2012.12.30

家族対抗餅つき合戦?

今日、12月30日は、実家で餅つきをしてきました。

臼は、私が大学生の頃、当時、父が勤めていた地域に臼を作る職人さんがいて、
その方に頼んで作っていただいたもの。

両親と、兄と私で始まった、この年中行事も、母の餅好きパワーによって延々と続き、
今では兄の娘たちや我が家の娘も加わり、
娘たちだけでも立派な餅がつけるようになりました。

娘たちも、赤ちゃんの時からついていますから、結構な年季が入っています。

今年は、母が小さい時に好きだったという、「うるち餅」と、
私が試してみたかった「玄米餅」も、ついてみました。

「うるち餅」は、うるち米に、少し、もち米を混ぜてつき、
出来上がりは、シコシコとした歯ごたえがなんともいいんですね~。

ところが、つく時はものすごい弾力で、杵がポーンと弾き返され、
力がいるので、皆で少しずつ交代で、なんとかつきあげました。

GetAttachment[2]

(薪割りで鍛えているので、餅つきはお手の物!)

「玄米餅」は、もち米の玄米をつきますが、難しいらしいと聞き、
ネットで調べてから挑戦。

うるちの後についたら、うるちよりは、少し楽で、
つぶつぶが残るけど、ちゃんと粘りのある餅ができました。

出来たての餅は、早速お昼に、くるみ、ごま、きなこ、納豆餅にしていただきました。
(盛りつけは省略!)

moti.jpg

杵つきは、歯ごたえがあって、やっぱり違います。

今年も色々ありましたが、家族皆、無事に餅つきが出来て、感謝です。
(約1名、負傷中につき、見学でしたが・・・)

GetAttachment[1]
80に手が届く母も、まだまだ、杵を振り上げます。

皆様、よいお年を!




スポンサーサイト
Posted at 22:40 | 季節 | COM(2) | TB(0) |
2012.12.22

今年最後、かな?

昨日の朝、庭に、お客さんの足跡。

DSC02367 (300x400)

そういえば今年は、お目にかからなかったような・・・。
野うさぎさん。

人も増えてきたから、めっきり見る回数が減ったような気がします。

今日は、(今年最後かな?)陶芸教室でした。

お母さん二人と、それぞれの子供さん二人。
小学生の子供さんは、冬休みの工作。
ちまたは、冬休みに入ったんですものね。

もう一人は、保育園の年長さん。

去年の夏に来て、大作を作り、すっかり焼き物が気に入ったようで、
早くつれてって~!の、連呼だったようです。

今回はどんな大作を作るのか、私も楽しみでしたが・・・


DSC02376 (400x300)

すごいです。
大抵、子供が作ったものは、どこかしら薄すぎたり、厚すぎたり、取れそうだったりするので、
あとで、わからないように手直しをするのですが、
一切必要もなく、しかも力強く、デザインもいい!

これ、タイヤは無垢(すべて粘土)ですが、ボディは、ちゃんと空洞に作っています(この大きさで塊だと、割れることが多いので)。
そのつくり方、自分で考えてです。

この、立体感覚、小学生でも高学年ぐらいにならないと、出来ないと思うんですが・・・。
絵もとっても上手な子なので、どんどん、この才能を伸ばしてあげたいな~。

小学生ぐらいで、個展ができるんじゃないかな。
その時にこれを飾ってもらえるように、うまく焼きますからね~。

夜は、自分が食べたい!からと、クリスマスケーキを娘が作ってくれました。
少し前、テレビで映していたケーキを参考に・・・

DSC02370 (400x300)

バラは、りんごの薄切りをオーブンで軽く加熱して、柔らかくしたもの。
乾燥りんごのように、甘味が濃縮され、少し歯ごたえもあって、なかなかでした。

あ~、いよいよ今年も秒読みですね~。



Posted at 23:40 | 陶芸教室 | COM(1) | TB(0) |
2012.12.17

ぼくの くつろげるばしょ

長老とか、おじいさん、とか言われるけど、
ぼくは、まだ、たったの10歳ぐらいなんだよ。
10×7ぐらいでよく、犬の歳を計算するからって、
ぼくに当てはめないでくれ。

ま、人間は勝手だからあきらめてるけど・・・。

つい、この前までは、一日のほとんど、おとうが作ってくれた小屋に入ってたんだよね。

そしたらさいきん、おかあが、なんかへんなのをもってきたんだ。
ぼくが好きなすみっこに、それを置いた。

においをかいだり、かじってみたけど、とくに問題はなさそうなので、
すわってみた。
DSC02356 (400x300)

さむいのはわりと平気なたちだけど、できればあったかいほうがいいにきまってる。

あ~なんだか、ここが、気持ちよくなってきた。
ごはんのとき以外は、ここにいるのがよくなった。

つい、リラックスしてたら、おかあに写真をとられた。
DSC02342 (400x300)

あ~、かってにしてくれ。
ねむいんだよう。
なんかさ、もっと、ふかふかのってないのかな、こんなぺったんこの古いのじゃなくさ。
そしたら、も~と、くた~っとねられるのにな~。





Posted at 22:37 | うさぎ | COM(1) | TB(0) |
2012.12.11

白へびと白ねこ

今日もきりっと寒かったです。
庭には、美しいクリスマスツリーが出現!

DSC02300 (300x400)

確か、ここへ越してくる前に植えたもの。
いい立ち姿になってきました。


来年はへび年。

ということで、白へびメッセンジャーの注文があり、
とりあえず、試作。

DSC02305 (400x300)

今までのへびは、黒で、帽子がぐるぐる巻きのピンク、青、黄色、緑など。
同じ帽子では芸がないので、お花をのせてみました。

もうちょっと、なにかが欲しいかな・・・。
お花にツヤがあってもいいかな~。

もう一度作って早く焼かないと、年賀状に間に合わない!


ところで、へびって家にいると縁起がいいとか、抜け殻を財布に入れるとお金が貯まるとか、
色々言われるけど、苦手な人が多いですよね。
私もダメな方でした。

が、ここへ越してきて、しょっちゅう見るようになったら、
「あ、居た・・・」ぐらいになりましたね~。

そういえば、今年はうちの敷地では見なかったな~。
暑すぎたから?

いずれ、気候のせいもあったような気がします。

我が家には、、大のへび好き1名、へび年生まれ1名がいます。
来年は、いい年かも!?


前回、ピンクになってしまった、ねこの箸置き。
やっと、白いのが出来ました。

DSC02339 (400x300)

これです、こうするつもりだったんです。
近々、県立美術館でお目見えかな?





2012.12.08

クラフトカフェ 2日目

いよいよ、本格的に根雪になりそうです。

DSC02298 (400x300)


今年は秋から冬が早かったですね。
(夏が長かったせいでしょうね)

雪が降ると、寒さがちょっと和らぐ感じがします。

ちいさなこやの中は、あったかくしていますので、
お茶をしに、でもいらしてください。

DSC02291 (400x300)

お菓子もいろいろそろいました。
ブラウニーは、今回は、生姜をほんのり効かせてみました。
卵、乳製品は、不使用。
甘さ控えめ。

DSC02287 (400x300)

DSC02289 (400x300)

そして、今回は、この、キャンバスに布などを貼って、クリスマス用のアートを作ります。
1時間以内で出来ます。

和む空間で、ちょっと手作り、ちょっとお茶・・・。
何かと慌ただしい時期ですが、
すこーしだけ、リフレッシュしてみませんか。

明日までです。




2012.12.07

今日から今年最後のクラフトカフェ

昨日は、全国的にいや、世界的にひどい天気だったようですね。

ここは、さほどひどくはなく、普通に雪が少し積もりました。

今日から今年最後のイベント、クラフトカフェ第二弾が始まります。

さすがに、小屋はちょっと寒いので、色々と防寒対策をしました。
窓にエアキャップ(プチプチ)をたらし、薄いカーテンをとりあえずピンで止め・・・
全然違います!

その間、娘はクリスマスクッキーを焼いていました。

DSC02274 (400x300)

アイシングの色は、緑は抹茶、水色は、山ぶどうジュース。
ピンクか紫を想像してたら、なんと、水色!

生のブルーベリーをいれて、カップケーキなんかを作っても、
確かに、初めは紫でも、だんだん青になってくるから
同じようなことなのかな。

オレンジは、ターメリックと胡椒。
ピリッとスパイシーで、意外とおいしい。

私は、前につぶやいた通り、アップルパイを焼きました。
なんのことはない、自分で作ったアップルパイが食べたかったんです。

DSC02276 (400x300)

お月様ではないですよ。

パイ生地は全粒粉入りで固め、りんごは甘さ控えめでシナモンが効いて、たっぷり入ってる、
上には、自家製あんずジャムを仕上げに塗り。
こういうのは、まーず、お目にかかれないし、見つけたとしても、
高い!

まだ、味見してないけど、どうでしょう・・・。

今年最後ですから、みなさん、おちゃっこ飲みにきてくださいね!

ちいさな小屋の クラフトカフェ  「クリスマスキャンバスアート」
2012年12月7日(金)~9日(日)10:00~16:00





2012.12.03

子供会行事

一面の銀世界ではなくなりましたが、本格的に寒くなってきました。
うっかり、風邪をひいたりしないように、
外に出るときは、帽子に手袋、マフラーで完全防備です。

今日は、盛岡市内の、とある子供会からの依頼で、
出張の陶芸教室に行ってきました。

親子合わせて19人。

DSC02263 (400x300)

今回も、なかなか力作がありましたね~。

出張の教室の場合は、大抵、300gの粘土を1人に1個。
子供の握りこぶしぐらいの大きさです。

これで、マグカップや、小鉢程度のものを作ることができます。

今日の、「アーティスト賞」(?)はこちら。

DSC02267 (400x300)


ピカイチ!独創的なデザインです。

何年生か、聞きそびれたけど、4、5年生ぐらいの男の子。
足の部分が、これまた不思議におもしろい!
4方向に足が付いてるけど、そのうちの一つが、二股になっています。

感覚的にそうしたのでしょうね~。
感心です。

思わず、血液型を聞いちゃいました。

私が陶芸教室をやっている中で、作る様子を見ていて、
血液型によって違うか、傾向を見ているのですが、
かなりの確率で当たるんですよね~。

そんなの、関係ない!!と、強く否定する陶芸家仲間がいるので、
なるべく多くの統計を取って(?)、
作る様子と、作ったもので、血液型を100%当てられるようになるぞ、
と密かに楽しんでいるのです・・・。
(陶芸教室に来る方、要注意!?)

どういう傾向があるかは、ここでは、省略。

そして、本日の「陶芸家になれるで賞」は・・・
DSC02264 (400x300)

仕上げがきれいだし、形、厚さ、デザイン、どれをとっても申し分ありません。
お母さんだからといって、みんなが、こんなに上手に出来るわけではありませんから。

そして、「仲良しで賞」は・・・

DSC02270 (400x300)

この二つ、親子ではないと思うのですが、(離れたところに座っていたので)
同じような形。
右は、お母さん。
メッセンジャーをお持ちで、(今日も持ってきて、皆さんに見せてくださってました。ありがとうございます!)
その、おうちにするんだそうです。
可愛がってもらって、幸せなメッセンジャーです。

で、左は、何度も作り直して、コネコネしていた男の子。
気がついたら、メッセンジャーのおうちとおなじようなものが・・・。

見て真似したのか、思いついたのかはわからないけど、
窓があったりして、なかなか面白く出来てます。

間に合わないかと思ったけど、最後にササッと出来て一件落着!

最後にこちら。

DSC02271 (400x300)

これ、しっかりできていて、厚さも均一(底はちょっと薄くなったけど)、
3年生ぐらいかな?と思って聞いてみてビックリ!

1年生でした。
1年生で、このぐらい出来るとは・・・!!!

時々思うのですが、「器用さ」ってどこで、培われるのかな・・・と。









Posted at 02:02 | 陶芸教室 | COM(1) | TB(0) |