2013.11.29

疑いなく 冬。

今シーズン、初、雪かきをしました。
と、言ってもほんのちょっとです。

でも、その、ほんのちょっとを残しておくと、
そこにまたちょっと、またちょっと、と、積み重なっていくので、
早めに片付けました。

DSC04199 (400x300)

雪が木にくっついたこんな景色を見ると、すがすがしい気分になって、
一瞬、寒さを忘れます。

話変わって、先週はじめ、柿をいただきました。(渋柿)

柿は大好物。

車で走ってたりして、取れ頃の柿が、誰も取る気配なく放置されてるのを見ると、
呼び鈴を鳴らして、「取らせていただけませんか?」
と、声をかけたい!と、いつも思いつつ、何もできないまま通り過ぎます・・・。

そんな私に、大量の柿を!
早速、一部は、ヘタに焼酎をつけて袋詰め。
そして、残りは、皮をむいて干し柿に。
皮は乾燥させて、冬のうさぎのエサ。

あ~、むきたての柿の肌、しっとりとして、なんとも美しい!
DSC04161 (300x400)

外に干すのも面倒なので、ストーブの横に。
外に干したほうがもちろんおいしいのでしょうが、
そこそこおいしければ、手間の少ない方を選びました。

いつも見えるところにあると、刻々と変化していく様子が見えて面白い!
反面、いつになったら食べられるのか・・・気になってしょうがない。

3日目ぐらいには、見た目、売っている干し柿のようで、
いや、3日ではまだ無理だろう・・・。

4日目、もしかしたら、食べられるかも?
少しかじってみると、お!甘い!そしてすぐ、渋い!
外側のところは大丈夫でしたが、中はだめ。

5日目は我慢。
6日目、ほぼ、干し柿!ほんのり渋さはあったけど。
でも、このぐらいならOK!
(絵のうさちゃんもうらめしそう・・・)

3回ぐらいに分けてむいたので、食べごろが集中しなくて良さそう。

DSC04197 (300x400)

ちなみに、袋に詰めた方も、丁度1週間が渋の抜け頃でした。(6日目はダメ)

あんなにたくさんあったのに、干して小さくなったら、これっぽっち。
(干しながら食べちゃってるっていうのもある)

味は、やはり、外に干したものには負けますね~。
太陽、風、寒さ、湿気・・・そんなもろもろがおいしさを作るんでしょうね。

でも、しばらくは、目で楽しみ、味の変化も楽しみながら、
冬ならではを味わいま~す。



スポンサーサイト
Posted at 23:50 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.26

陶芸教室最高齢記録 かな?

最近の陶芸教室、2つ。

まず、昨日は、滝沢村内のデイサービスの施設へ行ってきました。
去年に引き続き呼んでいただいて、2度目。

去年より多くの方が、「さあ、やるぞ!」という感じで待っていてくださいました。
しかも、「マイ麺棒」持参の方も。

この方は、かつてはロマンドールを作っていたとのことで、
粘土作業はお手の物。

大きな葉型のお皿を作ると決めて、
本物の大きな葉っぱまで持参されていました。

2作品分の粘土を使って作りました。
本当は、もっと大きなものを作りたかったようですが・・・

DSC04181 (400x300)

この板は縦横30cm。
大きいです!

「ロマンドールは、最近までやってらしたのですか?」とお聞きしたら、
「もう、だいぶ前、70ぐらい・・・今、90だから・・・」
え~90!
全然見えません。
きちんとお化粧もして、ツヤっと張りがあって・・・。

やっぱり、趣味があって、好奇心がある人は違います。

もう一人、去年も参加され、とても丁寧だな~と思っていた方。
今回も楽しみに待っていてくださったようで、
ささっと、2作品を作られました。(大抵、1作品)
形も凝って、絵も素敵。ひとつはこちら。

DSC04183 (400x300)

お年はお聞きしませんでしたが、今思えば、葉っぱのお皿の方と同じぐらい?

高齢の方々、どのぐらい出来るのかな~と思っていましたが、
案外、皆さん丁寧なんですよね。
今の人たちより、手を動かして生活してきたからかな・・・と思います。
そして何より、名前を入れてもらうと、字が達筆!
「文字は丁寧に書く」というのが染み付いているんでしょうね。


さてもうひとつ、こちらは工房に、ご家族4人で来てくださいました。
6年生の子供さんの卒業の年なので、その記念にと。
これは本当に記念になりますね!

面白いのは、それぞれが自分のものを作るのではなく、
「家族の誰かのために作る」というもの。

DSC04186 (400x300)

こちらはお父さんが息子さんに。
取っ手が、息子さんのイニシャルの「N」の形になっています。

こんな取っ手は私も初めてだったので、どうしたものか・・・と思いましたが、
焼いた時に形が崩れないように、間に補強を入れてもらいました。

結構重みもあるので、焼くと垂れ下がるかも知れないので、
下に支えが必要かな~。

DSC04191 (400x300)

こちらは、息子さんから誰かにプレゼント。
てびねりで飯碗。
絵も、形も、なかなか力強い作品です。
ネコの箸置きは、自分用。

うまく焼き上がるように私も頑張らなくては!と思わずにいられない2つでした。
(いつも思っていないわけではありませんよ!)







Posted at 10:18 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.22

陶芸カフェ ~クリスマスを彩るキャンドルハウス ~ 初日

クリスマスを彩る ~キャンドルハウスを作りましょう~が、始まりました。

今日は2人の方がきてくださいました。

お二人が選んだのは教会風。
2時間たっぷり集中して作りました。

DSC04168 (300x400)

灯りがもれる穴はそれぞれのデザイン。

DSC04170 (400x300)

窓や入口の形の他に、星など、色々。
どんなふうに灯りが見えるのか、焼き上がりが楽しみです。

そして、見本にはありませんでしたが、お二人の希望で、
焼きあがったあとにてっぺんに十字架を取り付けられるように、
上を少し切って、穴をあけました。

終わったあとの今日のおやつは、煮りんご入りの豆乳プリン。

DSC04174 (400x300)

写真はあまり美味しそうではないですが、
味は・・・まあまあ・・・。

来週の金曜、29日は、まだ空きがあります!
やってみたいというかたは、27日までにお申し込みください。





Posted at 22:44 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.21

福島 会津 小旅行

とある、スタンプカードのスタンプがたまり、
それを使う期限がもうすぐだったので、急遽、福島へ行ってきました。
(ほんの気持ち、福島応援旅行)

そのスタンプは、宿泊施設のもの。(添乗員さんのものですが・・・)
泊まる場所は限定されるので、宿と目的地の行ったり来たりの移動を考えたら、
はたしてお得だったのかは「?」ですが、(などと言っても、お財布は添乗員さん持ち。)
まあ、おかげで初めてのところを色々みることができました。

出発の朝、ここは小雨でしたが、高速を走っていると、
先の方は雲がなく、徐々に晴れ。

ありがたいことに、今回も最高の天気でした!
国見サービスエリアからの爽快な眺め!
DSC04077 (400x301)

何の予習も無しに行ったのですが、(添乗員さんはずいぶん予習していたようですが・・・)
福島はまさに紅葉が見頃!

今年最高の紅葉をみることが出来ました。
まず最初に訪れたところは、
鶴ヶ城。
いきなり、真っ赤なもみじが迎えてくれました。

DSC04082 (400x300)

そして真っ白、美しい鶴ヶ城。

DSC04101 (400x300)

大河ドラマ「八重の桜」で予習済みですが、お城の中を登りながら資料を見て、
戊辰戦争の悲しい歴史を再認識。

天守閣から見えるのは360度、広ーい平野。

DSC04093 (400x300)

岩手は面積は広くても、どこへ行っても山ばかりだから、
こんなに広い平野がある事が、なんか不思議。

DSC04100 (400x300)

これは、この鶴ヶ城の特色の一つ、武者走り。
昇り降りに便利に、かつ、少ない面積を有効に活用できたということらしいです。
どんな風に便利だったのか、使われていた当時の様子を見てみたかったですね~。

DSC04102 (400x300)

最後に、綺麗に手入れのされた茶室と庭。
ドウタンの赤、オレンジと、屋根に生えたコケの緑の対比がこれまた美しい!

鶴ヶ城を堪能し、次は近くにあった、老舗和菓子店に併設の「シルクロード館」。
レンガ作りの趣ある建物。
タイムスリップにも程がありすぎ!
江戸末期から、紀元前。

添乗員さん、自分が興味あるからって、このギャップは・・・。

でも、宿に行ってパンフレットをみたら、なかなかすごいお店だったようです。
お菓子もここでしかない珍しいものだし、(買ってきて良かった~。食べるの楽しみ!)
珍しい飲み物もあったようです。(栄養ドリンクのような)

しかもその入れ物が、有名な陶芸家のデザインしたもの。
焼き物をやっている人間なら、「ほー、言われてみればそのデザイン、なるほど!」
というぐらい有名な人。

個人で集めたシルクロードの品々。
いや、すごいのもありました。
もうちょっと時間があったら、そこでコーヒをいただきながら、
しばしシルクロードに思いを馳せたかったところでした・・・。
出ると、もうすっかり日は落ち・・・

DSC04107 (300x400)

暗くても、なんかいい雰囲気。

たった1泊2日の旅ですが、つづく・・・

Posted at 22:19 | | COM(0) | TB(0) |
2013.11.17

りんごのおまつり

先週は、チラッと雪が降ったりして冷え込んだ日もありましたが、
ここ数日は気温が高めで(この時期としては・・・)本当に助かります。

水道はかろうじて凍っていませんが、
ホースがむき出しの太陽熱温水器は一度凍ってしまったので、
用心のため、水を抜きました。

今朝も穏やかな風景が・・・

DSC04064 (400x300)

我が家から見た青少年交流の家。
白く光っているのは、牧草に霜が降りたもの。

風の動きもなく、朝にこんな景色をみると、
今日一日がとても楽しみ。

昨日、慌ただしく窯詰めをして、遅くまで(朝早くまで?)窯焚きをした後なので、
よけい、素直にこの景色を嬉しく眺められます。

まだ、締切まで日があるだろうと思っていた或ことが、
あ、ギリギリだったと気づき、慌ててストーブの前で強制乾燥し、
なんとか焼きました。

その締切とは、「りんごのおまつり」。
県南、奥州市にある、
「ミズサキノート」(カフェ&ギャラリー)さんで開催される、
りんごをテーマにしたおまつりです。

りんごはもちろん、色々なジャンルのりんごをテーマにした作品が並びます。
一度、行ってみたいけど、なかなか行けないので、
今回、作品だけ参加させてもらうことにしました。

3種類の作品を参加させてもらう予定で、一度焼いたのですが、
マグカップがイマイチで、もう一度作って昨日焼いたのですが、
はたして・・・?
一つは、おなじみティーバックトレイの、りんごバージョン。

DSC04073 (400x300)

りんごをいとおしそうに抱えているうさぎちゃん。
これは、なかなかよくできました!

お近くの方、または興味のある方は、是非行ってみてくださいね。

今週末、23,24日、2日間です。
詳しくは、www.mizusaki-note.com をご覧下さい!



Posted at 09:11 | 作品 | COM(1) | TB(0) |
2013.11.06

陶芸カフェ クリスマス キャンドルハウス

お待たせしました!
陶芸カフェのお知らせです。

見本が焼き上がり、日程も決まりました。

DSC04041 (400x300)

~クリスマスを彩る キャンドルハウスを作りましょう!~

教会風、または、ヨーロッパの民家風の二つから選んでください。
こちらで粘土を板状に伸ばし、パーツにカットしておきます。

皆さんは、貼り合わせて組立て、さいごに窓の部分をカットします。
見本の通りでも、好きなようにアレンジしてもOK!

陶芸初心者の方でも、丁寧に指導しますので大丈夫ですよ!

日時   2013年11月22(金)、23(土)、24(日)、29(金)、30(土)
     午後 1:00~3:30 

料金   1人  2000円  (コーヒー、ケーキ代含む)

申し込み  各日とも前々日まで、電話にてお申し込みください。
      その際、教会風か、民家風か、希望のタイプをお知らせ下さい

人数   各日とも、6名まで (先着順)

場所  長内工房  岩手県岩手郡滝沢村滝沢字後496-5                        (国立岩手山青少年交流の家 裏手   東北自動車道滝沢インターから車で10分)  
          電話 019-688-5702
          
焼き上がり  12月20日頃  工房に取りに来ていただくか、料金別で、発送もします。

日常を忘れ、陶芸に没頭し、そのあとコーヒーでくつろぐ・・・
そんな時間を過ごしてみませんか?


Posted at 23:33 | お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2013.11.05

今、秋

どうしてもやってしまわなければならない事務仕事があり、
数日、さっぱり外に出ていませんでした。

秋なんだか、冬なんだかよくわからない気候だな・・・
と思っていたら、まだ、秋真っ盛りで安心しました。

天気もいいし、暖かいし、窯焚きも終わったので、
今日は久々に外仕事。

ここの紅葉は、今週からが見頃のようです。
カラマツは、ちょうど、緑と黄色が、いいグラデーションです。

DSC04016 (400x300)

キウイの葉っぱも枯れたので、
まずは、キウイの収穫。

DSC04026 (400x300)

そして、ずーっと気になっていた、ヒバのうさぎ。
もさーっとして、輪郭がわからなくなっていたので、
剪定しました。
(この写真は、剪定前)
DSC04030 (300x400)

上の方は、キウイの収穫に使った高枝切りハサミを使って。
去年は、脚立を立ててやったけど、
降りたり登ったりで、さっぱり進まないのに比べ、
ちょっと切っては、離れて眺められるので、便利。

と、思ったのも束の間。
結構重いので、肩は痛くなるし、
ずーっと上を見上げているのも、
首周りが痛くなって・・・。

ミケランジェロが、天井画を制作した時の辛さが少しわかったような・・・
なんて言ったら、そんなことと一緒にするな!
と、お叱りをうけそうですが・・・。

そういうわけで、上を切ったり、下を切ったりして、
体に負担をかけないようにやったつもりでも、長続きせず、
うさちゃんは、完成しませんでした。
どんとはれ。


Posted at 21:58 | 季節 | COM(0) | TB(0) |