2017.07.17

3連休だったのか

久しぶりの大雨で気温も下がり、一時暑さから解放されましたね。
そういえば、去年はあまり暑い!という日がなく、
「ビールがのみたい!」ということがないままに夏が終わったことを思い出しました。

実家からもらったビールも、そのまま冬を越し、
この夏に、やっと消費しました。
よかったよかった。

昨日、今日と陶芸教室が続き、(明日も!)ちまたは3連休ということを知りました・・・

昨日のお客様は、旅行の1イベントに組み込んで来てくれた若いカップル。

女性の方が、「ぐい呑を作る!」と言い、男性も同様のぐい呑を作成。
似た形です。
DSC07432 (400x300)

次に、また女性が、「アザラシを作る!」と言い、男性も・・・

あれ、アザラシって、どんな?
何も見ないで作ろうとすると、意外に分からないもの。

手はどんな風に、どこについている?
目は?鼻は?
アシカ、セイウチ、トドとの違いは?

後でちゃんと調べよう。

DSC07430 (400x300)

女性のは、言いだしっぺだけあって、それっぽいけど、(写真手前)
男性のは・・・?
この顔、面白い!
DSC07431 (400x300)

今日のグループは、仲良し4人家族、。
午前中が陶芸、午後、八幡平へ行ってキャンプ。
充実した連休ですね~。

作っている間、ラジオを聞いていたら、
八幡平で「大雨災害情報」がでていたけど、大丈夫だったでしょうか?

お父さんは、「マッコリ」を入れる片口。
途中でお母さんが「すり鉢にしたら?」
で、すり鉢にもなる、マッコリの片口になりました。
DSC07429 (400x300)

みんな、それぞれ、カップやら、丼やら、お玉たてなど・・・を作り、

DSC07434 (400x300)

次なる目的地へと出発しました。
楽しい連休を!

スポンサーサイト
Posted at 01:01 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.27

出張陶芸教室 ミニプランターを作る

先週土曜日、盛岡駅近くの「アイーナ」で、
出張陶芸教室をやってきました。

森のメッセンジャーたちを置いていただいている、
「ヒューマンギャラリー」からの依頼で。

素敵なポスターを作っていただき、貼った途端に定員いっぱいになったとか。
すごい!(無料だしね・・・)
DSC07412 (400x300)

普通に、カップとかではなく、「プランター」にしたのも良かったかな?

16名で、思い思いのプランターを作りました。
DSC07406 (400x300)


DSC07411 (400x300)

ポスターの写真や、私が持っていったサンプルが、「ねこ」や「ひつじ」など、
動物の形が多かったので、動物を作る方が多かったですが、
そのほかにも、独創的な形があって、とても見ごたえある作品たちができました。

今回の粘土は、私がよくプランターを作っている、ざらっとして、ボソボソしているけど、
通気性があって、高温で焼締めてもプランターに向いている粘土。

私は、扱いなれているので、なんとも思わずそれを持っていったのですが、
もちろん陶芸初体験の方もあり、結構、形を作るのに、苦戦。

DSC07408 (400x300)

時間がかからないようにと、今回は、粘土を板状に伸ばして持って行き、
それをカットして、貼り合わせていく手法。

粘りが少ないので、崩れてくると、どうしようもなくなる。
あーちょっと、難易度高かったかな~と、回って歩きながら思いましたが、
最終的には、皆さんなかなか上手に仕上げていて、ほっとしました。

中には、紙粘土で見本まで作ってきた方も。
しかも、「遺跡」?「廃墟」?と、壊れた椅子。(ピンボケ、すみません)
DSC07416 (400x300)
あ~、これに、サボテンとか、多肉とか、エアープランツとか置いたら、面白いでしょうね~。

ハリネズミ親子?うまい!
DSC07413 (400x300)
足が難しいと思うけど、ちゃんと、4本足で立っています。

DSC07415 (400x300)
ひつじちゃんに、ひよこちゃん?

