この花のものだったことが判明。
DSC07351 (300x400)

下の葉っぱと、花の茎についている葉っぱの形が違っていたんですね。
よく見ると、濃い緑と、つや感が同じ。
花は咲かなくても、去年もちゃんと生きていたということ。

調べたら多年草だったのに、1年で消えてしまうなんて・・・と思っていたら。

早速、花の根元の膨らみが、割れ始めたものがあります。

この、アルプスの珍しい花、見てみたい方は、ぜひ、コーヒーを飲みがてらお越しください!
たった1輪ですが、これから1~2週間は楽しめると思います。

花の名前はPhyteuma scheuchzeri フィテウマ シェウキツェリ
または
Phyteuma betonicifolium フィテウマ ベトニキフォリウム
この珍しい花の、このあとの変化は、2015年6月5日のブログをご覧下さい。

そして、この花がアルプスのものと判明した理由は2015年10月2日のブログです。
スポンサーサイト
Posted at 00:05 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2016.10.11

クリの支配下

栗拾いの日々が始まって約1ヶ月。
ようやくそんな日々から解放されそうな気配。
長かった・・・。

毎日、栗拾いに約1時間、天気が良ければ天日干し、
PA100693 (400x300)

イガ拾い、(ストーブの焚付に)
PA100692 (400x300)

クリの選別、栗剥き、などなど・・・
沖縄へ行く前日はちょうどピークの頃。
多分5~6kg取れて、とにかく剥けるだけ剥こう、と、
目をしょぼしょぼさせながら夜、剥いていたら、珍しく夫もお手伝い。

栗剥きバサミは1つしかないので、ナイフで剥きつつ、
(断然栗剥きバサミの方が楽!)
「もう1個ハサミが必要だな・・・。それにしても、こんなにクリに支配されていいのか?」と。

クリに支配されている???
確かに、十数年この時期、そんな日々で寝不足が続いて、仕事にも支障がある・・・。
これはまさにクリに支配されていると言えるのかも・・・

この土地を買った約30年前、クリをたくさん食べるのを楽しみに植えた3本の苗木。
その他に、リスが植えた山グリも2本育って、
おまけに、滅多に持ち主がが来ない隣接地のクリも我が家に大量に落ちるようになり・・・。

支配から解放されるべく、この冬に、山グリは1本伐ろう、ということに。


そんな話をしつつ、後のことはよろしく!と、クリから解放されて沖縄へ行ったら、
翌日夫からのメール、「栗拾いに2時間。昨日の倍採れた!どうしよう・・・」

「おとなりさんと、実家へでも持って行って!」と指示。

なんとか、別に持っていく先を考えたようで、ちょっとだけ解決。

帰ってくると、行く前より増えているクリの山。
そして新たな問題が!
栗虫。

干したあと作業場にクリを取り入れていたら、その辺中、栗虫の徘徊。
とって集めては、外に持っていき、アリの餌に。
そんな中、何日も、板の溝から出てこないヤツがいるな・・・となんとなく放置していたものを取ってみたら、
なんと、溝が広がっている!
出てこれないのだとばかり思っていたら、大きなクリの皮だとでも思ったのか、必死にかじっていたらしい。

柿渋を塗った床が、その溝だけ白木に戻っていた!

そのあとも、なんか、いつもと様子が違うな~と思っていた溝をよくよく見てみたら、
なんと!溝を越冬地と決めたらしい栗虫たちが、ホコリを自分の周りに集めて埋まっている!

その栗虫たち、コロッとしたやつと、細長くて素早いやつがいるな・・・と思ったら、
ころっとしたのはいわゆる栗虫で、「クリシギゾウムシ」、ゾウムシの仲間で、
細長いのは、「クリミガ」という、「ガ」の幼虫とのこと。
「ガ」だったのかー!知らなかった。

で、その「ガ」の幼虫も、溝に入って、既に白い薄皮をまとって、蛹になる準備。

いつもは、箒で掃除していたけど、この機会に掃除機を使って、溝掃除。
あー、出てくる出てくる。ホコリを吸い取ったら、栗虫だけ溝に残って、それをピンセットでつまみ出す・・・。
PA080686 (400x300)

大変なことがいろいろあるけど、こうしてせっせと干した栗を茹でてみたら、
あまーい!
まるで甘栗。
ゆでたくりは、ほとんど私しか食べないけど、この干したゆでクリは、娘も「これ、甘栗じゃん!」と、食べる。

例年は、干してる間に虫に食い尽くされるような虫食いばかりだったけど、
今年は、虫食いじゃない割合が多かったということです。

これなら、あとは、急いで食べなくても、まあまあなんとかなるか・・・

とまあ、こんな感じで、クリの支配からようやく脱することができそうで、ひとまず良かった~。
でもまだしばらく私のおやつはクリです。



Posted at 01:08 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2016.09.18

栗 、オルガン 、そして・・・ 

秋と言えば・・・

栗。
今年もたくさん採れています。

今日は7kg。きのうは5kg。あしたは・・・?
ひたすら剥いて栗ご飯用に冷凍。
P9160663 (400x300)

あとは、もちろんほぼ毎日栗ご飯。
ゆでておやつに。

ストーブに火が入れば焼き栗にしたいけど、
今年はまだ暖かいのでそれはできず、
コンロに鉄鍋を置いてやってみました。

P9160665 (400x276)

今年は、甘味が少ないようで、焼き栗は、まあまあってところ。

でも、身が締まっているので、栗ご飯はホクホクで最高です!

今年は、気温が春から夏にかけて低めだったので、これでも量は少ない方。
3粒実が入るところ、大抵、真ん中の1粒だけで両側は、ぺったんこ。

そして、低温だったためか、虫の成長が遅く、割と虫くいじゃないのが多い。
例年、虫食いじゃないのがほとんどないのに比べて、これは助かる~!

そこで今回は、虫食いじゃなさそうなものを選別して、とりあえず冷蔵庫に保管。
こうしておいて、後で食べたい時に、茹でたり、焼いたりして・・・・
全部これができれば苦労しないんだけどな~。

とにかく、虫に食い尽くされないうちに処理してしまわないと。

幸い、来客にあげたり、出かけた時にいろんなところへ配って、
今のところ、なんとかなっていますが。

でも、なんだかんだで、それでも結構時間を費やしてしまい、焼き物がそっちのけ。

「秋といえば」の2つ目、「オルガンの演奏会」。
今年は、10月1日(土)。
今回は、「オルガンカフェ」というイベントになり、演奏会の他、カフェのコーナー、
オルガンビルダーのお話、小さいオルガンのデモ演奏などがあります。

第16回チラシ表_RGB3_校了 (1) (285x400)

イベント自体は、12:30から始まります。
場所は盛岡市民文化ホール 小ホールです。
興味のある方はお気軽にお出かけください。


秋といえば、は、その2つなんだけど、今年そこにねじ込んでしまったもの・・・
空手の沖縄合宿。

最後に参加したのが、もう6年も前。
その直後に亡くなった宗家の「7回忌追悼演武大会」というのが正式名称。

行きたいけど、どうしようかな~、オルガンもあるし・・・
と言ったら、空手の先生が、「長内さんは大丈夫。」と、言うので、「そうか、大丈夫か・・・」
と、暗示にかかったように申し込みをして・・・

少々、後悔。

でも、以前は2年に1度開催されていた沖縄合宿も、なかなか開催されないようになってしまい、
今後もどうなるかわからないので、いい機会かも知れない、と無理やり納得して、

とにかく、演奏会の1週間前に行ってきます。











Posted at 23:19 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2016.07.30

あんず収穫

久々に梅雨らしい梅雨だったような・・・
そんな梅雨もやっと開けたと思ったら、急に暑くて、体が追いつかない・・・
しかも、ほんとに梅雨が開けたの?と、言いたくなる高湿度。

でもまだ、締め切っていれば家の中は冷えた状態が保たれていて、まあまあ快適。
こういう時は、なるべく動いて汗をかいたほうがいいと思って、
空手で、畑で、汗をたっぷりかいて。

梅の続き、あんずがやっと色付いてきたので、収穫。
一斉に色付いてくれればいいんだけど、半分ぐらいはまだ青い。

でも、また後でとなるとそれも大変なので、一気に収穫してしまいました。

少しでも追熟させようと、一日、日干し。

P7260570 (400x300)

もちろん薬を掛けないので、売ってるようには綺麗じゃないけど、
どうせジャムにするから、皮をむけばOK!

早速、一鍋煮て、ジャム、と思ったけど、煮詰めるのが大変なので、まずはコンポート程度に煮て、ゼリーに。
ピリーっと酸っぱくて、暑気払いにサイコー!!!
手作り豆乳ヨーグルトに添えて。

P7300576 (400x300)

二鍋目は、少しだけ煮詰めて、フルーツソースぐらいの硬さ。

P7300579 (400x300)

瓶がズラーり!
左があんずソース、その隣が青梅ジャム、右はじが梅サワージャム。


次こそは、多分ジャム。
いろんなジャムをその時あるもので作るけど、やっぱりあんずはジャムの王様だな~。
酸味の強さ、風味、色。

もう一息、がんばってジャム作り!




Posted at 23:46 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2016.07.11

とっても嬉しいんだけど・・・

今年は、久しぶりに梅が豊作!(大豊作、ではないのが、せめてもの救い・・・)

去年は小梅は結構取れたけど、大きい梅は1キロも取れなかったので、
産直で梅を買って梅干を漬けました。

実家に居た頃から、梅干を買うなんていうことはほとんどなかったのに、
ここ数年、梅干を買うことが結構あって、
ちゃんとした梅干を買うとなると、結構な値段がするので、
梅さえなってくれたら・・・

はい、その願いが叶いました。
ただ、豊作となると、これまた微妙。

ちなみに、大きい梅が13キロ、小梅が今のところ2キロ。
小梅はまだ、1本の木しか取ってないので、もう1本取ると、多分プラス3キロ。

一気には処理しきれないので、日々、日課のように、梅を洗ったり、汚れをこそぎ落とし、色々に・・・。

梅干は、去年漬けたのがまだ結構あるので、
梅シロップ、梅サワー、黒糖梅酒を作り・・・
保存瓶を空けるために、前に作って残り少なくなっていた梅サワーの液体は別の瓶に移し、
梅は裏ごしして、ジャムに。(これが、結構ピリッと酸っぱくておいしい)

そして、今年初挑戦、カリカリ梅。
前にも作ってみたいと思って、本で調べたら、何か、薬品を使うような事が書いてあって、諦めていたけど
クックパッドで調べ、レシピをいろいろ見て、多分これかな~?
と、思われるレシピで漬けてみたら・・・
大成功!

最初に、梅の10パーセントの塩とにがりを少しいれ、よく揉み込んだら重しをして一晩。
翌日に酢と分量の3分の1の砂糖を入れる。砂糖は、4~5日置きに加える。

最初、小梅で作ったら、4~5日でもう、食べられました。
砂糖は、分量の3分の2ぐらいで良さそうでした。

このレシピなら、冷蔵庫に入れずに保存できそうなので、ありがたい。
梅シロップは、すぐ発酵してしまうので冷蔵庫に入れなくてはならないのが難点。

カリカリ梅だとおやつにもなるし、漬け方も簡単。
いいレシピを載せてくれてありがとうございますー!

瓶が勢ぞろい!(あと数瓶あります)
P7100541 (400x300)


このほか、「早く漬けてくださいよ!」と、「早く収穫してくださいよ!」と、待っている梅たちも・・・

梅だけではなく、次には、杏ちゃんも・・・
杏ちゃんは、熟すのを待って、ジャムに。

もうしばらく、梅さんと仲良くしなくては・・・

Posted at 00:52 | 季節 | COM(0) | TB(0) |