2017.10.18

ガマズミ

毎週のデイサービスでの陶芸教室。
この頃はもっぱら、はがきサイズぐらいのレリーフ作り。

毎回題材で悩みつつ・・・
今回も当日の朝、ふと「あ、ガマズミが色付いていたな」と、思い出し、

DSC07704 (400x300)

馴染みのない素材も面白いかな、と、早速枝を切ってきて、
よさそうな所を選んで、下絵描き。

DSC07706 (400x300)

実が多すぎても、粘土で作るときに大変だから、ほどほどの実の付きのものを選んで。

DSC07708 (400x300)

新兵器、「トレーサー」を使って下絵を人数分、複製。
こんな細かい絵も簡単に写せるようになって、便利便利!

DSC07710 (400x300)

次に、色鉛筆のチェック。
鉛筆削り器が嫌いなので、カッターで削ります。

なぜ嫌いか?
木がゴソゴソして芯も折れやすいし・・・
これが、我が家では当たり前だけど、
世間では、当たり前じゃないんですよね~。

何より、鉛筆が長持ちする。
こんな短くても、ホルダーを使えばカッターなら削れますからね。
ここまで使ってあげれば、鉛筆さんも喜んでくれるに違いない。

みなさんのお宅で、引き出しに眠っている色鉛筆があったら、
こんなふうに大事に使ってあげますよ~。
DSC07711 (400x300)

さ、準備が整って、いざ、デイサービスへ。
今回は、実物を見ながら色が塗れるように、
全員にひと枝ずつ持参して。

ビニール袋から、ガマズミを取り出すと、思いがけず出てきた赤い実に、「わー!」っと歓声が!
「何の実かしら?グミ?」

「ガマズミって言うんですよ」

皆さん初めて見たようで、興味津々。
実をお酒に漬けたり、ジャムにもできるんですよ、などと一通りの説明をして、
着彩の開始。

DSC07715 (300x400)

実に光が当たっているのを白く残してリアルに表現したり・・・
DSC07713 (400x300)

簡単に言えば、赤と緑だけど、
皆さん、それぞれ紅葉した葉っぱを見て、丁寧に色を入れたり、
どれも素敵な色がつきました。

DSC07719 (400x300)

終わりには、実を食べて「すっぱ~い!」という方、
また、ほとんどの方が、枝を持って帰って飾りたいと言ってくださり、
とても楽しい時間を過ごしてくださったようで、私も嬉しくなりました。



スポンサーサイト
Posted at 00:29 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.10.13

大作 ぞくぞく

芸術の秋?
まだ、それほど寒くもなく、じっくり作品に取り組むのにはいい時期かもしれませんね。

最近、教室に通い始めたSさん。
ご家族の介護ですっかり疲れ果て、やっと最近動けるようになったと、
だいぶ前に、うちの陶芸教室の様子が掲載された情報紙の切り抜きを持って、
「ずーっと、来たいと思っていたんですー!」、と。

陶芸は初体験。いきなり、大作に取り組みました。
古本屋で見つけたという、素敵な雰囲気があって、美しいインテリアの写真が載っている海外の写真集を持ってきて、
これに載っているピッチャーを作りたいと。

大きいし、下半分にしのぎが入ってるので、1回(2時間)では無理。
結局、3回通ってなんとか完成!

DSC07680 (300x400)

3回(6時間)かけたにしても、初めてで、よくここまで出来たな~という感じです。
お花が大好きなので、花瓶にしたいとのこと。
これならたっぷりの花束が飾れますね~。

こちらは小学生の女の子とご両親。
女の子のアイディアがなかなかいいです。
フライパンの形のお皿と、手のついたトレー風お皿。
DSC07684 (400x300)

ハンコを使って、メッセージもつけて。

お母さんは、食パンの形のお皿。

DSC07687 (400x300)

はじめ、「あれー、食パンじゃない~」と言うので、見てみると、上の耳の下がちょっと細くなっていて、
エリンギのような形に。
「ここをこうすれば・・・」と、その、細くなったところを広げてあげると、
「あ~食パンだ~!」
うーん、でもまだ、ちょっとエリンギっぽいかな・・・

お父さんは、飼い猫のエサと水を入れる器。

DSC07686 (400x300)

エサに水が入らないように、2つを少し離して。
余った粘土で、猫のおやつ入れ。


こちらは、青森から温泉とセット、小旅行でいらした母娘の娘さん作。
青森だから?
りんごの形のヨーグルト入れ。

DSC07688 (400x300)

ヨーグルトにちょうど良さそうな大きさ。
お母さんには、「洗いにくい!」と言われ、
「自分で洗う!」と。
洗いにくいかもしれないけど、可愛らしい形で、愛着がわくから、
きっとていねいに洗って、長く使ってくれるのではないでしょうか。


最後、お友達3人と、そのお子さん(4歳、5歳)グループ。
電話での申し込みで、「4歳からって書いてあるのと、6歳からって書いてあるのがありますが、どちらでしょう?」と。
すごい!何を見たのか、ちゃんと見てくれて・・・

