2013.09.27

この時期の日課

今日はぐーっと気温が下がりましたねー。
遂に、「薪ストーブ、始めました!」

そして、この時期の日課と言えば、
栗拾い→ゆでる→食べる
または、皮をむく→冷凍庫へ。

例年は、それが、工房フェスタの時期と重なるので、
毎晩仕事のあとにむきはじめ、夜中の2時とかまで・・・。

泣きながら皮むきの日々。
それがつらかったー。

今年は、「蛾」の大発生のおかげ(?)で、
栗そのものが少ない上、工房フェスタに不参加。
あー楽チン楽チン!

DSC03897 (400x300)

少ないとは言っても、今日はボールに1杯と半分。
栗むきバサミ(写真下)を使っても、時間はかかる。
おまけに結構、ハサミのバネが強いので、
長ーく使ってると、ばね指になりそうに・・・。

でも、例年に比べたらどうってことない感じです。

今まで、やりたくても出来なかったこと。
というか、やろう!という気持ちさえ封印してたことも、出来ました。

ハーブの収穫。
収穫って言っても、自分で使う分だから、大した量ではない。
それでも、その、ちょっとのことが出来なかった。

栗拾いをしてたら、目に着いてしまった・・・。

笹や、ススキに侵略されながらも頑張って伸びていた「オレガノ」。

DSC03892 (400x300)

雑草に負けそうになりながら、ガンとして、その場を譲らなかった「タイム」。

DSC03894 (400x300)

良さそうなところを切り取って、

DSC03896 (400x300)

さっと洗い、窯の上の棚に置いて乾燥。
さあ、これで、この冬はOK。

先日、実家から鮭をもらったとき、タイムを枝ごと使って、
オリーブオイル焼きにしたら、お~いしい!

冬への準備、着々と・・・(?)





スポンサーサイト
Posted at 00:11 | 季節 | COM(2) | TB(0) |
2013.09.23

窯焚きが心地いい季節

9月の二つ目の連休も終わってしまいました。
前回の連休は、散々な天気でしたが、
今回は、まさに秋晴れのいい天気でしたね~。
おかげで、お客様もポツポツ。

パイプオルガンの演奏会も無事終わり、(来てくださった方、本当にありがとうございました~!)
仕事より練習に力を入れた分、これからは、
溜まっていた仕事を、淡々とこなす日々・・・。

早速、今日は、本焼き。
あー、窯の熱が心地よい季節になりました。

工房の改装の完成はいつになるのでしょう?
もう、仕事も陶芸教室も普通にやっていますが、
時々、あれっ?あれはどこ?
と、物をあちこちに片付けた後遺症が・・・。

改装前に使いにくかったところを使いやすくするため、
今回は、少し時間をかけてじっくりと作っていきます。

今まで、窓枠の手前に棚を作り付けていたものを外して、
窓枠の中に棚をしてもらいました。
(我が家の匠に・・・)

DSC03881 (400x274)

「これで、悩みの種だった窓ふきも楽になり、スクリーンの収まりも良くなりました。」
(BGMは、劇的ビフォーアフター)

秋と言えば、りんごの季節。
そういえば、りんごのオーナメントが引き出しに入れたままだったなー
と、思い出し、引っ張り出して、白く塗った壁に掛けてみました。

DSC03870 (300x400)

5つを手に持って運んでいた時、りんごとりんごがぶつかって、
カラン、カランと金属的ないい音!
オーナメントじゃなく、音を楽しむ物もできるなー。

やっぱり、白い壁は作品が見やすい。
当たり前だけど、納得。

DSC03871 (400x300)

黄色は、りんごというより、「なし」みたい。
いずれ、りんごもなしも、美味しい季節です。



Posted at 23:26 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2013.09.13

匠の技

9月も早、半ば。
なんと早いのでしょう・・・。

去年まで、毎年この時期に集中していた仕事のうち2つをやめたにもかかわらず、
さっぱり時間が足りない。

ひとつは、とある団体から発注のある、トロフィー、盾の制作。
もう一つは、工房を開いた頃から関わっていた、工房フェスタ。

このふたつが、この時期の手かせ、足かせとなって、身動きがとれなかった原因と思っていたけど、
その、穴に入り込むものは、いくらでもあるってことですね~。

まあそれで、工房の改装に手をかけていられるっていうことです。
この1週間は、ほぼ、壁拭きとペンキ塗り。
ペンキ塗りは明日ぐらいで終わるかな~。
高い場所があるので、結構大変。

我が家の「匠」に棚を作ってもらったりの、大工仕事をやってもらっていますが、
先日、扉と、短く飛び出しているログ壁との隙間に、
陶芸教室の生徒さんが置ける、荷物置きの棚を作ってもらいました。

ログ壁は平らではないので、段を付けるには、決まった位置に付けなくてはならず、
棚の空間がちょっと広めにならざるを得ず、ま、仕方ない、と思っていたら・・・

なんということでしょう~!
棚板が前に少し飛び出した分、ログの切り口に角材を一本打ち付けたと思っていたら、

DSC03867 (300x400)

それが、荷物を置いた時の、ストッパーに早変わり!

DSC03869 (300x400)

なかなかやるな~。
1本の棒を、どう切れば、で、どこをネジでとめれば・・・?
さすが、理数科!

陶芸教室に来た時には、是非、ストッパーを動かして感動してくださいね!

話は変わって、改装後初の生徒さんが、
先日、箱一杯のトマトを持ってきてくださいました。
(この箱、目一杯入ってました!)

DSC03859 (400x300)

熟してるので、早速、鍋いっぱい、
大きく角切りにして、砂糖とレモン汁だけ入れて、コトコト・・・。
コンポートにしました。

DSC03866 (400x300)

水がたっぷり出て、汁ごと盛り付け。
甘さ程よく、おいしいデザートになりました!
Sさん、ありがとうございました!



Posted at 13:42 | 日常 | COM(2) | TB(0) |
2013.09.06

工事は終わって

工務店にお願いしての、床の断熱工事は終わりました。
立派な厚い木の床。

DSC03843 (400x300)

「おっ、新しい木の匂いがするぞ!」

DSC03844 (400x300)

「ほー、なかなかいいゆかだなぁ」
これは白木の状態。

DSC03852 (300x400)

断熱材をいれて、厚い板を張ったので、床が15センチ程高くなり、
入口が玄関みたいになりました。
床の色が、うっすら茶色になったのは、柿渋を塗ったから。
紫外線が当たると、色がだんだん濃くなってくるので楽しみです。

最終的には土足OKのつもりですが、なんとなく今は、
靴を脱いで入っています。

DSC03855 (400x300)

暗かったログ壁に、ペンキを塗ったり、棚をつけたり、
完全復旧には時間がかかりそうですが、
とりあえず、少し、作品は並べました。

DSC03858 (400x300)

明日は、陶芸教室もあるので、作業台も入ります。

先日、ほんの3分間、テレビに出たのですが(「滝沢FAN」と言って、ネットでも見られるそうです。)、
思いがけずチョコチョコ反響があり、お陰さまでちょっとだけ忙しくしています。
早く、作業場復旧しないと・・・。



Posted at 22:48 | 日常 | COM(0) | TB(0) |