DSC07414 (400x300)
完璧!
こんな完成度の高い作品なのに、「つまんないの作っちゃった~」と、納得していない上級者。

思いがけない作品が出てくると、私もやった甲斐があります。
こっそり、アイディアいただきたくなります。

教室自体は、そんなに疲れなかったのに、
暑さにまだ体が慣れていない山っ子は、盛岡の暑さにやられいてしまい、
帰って、ゴロリ~。

だって、お山は、冷房(?)効きすぎなんですよね~(室温、未だ20度)




Posted at 01:38 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.11

教えるけど、教わることも

きのうのチャグチャグ馬コは、雨で大変でしたね。
しかも、馬コで寒い日なんて、今まであったでしょうか?

馬コといえば、30度越え、
乗り手の子供がアイスを食べながら、必死で眠気と戦っている・・・
そんな姿が定番なのに。

我が家は、いまだ、ストーブに火を入れる日々です。

いつもなら、暑さに追い立てられるように、せっせと種まきをしている頃ですが、
今年は、まだまだ暖かさが安定しないので、あまり急がず、少しずつにしています。

さて、いつもの、高齢者施設での、作品。(久々ですね~)

DSC07330 (400x300)

チューリップとちょうちょの壁掛け。
色は、一応、「こんな色やこんな色ですね」と、提案はしますが、
好きな色を選んでもらっているので、それぞれ皆さん、思い思いに・・・
塗られたものを見て、あ、そういえば、こんな色のチューリップもあったな~、
と、思ったのが、赤紫の花。

指がなかなか思い通りに動かなくても、結構味がある、可愛らしい作品になっています。

DSC07328 (400x300)
こちらは、まず、形が下書き通りにできて、
色もとても工夫して、微妙な濃淡も工夫できる方。

DSC07363 (400x300)

上の作品と同じ方です。
もうすぐ夏なので、夏野菜の額。
フチには、野菜のツルに葉っぱとナスの花。
ツルは細いけど、指先を使う練習にもなります。

多少、認知機能が衰えていても、確実に分かるであろう夏野菜。
いままで色々やってきて、すぐにわかるもの、なじみのあるものが、
やはり会話も弾んで、楽しく作れます。

簡単そうではあるけど、うまく作れる方でも、工夫のしどころがあるもの。
この、夏野菜の額、なかなかいいものが浮かんだな~と、自己満足。
毎回、考えるのが、一苦労ですが・・・

下絵を線で描いたもの(紙)に、1回目は、ぬりえ。
2回目は粘土でまず、土台を作り、ツルのところまで。
3回目に野菜をつけて完成!
焼きあがって、また、色鉛筆で彩色。

今回、最高齢、97歳(だったかな?)の方が、
1回目の紙の塗り絵に満足し、持って帰ろうとしたので、
「あ、来週、これを見ながら、粘土で作りますよ!」と言うと、
「え~、粘土で作るの~?やだな~」と。(陶芸の時間ですよ~!忘れちゃった!?)

最高齢ながら、実は一番手がよく動き、色もうまいのですが、(最近は、2番手になってしまいましたが)
さすがに、色々、めんどくさくなっているのでしょうか・・・

ここからは、工房での教室。
ずいぶん前に、線彫りしたものを載せましたが、うまく焼けました。

P3090971 (400x300)
完成度、高いですね。
オリジナルの絵だったら、売れますね~。

こちらは、先日、東京から岩手の旅行にいらした6人のグループ。
皆さん、面白いものを・・・
DSC07356 (400x300)
写真の奥、蓋物です。
蓋物、時々作りたいという方がありますが、
実は、一番厄介です。
DSC07357 (400x300)
蓋の方のハマり、まずまず、上手に作っていかれたのですが、
帰ったあと、少しおいて固くなってから合わせたら、(作った時は柔らかいので、別に置いてもらいました)
ハマリが間違っている~!