実は厳密に決めてはいません。
4歳ぐらいでも、「ここはこうしようか、」と、提案しながら様子を見て、ゆっくり指示してあげれば、それなりのものができます。

子供によっては、4歳でも、明確なイメージがあれば、好きなように作れますし。
いずれ、一緒に参加した大人に手がかからなければ、手をかけてあげられますが、
大人に手がかかれば、そういかないときもあります。

工房を開く以前、養護学校(今は『特別支援学校』)に勤めていた経験から、障害のある方にも対応しています。
ご相談くださいね。

話がそれましたが、お二人は手作りがずいぶん慣れていらっしゃる方、
2時間の中で、こんな大作を!

大きな家。

DSC07697 (400x300)

お二人共、装飾も凝ってる~!
それぞれの反対側。
DSC07698 (300x400)

DSC07699 (300x400)

この花のリアルなこと。そして出窓の花、ケーキにのってるマジパン細工みたい。

DSC07701 (400x300)

特に用途はなく、ただ、家に飾るとのことでしたが、窓が空いてるから下にお皿を置いて、
キャンドルをいれても綺麗でしょうね。

焼き上がりは多分クリスマスぐらいだから、ちょうど飾るのによさそう。
結構部品が細かく、欠けたりこわしたりしないように、気を付けないと・・・。

こんな面白い作品を見ていると、私も奔放に何か作りたいな~という気持ちになってきますね~。
ちまちまメッセンジャーや、マグカップを作るのではなく・・・。



Posted at 23:55 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.20

今年も夏、終わる・・・

夏休み、ほぼ終了ですね。
県内は。
ちょっと一息・・・かな~?

「じゃらん」の「遊び体験が」だいぶ認知されてきたようで、
ここ1ヶ月は、陶芸教室にコンスタントに予約が入るようになり、
忙しく過ごしました。

夏休みの工作に持っていきたいからとの要望で、急いで窯焚きをしたり、
焼きあがった作品を仕分けして、梱包、発送、
取りに来られる方には、電話・・・

ちゃんとチェックしたつもりが、「1個足りません」と、電話が来たり、
あ~、受け入れ数、限界?・・・

ま、ともかく、皆さん楽しんで時間を過ごしてくださっているようなので、
頑張ってます。

先日は、おしゃべりが好きな男の子、そのお母さん、おばあさんと3人でのグループ。
男の子が大人びたことを喋るので、「何年生?」と聞くと、「何年生でもない」と。
保育園、年長さんかな?
おしゃべりも達者だけど、手も器用。

説明を始めるより早く、もう、粘土を伸ばし始め、
「ぼく、ピザ作る!」

考えが決まっているなら、好きなように作らせるのが1番なので、
時々アドバイスしながら・・・
「トマトは、こうしたらどうかな?」と、ちょっとやってみせると、
「うん、そうだね、やってみる!」、と、素直に反応。お利口さん。

かくして、大作ピザの出来上がり。
DSC07532 (400x300)

「壁にかけられるように、ここに、穴を開けるといいんじゃない?」のアドバイスにも
「うん、いいね!」と、穴を開け。

お母さんの話では、時々ピザづくりを家でするらしく、
その時、麺棒で伸ばすのをやりたがると。

なるほど、上手なわけです。
粘土も生地も似たようなものですから。

「空いてるところに、星も付ける!」というので、抜き型を出してあげて
やり方を教えると、これも上手に型からはずして。
粘土に押し付けるのは簡単だけど、
指をそ〜っと入れて、形を崩さずに出すのは、丁寧さがないとできない作業。

3人で出来たのはこのぐらい。
DSC07531 (400x300)
ピザは、1人分の粘土全て使ったので、大きいです。

別のグループ。
来た時に、「今日作って、夏休みの工作にできるようなもの、ありませんか?」と。
来た日の6日後が始業式!!!

粘土から作ったものはどんなに頑張っても無理。
たまたまその翌日に本焼きをすることにしていたので、
「絵付けならできますが・・・」と、素焼きしてある白いお皿、湯呑を見せると、
それでいい、ということになり・・・

無事、焼き上がり、すぐに発送。
DSC07534 (400x300)
ささっと考えずに描いた男の子の作品が左。
お母さんに、「もっと描いたら?」と、言われていたけど、勢いがあって面白い!

右は下書きを紙に描いて、慎重に描いた女の子の作品。
これもなかなかオリジナルな、いいデザインですね。

始業式、間に合ったかな~?

Posted at 21:09 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.31

夏休み、始まりました!(世間では・・・)

いよいよこの辺も夏休み本番。
早速先日は、午前は出張、午後は工房でと、フル回転の陶芸教室でした。

出張は、子供会行事。

程よい13名で、小さな動物の置物を作りました。
DSC07479 (400x300)

イメージは、「メッセンジャー」だったようですが、
特にこだわらず、好きなように作ってもらいました。
DSC07483 (400x300)
表情が良いですね~!

DSC07482 (400x300)
サメ。
小さいのに、小さい歯をちゃんと付けて、迫力あり。

このぐらいのサイズだと、作りやすかったようで、(中をくり抜かなくてもいいので、後始末も楽!)
早い子で、30分、悩んでいた子でも、1時間で無事終了!

ちょっとだけ残念だったのは、1年生の子供におばあさんが付いてきてくださったのですが、
子供にほとんど触らせずに、作ってあげちゃったこと。
途中で、「子供さんに触らせてあげてくださいね、」と、やんわり言ったのですが、
「あ、はい・・・」と言いつつ、やっぱり見てられないようで、
ほぼ、おばあさんの手で仕上がってしまいました。

きれいなものを作るのが目的ではなく、
子供が、自分で考え、手を動かすことが大切なんですがね~

お母様方の要望で、夏休みの工作に間に合うように、ということで、
これから、ちょっと急いで窯焚きへ向けて頑張ります。


午後は、青森から若い男性4人と、盛岡近郊から3名のファミリー。

男性4人組の方は、面白そうだな、と、申し込んでくださった方は明確なイメージを持って来てくれたようで、さっさと上手に作り、
DSC07485 (400x300)

もうひとりの方も、独特の世界感で、面白いことを言いながら、ちゃちゃっと作り、
(細いコップは、ヤクルト用とか・・・)
DSC07484 (400x300)

あとの2人は、「とりあえず、連れてこられました・・・」という空気感、
汗を流しながら、でも、それぞれ、使う頻度高そうな、カップと、お皿ができました。
DSC07490 (400x300) (2)

DSC07489 (400x300) (2)
似てる?

結構、みなさん器用でしたね~。
職場の仲間とのことでしたが、普段から、手を動かしている人たちかな?

ファミリーの方。
DSC07493 (400x300)

2年生の男の子、なかなか器用で、
「ここは、こんなふうにするんだよ」と言うと、その通りに手を動かすことができ、
3個めには、コツがわかったようで、力の入れ具合などもよく、
自分で修正しながら、いい形に作りました。
DSC07494 (400x300)

言われたことを理解して、その通りに手を動かせるかどうか、
これは、性格にも関係があり、大人だから、子供だから、ということはなく、
教室をやっていて、面白いところです。

言われたことを聞かないからといっても、独創的な面白いものを作る人もいるので、
必ずしも、素直な人がいいかというと、そうとは限らないんですよね~。

怒涛のフル回転教室が終わって、一息ついて、畑へ。
じゃがいもについた「テントウムシダマシ」をとり、大根を1本抜き、
大きくはならなくなってきた「きぬさや」をとり、「二十日大根」がどのぐらいになったか試し抜きをし・・・
と、一回りして、戻る時に岩手山を見ると、あ~、見事な夕焼け!

急いでカメラを取ってくると、すでに雲の流れが変わっていたけど、
ソーラーパネルに映った夕焼けもキレイ!
P7291046 (400x300)

はー、今日も1日ありがとうございましたー!





Posted at 00:50 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.17

3連休だったのか

久しぶりの大雨で気温も下がり、一時暑さから解放されましたね。
そういえば、去年はあまり暑い!という日がなく、
「ビールがのみたい!」ということがないままに夏が終わったことを思い出しました。

実家からもらったビールも、そのまま冬を越し、
この夏に、やっと消費しました。
よかったよかった。

昨日、今日と陶芸教室が続き、(明日も!)ちまたは3連休ということを知りました・・・

昨日のお客様は、旅行の1イベントに組み込んで来てくれた若いカップル。

女性の方が、「ぐい呑を作る!」と言い、男性も同様のぐい呑を作成。
似た形です。
DSC07432 (400x300)

次に、また女性が、「アザラシを作る!」と言い、男性も・・・

あれ、アザラシって、どんな?
何も見ないで作ろうとすると、意外に分からないもの。

手はどんな風に、どこについている?
目は?鼻は?
アシカ、セイウチ、トドとの違いは?

後でちゃんと調べよう。

DSC07430 (400x300)

女性のは、言いだしっぺだけあって、それっぽいけど、(写真手前)
男性のは・・・?
この顔、面白い!
DSC07431 (400x300)

今日のグループは、仲良し4人家族、。
午前中が陶芸、午後、八幡平へ行ってキャンプ。
充実した連休ですね~。

作っている間、ラジオを聞いていたら、
八幡平で「大雨災害情報」がでていたけど、大丈夫だったでしょうか?

お父さんは、「マッコリ」を入れる片口。
途中でお母さんが「すり鉢にしたら?」
で、すり鉢にもなる、マッコリの片口になりました。
DSC07429 (400x300)

みんな、それぞれ、カップやら、丼やら、お玉たてなど・・・を作り、

DSC07434 (400x300)

次なる目的地へと出発しました。
楽しい連休を!

Posted at 01:01 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |