2014.06.28

大発生 その後・・・

相変わらず、畑仕事の後半は、毛虫取り。
毎日やっても、全然慣れない。

寝るときに、毛虫の顔が思い出されたり、
ピアノの楽譜でシャープ(♯)の記号が3個ついてるのが、毛虫に見えたり・・・

ブルーベリーの葉っぱは、ほぼ丸裸の木、半分ぐらいはかろうじて残っている木、
いずれ、毛虫取りを続けないと、丸裸になるのは時間の問題。

ブルーベリーの実だけはなんとか数える程だけ残っているけど、ソルダム、梅、あんずの実はすべてダメ。
家の敷地にある木は、順番に丸裸にされています。
見るも無残というか、見ていて恐ろしくなります。
もみじはこのとおり。

DSC04820 (400x300) (2)

葉っぱが1枚もなし。
となりのヤマナラシも同じく。
DSC04822 (300x400) (3)
こっちは数枚だけ、葉が残っている。
この状態になる少し前は、枝先をよく見ると、枝になりきった毛虫!毛虫!

地獄を見ているような気がしてきます。
こんな時は、視力の良さが恨めしい・・・。

DSC04823 (400x300)
穴ぼこだらけの朴の葉。
もっと寄ると、毛虫がはっきり写ってしまうので・・・。
これも、あとどれくらいで丸裸にされるのやら。

この頃は、これらが少しずつ、蛾になって飛び始めています。

我が家から少し離れたカラマツ林、赤っちゃけて、まるで冬枯れ。

DSC04825 (400x300)

写真、わかるかな~?
緑の葉が全くなく、枝だけ。

この近くの道路を走ると、路面がなんか茶色くなってるな~と思ったら、
毛虫の大横断!
右から左から・・・。
それらの食い散らかしたカスと、多分糞と、葉っぱのカス、そして潰れた奴ら。

畑へ行くと、畑の奥の林では、雨が降っているような音がずーっとしている。
奴らが食べて落とす葉っぱの音、糞の落ちる音・・・。

それでも我が家はまだマシ。
近所の、林の中に家が建っているところは、
家の壁を大群がのぼり、ちょっと立っているだけで、人間にものぼり。
思い出すだけでゾーっ!

不思議なのは、おいしくなさそうな木から食べられていること。
普通なら、桜とか、白樺とか、桑とかが先のような気がするけど、
カラマツが食べられるなんて・・・。
うまく棲み分けているってことかな。

桑は、今、実が食べごろだけど、
実を取っていると、毛虫が落ちてくるかもしれないので、残念だけど、放置。

これらの現象に果たして終わりがあるのか???
大きくなった毛虫だけじゃなく、明らかに後から生まれている小さいのも混ざっていて、
大きいのは、じき、全て飛んで卵をうみ、小さいのは大きくなり・・・。
一体、冬までに何度、繰り返すのか。

これらが一斉に飛んだら、どうなるんだろう?
車で走ったら、フロントグラスが蛾で埋め尽くされたりして!

想像の中だけであってほしい・・・。

これも、人間への警鐘なのか・・・?

どうか、終わりが来ますように・・・。


スポンサーサイト
Posted at 10:33 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2014.06.20

久々の 作品展

そういえば、何人かに、
「子どもの森」でメッセンジャーを見ました!
と言われ、あ、そうだったと思い出しました。

前に一度お知らせしましたが、
メッセンジャーの物語風に、様々な場面設定をしたもの、
例えば、「うさぎのお月見」、「うさぎのパン屋さん」、「メッセンジャーの12月」、といったようなものが、
12コの展示ケース(結構大きいです)に収まっています。

実は私はまだ見ていないのですが、(写真では見ましたが)
スタッフの方が色々背景を作ってくださったのもあり、
なかなか見ごたえありです。

7月14日(月)までの展示ですので、ご覧頂けると嬉しいです。

「子どもの森」って子供だけでなく、大人でも楽しめるそうですね。
姪っ子(大人)が言うに、「友達が、よくピザを焼いて食べてくる」そうです。



それはさておき、もうひとつ、作品展が21日から始まります。
今日、搬入してきました。

DSC04802 (400x300)

今回で3回目。
雫石観光協会主催の 「雫石・滝沢・八幡平 陶工房展」です。
去年までは、八幡平は入っていませんでしたが、
八幡平で活動を始めた、若き女性陶芸家が初参加。



   ~ 雫石・滝沢・八幡平 陶工房展 ~

2014年6月21日(土)~29日(日) AM10:00~PM17:00

   雫石町観光物産センター  雫石銀河ステーション1F 

参加工房  北杜窯 七ツ森十喜工房 雫石窯 草風舎 陶來 長内工房  tamari 窯


新作、色々作りました。

DSC04805 (400x300)

夏の食卓を楽しくさせるようなものなど。

隣には、すてきな街が!

DSC04812 (400x300)

「グラムハウス」と言うそうです。
1個1個の重さをはかって、値段が決まるというもの。
な~るほど。

私は今回初めて見ましたが、すでに、人気の作品だそうです。
ひとつひとつ趣があって、1個でも2個でもちょっと飾ったら、そこはもうヨーロッパ。
じーっと眺めていたら、その街に入り込みそうです。

会場にはレストラン、食堂、産直コーナーもあるので、
ちょっとしたドライブコースにいいですよ。




Posted at 00:39 | お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2014.06.19

ぼくの このごろ

ごぜんちゅうは だいたいねてる。
やこうせいどうぶつ だからね。

おかあが あさのてれびをみてるころが よくねれる。
てれびとか らじおのおとがすると ねむくなるんだ。
DSC04777 (400x300)

ぼくのいばしょにも すっかりなれちゃったもんだから
つい きをゆるして ぱったりねちゃう。

DSC04779 (306x400)

しんでる! っておかあがよくいうけど
しんでるわけじゃないよ。
このたおるがさ あんしんするわけ。

きたないっていわないでちょうだい。
これも まえあしで ほったり ときどきは ひっぱってたべるよ。
へんなものたべるって にんげんはいうんだよ。

だって そうしょくどうぶつなんだからさ。

このごろのおきにいりは くず のはっぱ。
わりとあきないね。

DSC04793 (400x300)

くろーばーとか えだまめのはっぱとか まめか のしょくぶつはだいたいすきなわけ。
くずは ほっとくと そこらへんじゅう き までおおいつくすから
ぼくがたべてやると たすかるんだよ。

ぼくにさんぽさせついでに おかあは くさとりするから
ぼく さまさまってこと。

きょうは そとでは どくだみをたべた。

DSC04791 (400x300)

おなじのばかりじゃなく ちがうのをたべたいのさ。
どくだみも どんどんふえるから おかあはたすかるんだよね。

ただかわいいだけじゃないってこと。
DSC04787 (400x300)

ずいぶんやくにたつんだ。
ふん だって はたけのひりょうになるし。

めんどくさがらないで ちゃ~んとせわしてくださいよ!
ながいきできるようにね。



Posted at 23:21 | うさぎ | COM(0) | TB(0) |
2014.06.15

親子レク

きのうは「チャグチャグ馬コ」。
なんとか雨にあたらず、無事終わったのでしょうか。
ここは、時折雨模様でしたが。

昨日、今日は家の中がヒンヤリ。
温度計を見ると20度。
天然クーラー効きすぎ!?

湿気飛ばしも兼ねてちょっと薪をくべています。
お湯も沸くし。

きのうは、近所の小学校の6年生の親子レクで、工房に来てもらっての陶芸教室。
空手を一緒にやってる子もいるので、6人のうち、知らない子が何人かな~?
と、思ったら、今、空手をやっているのが2人、以前やっていた子が3人。
つまり、知らない子は1人。

おまけに、保護者の代わりに、高校生のお兄ちゃんが一人。
その子も1年生から六年生ぐらいまで空手をやっていた子。

小さい学校だから、よその親も子も家族みたいな感じなので、
和やかな時間でした。

DSC04764 (400x300)

高校生になったお兄ちゃん、空手に来ていた頃は、
いやでいやで、いつもふてくされていたのに、
弟が可愛くてしょうがないのか、昨日は、からかって馬鹿にしてばかり。
弟も、それが嬉しいのか、ニコニコ笑いっぱなし。

DSC04758 (400x300)

ともかく、6年生って、落ち着いてる。
1、2年の頃に会ったきりだった子達の成長も見られたし、
親、先生含みの13人、集中してるし、手も上手に動いてるし、
なんとも楽で、楽しい教室でした。
DSC04767 (300x400)

お皿、カップ、人形、ペーパーウエイト・・・
思い思いのもの、みなさん楽しそうに作っていました。




Posted at 10:01 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2014.06.08

この春、 大発生したもの

去年の夏は、大きなクスサン(蛾)の仲間のイモムシが大発生して、
栗の木の葉が音を立ててすっからかんに食べられましたが、
この春は、それとはまた別の蛾の幼虫が大発生!

写真は恐ろしいので載せません。

去年の秋、中ぐらいの蛾が、家の壁やら軒下、
はたまた、薪、そのへんに置いてあるあらゆるものに卵を産み付けているのを見て、これは大変!
見つけたものはすぐに削り落としましたが、
卵を覆っている茶色の綿のようなものの中にものすごい数の卵!

その、削り落とせなかったものから、出てきた出てきた!
初めは黒くて小さいけど、だんだん大きくなり、
今は、黒、黄色、オレンジが混ざった派手な姿。
木という木、草という草にいる、いる。

木の下を歩けば、枝から糸を垂らしてぶら下がっているから、
くっつかれないように気をつけなくてはならないし・・・。

一番の被害は、ブルーベリーの木。
葉っぱがどんどん食べられ、放って置いたら、丸坊主になりそうな勢い。

DSC04746 (400x300)

この木はまだ、勢いがあるからなんとかなりそうだけど、

DSC04747 (400x300)
こっちの木は樹勢が弱く、心配。
葉っぱがかなりまばら。

かくして、畑仕事の終わりの1時間ぐらいは、ひたすら毛虫取り。
そのへんの枝を箸にして、つまんでは落として踏み潰す。

1時間もやっていると、気分がゲンナリ。
小さいとは言っても、5分の魂。
それを踏み潰すのもなんかねえ・・・。

とは言っても、ただでさえ春が遅かったせいかブルーベリーの実の付きが悪いのに、葉っぱを食べられたら、
大打撃。

手がかからないからと植えたブルーベリーのなのに、
こんなに、手をかけたら、1粒、一体いくらになる?

この2日程、仕事に追われて畑に行ってなかったら、
毛虫を取る前と同じぐらい、また、いました。

そう、取っても、ほかの木、草からやってくるわけです。
気休めです。

それでも、見つけると取らずにはいられなくて、取り始めるとあっという間に1時間。
あとは見ないことにしました。

いいこともある。
梅雨入りは嬉しくないけど、雨のおかげでアスパラに勢いがついて、
太ーいのが結構伸びてました。
DSC04743 (400x300)

新鮮一番。
甘みがあって、美味しかったー!

Posted at 23:16 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |