2014.03.30

玄関に メッセンジャーの印鑑立てはいかが?

明日で3月も終わるというのに、この吹雪!
夕方、出かけて戻ってきたら、一面真っ白。

娘が、「もう4月になるっていうのに・・・」と言った言葉で思い出したのは、
ここへ引っ越してきた年に、こっちの保育園に娘を入れた際の入学式の日。

それは4月1日で、やはり吹雪だったな~ということ。
桜にしろ、雪にしろ、いずれ、「吹雪」には違いないか・・・。
(負け惜しみに聞こえる?)


さて、メッセンジャーのお得意様からのご注文で、
「印鑑立て」が出来ました。

玄関に置いても、印鑑があるとはわからないようなもの・・・
考えた末、こうなりました。

DSC04450 (400x300)

高齢者施設で作った、花瓶からの発想。
ぶたさんが、木にとまった小鳥を取りたくて、手を伸ばしているところ。

DSC04451 (400x300)

裏がこうなっていて、ここに印鑑を立てておきます。
もしくは、ペンを立てても OK!

まとめて6個ぐらい作ったのですが、窯から出したら、なんと、
ぶたさんが滑り落ちていたのが何個か。
台の緩やか~な傾斜で、釉薬が溶けている時に滑っちゃったみたいです。

幸い、ブタさんは、変なところにくっついたりせず、無事だったので、
次回、また焼いてみますが・・・。
今度は、踏ん張ってちょーだいよー!





スポンサーサイト
2014.03.28

冬から春へ・・・

やーっと、雪もだいぶ溶け、土のところと雪のところが半々ぐらいかな・・・。
土が出てくると、それはそれで、忙しくなる。

秋に落ちたカラマツの葉が、片付ける間もなく雪に隠されてしまっていたのが、
雪解けとともに現れ、おまけに、先日の強風で、カラマツの枝が飛んできて散乱。

天気も良かったので、うさぎに日向ぼっこをさせながら、掃除。

DSC04492 (400x300)

だいぶきれいになりました!(腰、痛い!)
(写真は掃除前。)

気温も上がってきて、日中はストーブの火が無くても良くなってきました。
となると、やってしまわねば・・・。
ストーブでコトコト煮る料理。

冷凍庫に年末から入っていた、新巻鮭の頭。
切り身でパックになっていて、とても便利な新巻だったけど、
ご丁寧に、頭も別のパックになって入っていました。

本当なら、おせちで作るべきところでしょうが、
先延ばしにしていました。
(前置き長いぞ~!)

えいやっ!と気合を入れ、昆布巻き、作りました!

DSC04478 (400x300)

頭を入れて巻いて。(味付けが難しいな~。なかなか思い通りにならない。)

あの、硬~い頭が、ストーブでコトコト煮ると、ホロリと崩れるんだから、すごい。
(でも、新巻の頭をもらって、どのぐらいの人が料理できるんだろ・・・)

DSC04484 (400x300)

冬の間中、料理を手伝い、いつもお湯をわかしてくれた薪ストーブも、あと半月?それとも1ヶ月?
早く暖かくなって欲しいけど、料理には断然薪ストーブ。

今日も、夕方、出かける前にトマトシチューの材料を鍋に仕込み、
薪を詰め、火の調節をして、3時間後に帰宅。

いい具合に出来上がってました~。

薪の調達は大変だけど、災害時も安心で便利!
いいですよ~!

(この下に、薪ストーブ屋さん、広告付けませんか~!)



Posted at 22:45 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.24

作った茶碗で なんちゃって茶会

今日の高齢者施設の陶芸教室、
ご飯茶碗が焼けたので、それを抹茶碗に見立てて、
「なんちゃって茶会」をしました。

先週、職員の方に相談し、お茶とお菓子を用意していただき、
私が結構使い込んでしまった茶筅を持っていき。

作法も何も関係なく、とりあえずシャカシャカとお茶を点て、
それぞれの方が作ったお茶碗で味わっていただきました。

DSC04473 (400x300)

皆さん、とても喜んで、「おいしいですね~」と飲んで下さり、
にこにこ。
日差しもとてもおだやかで、みなさんで一緒に「幸せ」を感じられるひと時でした。


先週は、植木鉢が焼けたので持っていったのですが、
「早速、カーネーションを植えましたよ!」という、報告もいただき、
「使えるものを作る楽しみ」が味わえる陶芸って、いいもんだな・・・
と、私にとってはあまりにも日常になりすぎて、忘れてしまいがちな事を
思い出させていただきました。

一服したあとは、小鉢作り。
一人の方に、お年をお聞きすると、「大正12年生まれの92歳」。
幼い頃にお父さんを亡くし、自分が嫁いだあとは、若くしてご主人を亡くされ・・・
と、身の上話を話され、でも今は、「とーっても幸せ!」
「ここへ来られるのもありがたいし、こんな風に作るのも楽しいし、本当に毎日感謝ですよ・・・」

いつもニコニコして「ありがとう!」を本当に心から言っている方。
もちろん色々辛いこともあったでしょう、
話を聞きながら、思わず涙が・・・。

今も思い出して、心が「ホカッ」と暖かくなる、いい一日でした。




Posted at 23:56 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.16

春は いずこへ

先週の2日連続の雪で、今年最高の積雪になってしましました。トホホ。

ポストと看板が埋まってしまい・・・。

DSC04459 (400x300)

でも、すぐあったかくなるだろうから、と、
あまり、ちゃんと雪かきしていないところにまた今日も!

今日、外出から帰ってきたら、入口がわからず、入りそびれそうになるところ。
明日こそちょっとは溶けてくれるのかな~。

そんな雪の世界から逃げて、今日は暖かいところで一日を過ごしました。

今日は、年に1度の、(あれ、先週もそんなくだりが・・・)パイプオルガンのサークルの
公開レッスン。
お互いのレッスンを聞きあって、学び合います。

DSC04464 (400x300)

オルガンのある、市民文化ホール小ホールは、オルガンのために年中一定の気温、湿度が保たれているので、
この時期の普段着で行くと、汗!
しかも、寒い国から(?)行くので、余計暑い!

今回も、初めて聴く曲あり、何度も聴いた曲有り、とても勉強になりました。

オルガン仲間とも帰りにお茶して、楽しく帰ってきて、
家には、一人いたはずだけど、雪かきしてない!

これから、夜の雪かきです・・・。



Posted at 21:29 | オルガン | COM(0) | TB(0) |
2014.03.12

これは、一体?

さあ、これはなんでしょう?

DSC04443 (400x300)
新種の「ホヤ」?それとも「エヘン虫」?
(もっと引っ張りたいところだけど・・・)
正解は、「ドリアン型ツボ押し」。

以前、バリで買ってきた、木彫りのドリアンを模して作ったもの。
これが、そのドリアン。

DSC04445 (400x300)


バリでは、精密な木彫り作品が作られていますが、
このドリアンは、フルーツの盛り合わせになっているものから、
無理を言って、売ってもらったもの。

見た瞬間に、ツボ押しに良いに違いない!と思ったんですよね。
これが大正解!

まずは、手の中で転がすと、手のツボが刺激されて、とても気持ちがいい!
朝、目覚めの悪い時にこれを手に持って、コロコロすると、
あ~ら不思議!嘘のように、パっと目が開くんです。

頭痛の時には、頭をコロコロすると、かなり良くなる。

そして、最近、ほんとに助かったのが、腕の痛み。

約1年前の空手・古武術の研修会で、腕を使いすぎて筋を痛めてしまったのが、
これで、痛いところをゴリゴリやってほぐしたら、徐々にほぐれ、
やっとこの頃、ほぼ完治!

市販のツボ押しは大抵、一箇所を押すタイプだけど、
これはころころすると、たくさんの刺激が簡単にできるので、楽なんですよね。
おまけに、刺激する方の手も押されるので、一石二鳥。

とっても便利なので、これは空手仲間にも使ってもらえるようにと、作ってみたというわけです。
(結構、普段使わない筋肉とかをいためるんですよね・・・)

試作を工房においていたら、早速、空手仲間が「欲しい!」と、買っていきました。
「これ、めっちゃ、気持ちいい!手の中で、コロコロしてたら、手が暖かくなった」と、言ってました。

気になる方は、工房でお試し下さい!
(まるで、TVショッピング並みの表現がありますが、決して、誇大表現は、しておりません・・・)


Posted at 00:40 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.09

年に一度の・・・

今日は一年に一度の、空手の昇級・昇段審査会でした。

盛岡市と、滝沢市で活動している、
「沖縄少林寺流空手道研究会」の各教室が一堂に会して、日頃の成果を確かめ合います。

「空手」と一言で言っても、格闘技系など色んなタイプがありますが、
そもそもは、沖縄が発祥の地。

薩摩藩に武器を取り上げられ、身を守るために密かに鍛錬をしたのが始まり。
それが「本土」に広まって、現在に至ります。

ですから、今でも沖縄空手は、あくまで身を守る「型」の練習をするもので、
格闘のようなことはしません。

私達の先生は、子供から高齢者まで、健康な体を作ることを目指して教室を開いたので、
実際、小学生から70歳代まで、幅広く、楽しく、無理なく続けています。

一年に一度、久しぶりにお会いした60、70代の方が、
一年前とは違う力強い「拳」をついていて、びっくりしたり・・・。
まさに「継続は力なり」という言葉をつくづく思い知らされます。

DSC04454 (400x300)

審査前、各自練習をしているところ。

DSC04456 (400x300)

親子、友達と、確かめ合っているところ。

大勢の前で、一人で演武するというのは、本当に緊張するものです。
それは、子供も大人も一緒。

始めの頃は、私も緊張で何をやったか覚えていませんでしたが、
この頃は、落ち着いてできるようになりましたね~。

ちなみに私は、ずいぶん段位が上がってきたので(何段かって?秘密。)、
今回、審査は無しで、演武のみ。

あと一段上がると、なんと、道場を持てるんだそうです!
道場、というか、練習場所は欲しいな~。



2014.03.06

楽しい花瓶

高齢者施設での陶芸教室は、皆さんとっても喜んでくださるので、
私も毎週行くのが、結構楽しみになっています。

ただ、次に何を作るかを考えるのが、なかなか大変。
2週で1作品を作るとは言っても、
その、2週が、あっという間にやってきます。

参加者は8人ですが、手の動きにバラつきがあるので、
同じ時間内で、同じように作ることが出来るものとなると・・・。

でも、先日のおひなさまも、「タンスの上にかざってますよ~、本当にかわいくてねぇ・・・」
と、満面の笑みでお話してくださって、嬉しい限りです。

次にできたのはこれ。

DSC04424 (400x300)

花瓶ですが、お花を生けなくても楽しめる、置物になっています。

DSC04428 (300x400)

とりあえず造花を飾ってみると、こんな感じ。
花を立てるところは、「木」になっていて、子枝には小鳥がのっています。
犬と猫がいて、お花も咲いています。
猫が首をかしげて、お花を見ているみたいで、いいですね~。

時間を見ながら、作業の早い人には、花をいくつかつくってもらったりの調整ができるようにしました。

先日、皆さんにお渡ししたら、「かわいい~!!!」の大合唱。
しばらく眺めて、大喜びでした。

今は、ご飯茶碗を作っていますが、さて、次は何にしましょう・・・。


Posted at 18:55 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.04

出産祝いに・・・

まだまだ雪はたっぷり残っていますが、
日差しが春めいてきたのが感じられて、
すこし、気持ちが楽です。

ときどき注文をくださるお客様から、
友人の出産祝いにといただいた注文品。

DSC04440 (400x300)

メッセンジャーのぶたくんを赤ちゃんにして、生まれた日時、体重、身長、名前をいれた小皿。
下の水玉のところに、漢字で名前、よだれかけにはローマ字で名前を入れました。

手のひらに乗るサイズ。
皿なので、もちろん使うこともできます。
ただ飾っても、じゃまにならなくていいサイズです。
他に、何かプレゼントがあって、それに添えるのに、記念になっていいですね。

若い友人が出産したら、プレゼントしようかな~。
わが娘が生まれたときには、これを作る技術はなかった。

でも、粘土に手を押し付けて、手形は取ったな。
あれ、どこにいったかな・・・?


Posted at 22:41 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.01

はるの ひざし

きょうも ひなたぼっこびよりだった。
おかあは そとでなんかいも ゆきのやまをくずしていた。
この まどからみえる。
ぼくもそとにでたかったな。
おかあが つれていってくれるっていってたのに・・・

DSC04411 (400x300)

このへんが よく ひがあたるから、
たおるを ひっぱってみた。
ちょっと くしゃっとなった。

なんだかねむくて 
たおるもきもちよくて
うっかり きをうしなってしまった。

DSC04418 (400x300)
 
たおるをくしゃっとすると なかなかいいぞ。
すみっこも おちつく。

おひさまが はるっぽくなってきた。
しんせんな くさも もうじきたべられるかな。


Posted at 00:19 | うさぎ | COM(0) | TB(0) |