全然合うわけがない状態になっていました。
私も、6人相手だったので、ちょっと頭が回っていなかったのでしょう。

仕方がないので、下の部分のハマり、合わせながら削りました。
これが、結構時間がかかるんですよね~。

蓋物を作りたい方は、1回ではダメですよ~。
普通はゆっくり乾かしながら、何日もかけて作るものですので。

こちらは、滝沢市在住、アメリカ出身の御夫婦。
半年ぐらい前から、週1で通っています。
アメリカにいた時も、少しやったことがあったらしく、ろくろがやりたいということで、
奮闘しています。

DSC07362 (400x300)
ろくろはひくのも難しいですが、削るのも難しいんです。
で、毎回、「削るのが、もっとむずかしい!」と言いながら、
ろくろで削ったあと、まだ、厚いところを手で削ったり、
縦にザックリ切ってつないでみたり、
DSC07360 (400x300)
少しつぶして、こんなアボカドみたいにしたり、
内側もこんなふうに削ってみたり、
DSC07361 (400x300)
面白いです。

なんだかんだ言って、「厚いな~」と内心思った物も、力強いオリジナルな作品になっています。
この御夫婦は、「こうじゃなくてはいけない」というような、固定観念をとりはらってくれますね。

時々、こういうのが必要だな~と、教えながら教わっています。


Posted at 11:25 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2017.02.19

1つ1つ丁寧に

2~3ヶ月に1度、結構通ってきている生徒さん。
一つ一つとても丁寧に作っているので、完成度が高く、
デザインもじっくり考えて、オリジナリティのある作品を作っています。

今回も、図案をトレーシングペーパーに描いてきて、
線の裏に鉛筆で黒くして、器に図案を写し・・・

P2160948 (400x300)

図案は、雑貨屋さんで見つけたお盆から写してきたとのこと。

器は前回(2週間前)作っていった小皿。
私が白化粧を施しておいたもの。
ビニール袋に入れて、乾燥しきらないようにしておきました。

トレーシングペーパーの図案を写したところを線彫りしていきます。

P2160950 (400x300)

微妙に図案をずらして、ちょっとづつ違う模様の配置。

P2160952 (400x300)

素敵ですね~。
さて、どんな風に焼けるでしょうか?

Posted at 00:45 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2016.12.15

今年の陶芸教室

今年も「まとめ」の時期になってきましたね~。
この1年、陶芸教室に来てくださった方は、約130人!
そんなに~!
ありがとうございます~!

今や、様々な体験も、ネット予約が普通のことになっていますから、
「じゃらん」や「あそびゅー」などのネット予約サイトから来ていただいたお客様が約半分を占めています。
ページを作るのに、「じゃらん」の方は、随分苦労しましたが、
頑張ったかいがあったというものです。

最近の作品から・・・
お友達2人でいらして、2人とも、動物。

こちらはニワトリ&ひよこ。

PC130795 (400x300)

来年のえとを意識したのかと思いきや、
ただ、「とり」が好きだからということで。
デコボコが、毛がもこもこしているみたいで、
趣がありますね~。
トサカの形がいい!

こちらの猫ちゃんは、私が以前作ったものを見ながら、紐づくりで積み上げて作りました。

PC130798 (400x300)

これは、実は結構難しいのです。
積み上げていって、最後に閉じなくてはならないので。

時間は2時間を少しオーバーしましたが、くじけずなんとか完成!
色は、飼っている猫ちゃんの写真をスマホで見せてもらい、メモしておいて着色。

力強い!存在感アリです。


いつものデイサービスでは・・・
クリスマスツリーの陶板。

PC120789 (400x300)

PC120788 (400x300)

PC120790 (400x300)

右端のは、私が作った陶板に、色だけつけてもらったもの。(彩色の時からの参加の方だったので)
結構複雑そうだけど、これは皆さん、結構上手にできました。

そして、お正月に飾れるように、ニワトリの陶板。

PC120793 (400x300)

形もちゃんと出来たし、色も思い思い。

毎回、うまいな~と思うのが、最高齢97歳の方の作品。
ほかの方は、「ここは、どうすればいいの?」と、質問攻めですが、
この方だけは、1人、黙々と作っています。

PC120791 (400x300)

いつも淡~い彩色で、色を重ねたりぼかしたりがとても綺麗。
しっぽのところが、「酉」と同じ青を使ってぼかしています。

「きれいですね~」と、なるべく大きな声で言うのですが、残念ながら耳が遠いので、
どのくらい、伝わっているか・・・。

今年最後の教室は、なんと、31日!
教室で締めくくる1年です。












Posted at 01:27 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |