FC2ブログ
2018.10.19

枝豆の取り残し

いよいよ寒さが本格的になってきました。
ストーブにも時々火が入り、毎日その辺に落ちている枝を拾ってはストーブに。
外が片付き、家も温まり、お湯も沸く。
田舎暮らしにはムダがないですね~。

枝を拾ってると、「早く草を持ってきてよ=!」と、ポニーちゃんが呼ぶので、
あらかじめ草も刈って準備。

豊作だった枝豆も、食べきれなかった分がカラカラになってきたので、
豆として収穫の時期。
DSC08681 (400x300)

時期を少しずつずらしてまいているので、完熟するのもバラバラ。
すっかりカラカラになっていそうなのを少しづつ刈り取って、夜、食事のあとに取り出し作業。

DSC08672 (400x300)

大量ではないので、一さやずつパキンと開いて取り出します。
(この、収穫後の枝もストーブへ)
DSC08670 (400x300)

ささげのようですが、これは黒豆。
まだちょっと早かったです。
でも、1日放置して乾燥すればちゃんと黒豆。
DSC08669 (400x300)

枝豆は大豆を若い時に収穫したもの、ということを知らない人は結構いるようなので、
黒豆も枝豆になる、と知らない人もいますよね。当然。
大豆系ならなんでも枝豆になるので、産直で買った緑大豆や茶大豆もまいて
味の違いをいろいろ確かめています。

普通の大豆より、黒豆や緑大豆が断然おいしい!
味が濃くて甘味もある。

全部収穫すれば、正月に食べる黒豆に使っても余りそうです。

大豆が終わればいよいよ初めての小豆の収穫。
あちこちでかなり鞘が垂れ下がっているので、結構取れそう。
何にして食べようかな~
その頃には、ストーブも本焚きになるから、小豆もストーブでグツグツ。
あ~楽しみ!



スポンサーサイト
Posted at 00:50 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.19

グリーンピース

日本各地の猛暑、本当に大変ですね・・・
申し訳ないですが、ここは、朝晩涼しく、
日中もここ数日はさほど暑くなく、「ちょうどいい」です。

それでも例年のこの時期にしたら、少し気温高めで、
相変わらず、作物は程よく育ってくれています。

毎日、きぬさやがボールに半分ぐらい取れて、
冬のために冷凍などもしていますが、
去年、冷凍したものを食べたら、甘味がすごく増していて、あまり好みの味ではなかったので、
今回は、グリーンピースにしてから冷凍することにして、
きぬさや状態のものは、その日食べるくらいだけ取って、
そのほかは数日放置。
DSC08493 (400x300)

今日もその、さやからグリーンピースを取り出していたら、
さやにある筋から、一つ一つのグリーンピースに、
へその緒のように管がついているのがなんともかわいらしく、思わず見とれ、
DSC08505 (400x300)

さらに、なんか変だぞ!

さやを左右にはがすと、ひとつおきに左右に豆が別れる・・・
偶然か?
また次も、そのまた次も!
DSC08496 (400x300)

よくよく見ると、確かに、「へその緒」、手前と向こうにひとつおきに分かれてる!(ひとつ上の写真)

ほ~。
そんな仕組みになっていたんですね~。

このことがわかってから、筋を取ったら下側を開き、パキット左右にさやを開くと、
ひとつおきにきれいに豆が分かれるのが面白く、あっという間に、さやむきが完了!

自然に学ぶこと、多し。




Posted at 00:37 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2018.06.15

いちご

梅雨とは言え、なんという寒さでしょう・・・
2週間前の暖かさで、「今度こそ大丈夫かな~」、と、
トマトなど、ナス科の苗を買ってきて植え、
順調に定着しかけたところに、連日の朝晩の冷えこみ。
苗たち、じ~っと耐えています。
頑張れ!

夕方、畑に出ると、風の冷たいこと!
どうしようか迷って、まだしまっていなかったセーターをジャンバーの下に着込んでも、
思わず、「さむっ!」

そんな寒くても、時期が来れば、赤くならずにはいられない、いちごちゃん。
以前は、畝を作って、植えていたけど、数年前から、ほったらかし栽培。(全く手をかけていません)
それはそれで、自分で好きなところにランナーを伸ばし、(親株からツルを伸ばして、その先に子株が付きます)
それなりに栄養のありそうなところで実を付け、
小さいながらも、味の濃い、美味しい実をつけてくれます。
DSC08355 (400x300)


DSC08359 (400x300)
主に2ヶ所で好きなように育ってくれていますが、
この場所は、葉っぱがとっても元気!
2~3年前から勢いよく広がってきたので放置していたら、ついに、今年、実をつけ始めました。
手をかけて植えていた時より、断然元気な様子。
こんなに葉っぱがあっても、日当たりがイマイチだから、実は少ないけど、
葉をよけて、宝探し気分で、実を探すのも楽しい。

草取りをしていたら、いちごの中にじゃがいもも発見!
DSC08360 (400x300)

掘り残したやつがあちこちから出てくるので、せっかくなので、棒を立てて踏まないようにして、
時々、追肥したり、土寄せをしてあげます。
何が、どこから出てくるかわからない、けど、出てきたものは最大限に生かしてあげる、
これが、手抜き、お金かけない畑づくりの極意!(???)


Posted at 00:23 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2017.11.11

エルブ・ドゥ・プロヴァンス もどき

岩手山も白くなったり青に戻ったり、

DSC07760 (400x300)

行きつ戻りつの秋ですが、
私の十年日記によると、去年の11月9日には、「夜、道路凍結」と書いてあるので、
急に何があるかわかりません。

それにしても、少し暖かい秋のような気がします。

畑もそろそろ秋じまい。
今年は、小さいながらも大根がまあまあ出来たので、
久々にたくあんでも漬けてみようかと、干してみました。

DSC07762 (400x300)
(小さいのだけ選んで干したので、他のはもう少し大きいですよ!負け惜しみにしか聞こえない・・・?)

たくあんは何度か漬けたことがあるけど、買った干し大根でしか漬けたことがなかったので、
ちょっと楽しみ。

夫と二人だけになったので、小さい大根の方がむしろちょうどいいでしょう。

カリンが今年は久々に1個だけ実がつきました。
DSC07768 (300x400)

植えて2~3年の頃には確か5~6個ぐらい実ったのに、
あとは日当たりが悪くなったか、ここしばらく、花すら咲きませんでした。
あきらめていたら、1個だけ。
DSC07764 (400x300)

大事に、カリン酒でも漬けましょう。

この時期、地植えのハーブ類は、冬越しの準備、
地面を覆うように、葉が密になって雪が降るのを待ち構えているような姿。
オレガノ
DSC07775 (400x300)
タイム
DSC07772 (400x300)

冬に料理に使えるように採って、ストーブの横で乾燥。
DSC07783 (400x300)

タイムとオレガノに鉢植えのローズマリーを足して・・・(我が家では、寒くてローズマリーは地植えできないので)

「エルブ・ドゥ・プロヴァンス」というスパイスミックス、これを使って鶏肉でもソテーすれば、
一気にプロヴァンス気分になれるスパイス。
(行ったことはないけど・・・)

正式には、タイム、マジョラム、ローズマリー、バジルの4つのミックスのようですが、
オレガノがマジョラムと似てるらしいので、バジルがあれば、ほぼ同じ。
畑に植えたバジルは既に枯れてしまったので、ベランダの瀕死のバジルを少しでも混ぜれば、
「ほぼエルブ・ドゥ・プロヴァンス」。

手で摘み取った後、手からハーブの香りがして、爽やか~!
2~3日乾かしたら、瓶に茎ごとギューッと詰めて、瓶の中でパリパリと軽くつぶし、
使うときは、逆さに振れば、葉っぱだけが落ちてきます。

買ったスパイスにはない、新鮮なスパイスミックス。
サラダに、スープに、冬のあいだのお楽しみです。





Posted at 01:46 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2017.10.26

長いも掘り

なんというか、気分は11月。
だけど、まだ、10月。

なぜだろう、この秋は例年より慌ただしくないような・・・
じっくりいろんな事が出来ている。

いつもなら、あ~雪が降る前に、あれもやって、これもやって、という感じなのに、
そんなにせかされていない。

栗が予想外に少なかったせいか?
去年、夫すら、「栗に支配されている!!!」と言っていたのが、
今年は、あっという間に時期も終わり、ご飯がわりに食べた日もそんなにない。

こんなに楽だったのは初めてかも。
花が着いた時には、今年も大変だ・・・と、思ったけど、
夏の天候不順のおかげで、(まさに、おかげです)実の付きが悪く、
その、少ない実を栗虫たちが奪い合い、ほぼ、虫にやられ、
食べるところが少ない状態。

2つある栗むき器、一度も出動することなく、
なんと平和だったこと!

つまり、栗に付随する仕事も大幅カットされ・・・
だからか。

栗の時期は、1日2回ぐらい各1時間栗拾い、イガの片付け、
クリを干す、取り入れる、選別する、茹でる、食べる、
むいて冷凍する、誰かにもらってもらう・・・

クリ農家か!

クリ農家じゃなく、本業がこの時期にできたから、少し気持ちがゆったり出来ているんだな。

先日、大型台風が来る前に、その、イガ片付け。
例年は、それも、後回しになんかできないから、落ちた先からせっせと箱に集めているけど、
今年は少なかったので、日当たりに転がして、少し干してから箱詰めしよう、ということに。
(ちなみに、ストーブの焚付です)
DSC07726 (400x300)

イガと、その辺に落ちているクリの枝も一緒に拾っていたら、
いい具合に、枝にきのこ。
DSC07721 (300x400)

まさに、「木の子」ですね~。

次に、長いも掘り。
上に伸びたつるや葉の付き具合に、芋の大きさも比例しているので、
小さそうなのから掘り。

いつも、もう少し寒くなって、葉がすっかり枯れてから掘っていましたが、
それだと掘っているうちに寒くなってきて、慌ててほったりして、
途中で折れたり、見失ったり。

やっぱり、あまり寒くない方が、断然掘りやすい!
結構な量が掘れて、だんだん面白くなり、
最後に大きそうなのにトライ。
DSC07734 (300x400)

しかし、大きいだけあって、日が暮れてしまい、この日は中断。
翌日、再挑戦。
スコップを差し込むだけでは無理で、自分も腰まで穴に入って。

無事、折れずに出てきた~!
DSC07735 (300x400)

先端の、白くてきれいなこと!
DSC07736 (400x300)

今、まさに伸びてる最中っていう感じ。
上の方のひげ根と、先端のひげ根も全然別物。

早速、みずみずしいところを、たわしで洗ったら、皮もむけてしまうくらい柔らかい。
というわけで、皮もむかず、包丁の背でそぐように切って、
DSC07737 (400x300)

一つは納豆についていたタレとからしで和え、もう一つは梅酢和え。

みずみずしく、もっちりしゃきねばって感じ。
長芋も、鮮度で全く別ものですね~。

もう1本、大きそうなのが残っています。
いつ掘ろうかな~。



Posted at 00:34 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |