2017.11.11

エルブ・ドゥ・プロヴァンス もどき

岩手山も白くなったり青に戻ったり、

DSC07760 (400x300)

行きつ戻りつの秋ですが、
私の十年日記によると、去年の11月9日には、「夜、道路凍結」と書いてあるので、
急に何があるかわかりません。

それにしても、少し暖かい秋のような気がします。

畑もそろそろ秋じまい。
今年は、小さいながらも大根がまあまあ出来たので、
久々にたくあんでも漬けてみようかと、干してみました。

DSC07762 (400x300)
(小さいのだけ選んで干したので、他のはもう少し大きいですよ!負け惜しみにしか聞こえない・・・?)

たくあんは何度か漬けたことがあるけど、買った干し大根でしか漬けたことがなかったので、
ちょっと楽しみ。

夫と二人だけになったので、小さい大根の方がむしろちょうどいいでしょう。

カリンが今年は久々に1個だけ実がつきました。
DSC07768 (300x400)

植えて2~3年の頃には確か5~6個ぐらい実ったのに、
あとは日当たりが悪くなったか、ここしばらく、花すら咲きませんでした。
あきらめていたら、1個だけ。
DSC07764 (400x300)

大事に、カリン酒でも漬けましょう。

この時期、地植えのハーブ類は、冬越しの準備、
地面を覆うように、葉が密になって雪が降るのを待ち構えているような姿。
オレガノ
DSC07775 (400x300)
タイム
DSC07772 (400x300)

冬に料理に使えるように採って、ストーブの横で乾燥。
DSC07783 (400x300)

タイムとオレガノに鉢植えのローズマリーを足して・・・(我が家では、寒くてローズマリーは地植えできないので)

「エルブ・ドゥ・プロヴァンス」というスパイスミックス、これを使って鶏肉でもソテーすれば、
一気にプロヴァンス気分になれるスパイス。
(行ったことはないけど・・・)

正式には、タイム、マジョラム、ローズマリー、バジルの4つのミックスのようですが、
オレガノがマジョラムと似てるらしいので、バジルがあれば、ほぼ同じ。
畑に植えたバジルは既に枯れてしまったので、ベランダの瀕死のバジルを少しでも混ぜれば、
「ほぼエルブ・ドゥ・プロヴァンス」。

手で摘み取った後、手からハーブの香りがして、爽やか~!
2~3日乾かしたら、瓶に茎ごとギューッと詰めて、瓶の中でパリパリと軽くつぶし、
使うときは、逆さに振れば、葉っぱだけが落ちてきます。

買ったスパイスにはない、新鮮なスパイスミックス。
サラダに、スープに、冬のあいだのお楽しみです。





スポンサーサイト
Posted at 01:46 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2017.10.26

長いも掘り

なんというか、気分は11月。
だけど、まだ、10月。

なぜだろう、この秋は例年より慌ただしくないような・・・
じっくりいろんな事が出来ている。

いつもなら、あ~雪が降る前に、あれもやって、これもやって、という感じなのに、
そんなにせかされていない。

栗が予想外に少なかったせいか?
去年、夫すら、「栗に支配されている!!!」と言っていたのが、
今年は、あっという間に時期も終わり、ご飯がわりに食べた日もそんなにない。

こんなに楽だったのは初めてかも。
花が着いた時には、今年も大変だ・・・と、思ったけど、
夏の天候不順のおかげで、(まさに、おかげです)実の付きが悪く、
その、少ない実を栗虫たちが奪い合い、ほぼ、虫にやられ、
食べるところが少ない状態。

2つある栗むき器、一度も出動することなく、
なんと平和だったこと!

つまり、栗に付随する仕事も大幅カットされ・・・
だからか。

栗の時期は、1日2回ぐらい各1時間栗拾い、イガの片付け、
クリを干す、取り入れる、選別する、茹でる、食べる、
むいて冷凍する、誰かにもらってもらう・・・

クリ農家か!

クリ農家じゃなく、本業がこの時期にできたから、少し気持ちがゆったり出来ているんだな。

先日、大型台風が来る前に、その、イガ片付け。
例年は、それも、後回しになんかできないから、落ちた先からせっせと箱に集めているけど、
今年は少なかったので、日当たりに転がして、少し干してから箱詰めしよう、ということに。
(ちなみに、ストーブの焚付です)
DSC07726 (400x300)

イガと、その辺に落ちているクリの枝も一緒に拾っていたら、
いい具合に、枝にきのこ。
DSC07721 (300x400)

まさに、「木の子」ですね~。

次に、長いも掘り。
上に伸びたつるや葉の付き具合に、芋の大きさも比例しているので、
小さそうなのから掘り。

いつも、もう少し寒くなって、葉がすっかり枯れてから掘っていましたが、
それだと掘っているうちに寒くなってきて、慌ててほったりして、
途中で折れたり、見失ったり。

やっぱり、あまり寒くない方が、断然掘りやすい!
結構な量が掘れて、だんだん面白くなり、
最後に大きそうなのにトライ。
DSC07734 (300x400)

しかし、大きいだけあって、日が暮れてしまい、この日は中断。
翌日、再挑戦。
スコップを差し込むだけでは無理で、自分も腰まで穴に入って。

無事、折れずに出てきた~!
DSC07735 (300x400)

先端の、白くてきれいなこと!
DSC07736 (400x300)

今、まさに伸びてる最中っていう感じ。
上の方のひげ根と、先端のひげ根も全然別物。

早速、みずみずしいところを、たわしで洗ったら、皮もむけてしまうくらい柔らかい。
というわけで、皮もむかず、包丁の背でそぐように切って、
DSC07737 (400x300)

一つは納豆についていたタレとからしで和え、もう一つは梅酢和え。

みずみずしく、もっちりしゃきねばって感じ。
長芋も、鮮度で全く別ものですね~。

もう1本、大きそうなのが残っています。
いつ掘ろうかな~。



Posted at 00:34 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2017.10.03

いろいろ収穫の時期。面倒がらずに・・・

明日はいよいよ霜が降りるとか・・・
岩手山にも初冠雪、来る頃かな~。

そろそろ畑も終盤。
今ちょうどいい具合なのが、枝豆。
今年は、例年より少し出来が遅く、全く、ビールの時期には間に合いませんでした。
DSC07658 (400x300)

その枝豆を収穫しながら、草刈をしていたら、草の下に・・・
蛇の抜け殻!
DSC07655 (400x300)

蛇よりは驚かないけど、一瞬ギョっとしますね~。
そのまま捨てようかと思ったけど、お金が貯まるって言うから、財布に入れる?
と、頭をかすめたけど、即、却下。

とりあえず、爬虫類好きの夫に報告すると、
「俺の作業場に入れといて」とのこと。
壊さないようにそ〜っと取って作業場に。
DSC07674 (400x300)

夫が以前、自分が取って作業場のハリにぶらさげていたものと比べると小さいなと思い、
長さを計ってみたら、私のが1メートルで、夫のは1.6メートルもあったと。
ひ~!
確かに、でかいの、前に見たことがある。
あまりお目にかかりたくないですが・・・



今年も伸びに伸びたフェンネル。
(フェンネルは、根元の株を食べる1年草と、種を採る多年草があり、私は、種の方を育てています)
去年以上に上に伸び、わたしが手を伸ばしてやっと届くくらい。

そろそろ種が取り頃。
なんだけど、これが、結構難しい。
一斉に熟さないので、こまめに見て、熟したものだけをつまんで取る感じ。

育て始めたときは、茎ごと刈って、干して、あとでしごく、方式でやってみたのだけど、
刈るのが早かったみたいで、売っているものと比べると、様子が違う。
産地ではどうやっているのかわからないけど、
熟したら、摘む。
これが、今のところ正解のような・・・

DSC07665 (400x300) (2)
これは、まだちょっと緑のが多い感じ。

DSC07666 (400x300)
これはまあまあ茶色になって、ちょうど良さそう。

DSC07667 (400x300)
これは、まだ、緑のもあるけど、先端が黒くカビた感じのもあって、あまり良くない。

はじめの年はもったいないと思って、ほぼ全部取ったけど、今年は、去年のもまだあるので、
良さそうなのだけ取ることに。

青じその実も、ちょうど取り頃。
DSC07671 (400x300)

しごいて洗い、小瓶に少し入れて少し塩を入れ、また、実を入れて塩を・・・
という風に詰め、スプーンでぎゅーっと水が上がってくるぐらい押し込みながら、
ザルに半分ぐらい取ったものが、ジャムの小瓶1個分ぐらいになるように詰めます。

そのぐらいが、しょっぱすぎず、痛みもせず、ちょうどいいみたいですね。
去年、試しに詰めたものが、色もきれいなまま。
なのに、冷蔵庫で眠っていました。
最近、御茶漬にちょっと入れたり、浅づけを作るときにちょっと混ぜたり、
プチっとして、香りもよく、食卓のアクセントに。

つい、面倒で、収穫せずに終わることもあるけど、
こういうことができるのが、ちょっと贅沢な生活かな・・・

Posted at 22:04 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2016.08.16

セリ科の種

セリ科の植物。

たくさんありますが、我が家の畑を徐々に占領してきているフェンネル。

DSC06816 (400x300)

今年も勢力拡大してきて、しかも、上にも伸びる伸びる!
こぼれ種であちこちから出てきています。

それに引き換え、なかなか増えてはくれないパセリ。

DSC06823 (400x300)

毎年、種をつけさせて、それを蒔いたり、自然にこぼれたりするはずなんだけど、
なんとか、消えずに頑張っている程度。

そして、これはなんの花でしょう?
DSC06826 (400x300)
たまに畑に見回りに来る夫が、「ン?これ、何の花?」
「フェンネル?」 「ブー。」

答え、人参。

去年、蒔いたけど、あまり大きくならなかったので、冬越しさせて春にでも収穫しようか・・・
と思っているうちに、どんどん茎が伸びてしまったので、じゃ、種でも採るか、と、放っておいたもの。

フェンネルより、細かい白い花、そして、数が多い!

ここから2ヶ月ぐらいたってやっとこの状態。
DSC06819 (400x300)
あんまり変化がないようだけど、
ちょっと黄色っぽくなって、花が増えてる?
なんと言っても花の密度がすごい!

みんな内側に向かって丸まってるのはなぜ?
虫に受粉してもらうため?

お?これは種らしい感じになってる?
DSC06820 (400x300)

人参は種になるのも随分時間がかかるな~。

この先、完成するまで、まだまだ見逃せない・・・




Posted at 02:08 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.02

フェンネルシード 収穫

梅雨に雨が降らなかったのを取り戻すかのように、
このところ、曇り空、雨が多いですね。

おかげで、相変わらず畑の草を少し刈ると、ツルッと茶色の「らくよう」が顔を出し、
このところ、毎日、きのこ汁。

さすがに、続きすぎるのも・・・なので、
こんどは大根を買ってきて、おろし和えにでもしましょう。

でも、畑の草をむやみに取らないのは、やっぱり得です。
そのおかげできのこは生えるし、雨が降っても土の跳ね返りもないし、
強い雨や風で、枝豆のように立っている作物が倒れるのを支えてくれるし。
雨が少ない時でも、乾燥を防いでくれるし・・・
いいことずくめのはずなのに。

少し降りていったところにある貸し農園では、
「草を生やしっぱなしにするような、みっともないことはやめましょう」という決まりがあるそうで、
そこの方々が私の畑を見たら、絶句するでしょうね~。


今年私の畑でNo.1の成長を見せてくれた、「フェンネル」。
DSC06326 (400x300)

その後もぐんぐん成長し、種もしっかり充実してきたので、
ちょっと早いかなと思いつつ、少し、収穫してみました。

DSC06328 (400x300)

せっかく充実してきた種の汁を吸う、不届きものがウロウロしている事もあり・・・
DSC06325 (400x300)

今まで見たこともない、「カメムシ」。
赤と黒の縦ジマ。まるで、サッカーのレフェリー。
なんでこんな目立つ色をしてるのか・・・?
人参などセリ科の植物につくらしい。カメムシだけど、臭くはないそうですが・・・。
この裏(腹)がまたビックリ。黒の点々だらけ。さすがにちょっと気持ちわるいので、写真はカット。

種のついた茎ごと切り取り、ほんとは束ねて吊るしておくのがいいけど、
すでに、ポロポロ落ちるので、茎ごと紙袋に入れて、吊るしました。

もう、部屋中フェンネルのいい香り!

久々に、ハーブの本を引っ張り出して読んでみたら、
葉、茎をスープで煮込んでもいいし、もちろんハーブティ、ピクルス、料理に幅広く使えて、
消化を助け、「痩せるハーブ」と言われていると!

こーれは利用しない手はない!
早速、スペイン風オムレツ(フライパンで野菜などに火を通したあと、卵を流し入れるだけの簡単なもの)に、
パラッっと種を入れてみたら、なかなか新しい味でアクセントになって良かったです。

娘に「痩せるハーブだってよ!」と言うと、
テレビで「警察24時」とか「相棒」を好きでよく見ている娘、
「それ、キティちゃんの袋とかに小分けにして入れて持ってると危ないよ!」

「うちではハーブを栽培しています」っていうのも、うかつに言えない世の中になってしまったのか・・・


Posted at 14:47 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |