2014.09.27

枝豆食べ放題

今日も清々しい秋晴れ!
おとといは久々に雨が降ったけど、またしばらく晴れが続くようですね。

こんなに気候のいい秋も、珍しいような気がします。
作陶、畑、薪割り。
作陶の時間がちょっと少なめのこのごろ。

畑では、枝豆が一番いい時期。
甘味がのって、ふっくら。
毎日、ボールに一杯分ぐらいもぎ取り、晩のおかずに(ほぼ主食?)。
毎日食べても全然飽きない!

野菜はとにかく、新鮮なものほど美味しいけど、
アスパラと枝豆は特に甘味が違いますね~。

これを知らない人に食べさせてあげたいものです。
来年、「枝豆祭り」でもやろうかな・・・。
収穫体験、もぎ取り、そしてゆでて、食べる。
ノンアルコールビールで。

枝豆は、肥料がいらないし、ハトと野うさぎに食べられなければ、
まったく手入れが要らない。

まず、種となる大豆をまくと、近くの電線にとまったハトがそれを見ていて、
残らず食べていきます。

その対策として、草が生えているところにまく。
そんなところにまく人間はいないので、ハトも見逃すようです。

無事、双葉が出て、本葉が出ると、野うさぎの番。
出たての本葉だけをきれいに食べていきます。

いくらうさぎ好きでも、思わず「ちっくしょう~!他に食べるもの、いっぱいあるだろう!うさぎさんよ~!」と、声が出ます。
畑に残っているのは、まさに竹串。
双葉も残っているけど、さすがにまた本葉を出すほどの余力はないようです。

そこで、ある程度の背丈にのびるまでは、草を取らないことにしました。
そうするようにしてからは、野うさぎ被害にあっていません。
枝豆より草が伸びたところだけはちょっと取りますが、あとはほぼそのまま。

草があると、台風や大雨でも、倒れたり、土が跳ね返ったりしないので、手がかかりません。
本などには、「倒れないように土寄せする」と書いてありますが・・・。

まさに動物たちとのちえ比べ。

かくして、無事、たくさん実をつけてくれた枝豆。
その残った葉っぱは、うちのうさぎの冬の食料。
外うさぎと内うさぎとの、この待遇の差よ。

DSC05136 (400x300)

束ねて屋根のあるところに干します。
無駄がないね~。
(ちなみに、葉を食べさせたあとの軸は、ストーブの焚きつけ!)



スポンサーサイト
Posted at 22:53 | 畑仕事 | COM(2) | TB(0) |
2014.09.21

オルガンの演奏会が終わって・・・

きのうは1年に一度のパイプオルガンの演奏会。(オルガンサークルの発表会)
この日に向けて、ここ1~2週間は、いつもよりはちょっと多めに練習をし・・・
無事、なんとか大きな失敗もなく終えることが出来ました。

今回は、ほかの出演者2名のアシスタント(譜めくり、ストップ操作)があったので、
そっちのほうがものすごい緊張でした。
1人はスケールの大きい難曲だったので、演奏の邪魔にならないように気を遣い、
しかも、音を瞬間的に変えるところが有り、そのタイミングの難しさ。

自分の曲は、今回は「G 線上のアリア」。
去年はちょっと難しい曲を選んで、いっぱいいっぱいだったので、
心の余裕が持てるくらいの曲にしようと。
と言っても、みんなが知っている曲は、間違いがわかりやすいだけに、
結構プレッシャーがあります。

でもまあ、2人のアシスタントが終わってからだったので、少しホッとして弾くことができました。
(それでもやはり本番は、少し指がヨレっとなって、危ない場面が!)

土臭い?土にまみれた普段の生活から離れて、
洗練された空間に身を置いて過ごした2日間(前日はリハーサル)。
物凄い緊張が続いたあとの充実感と開放感、そしてパイプオルガンの大音量に包まれた幸せ。

リフレッシュしたー!!!

そして、また今日は
晴れたので、薪割り。

近所からも、薪を切っている音が聞こえてきます。
ここで頑張っておかないとね・・・。

夕方は畑へ。

コルチカムが揃って迎えてくれました!

DSC05133 (400x300)

奥の林に、色付いたタラノキ。

この秋は、今のところ暖かめで、穏やかです。




Posted at 23:00 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2014.09.13

祝福の秋晴れ

今日は清々しい秋晴れの朝でした。

うさぎの餌を取りに外に出ると、かなり冷えたのか、
草は雨が降ったかのように朝露で濡れていて、
陽がカーっと当たったところからは、その露がまるで煙のように立ち上って蒸発していました。

何とも言えない自然の営みの美しい一瞬。

今日、姪っ子の結婚式があり、まさにその二人の門出にふさわしい快晴!
結婚式に出るのはかなり久しぶりで、ご馳走も楽しみ(そっちか!)。

各席には、姪っ子からのメッセージカード。

DSC05116 (400x300)

凝った作りの扇子のカードだな~と思って見ていたら、
どうやら、新婦の妹の手作り!
扇子の骨の一本一本、切ったのか~!
ご苦労様!

入場の時、頭に着けていた花冠は、
姪っ子と同い年の、わが娘からの手作りプレゼント。

DSC05109 (400x300)

よーく似合っていました。

娘が姪っ子から、それを頼まれたと聞いたとき思い出したのは、
二人が2~3歳のころ、おばあちゃんに作ってもらったシロツメクサの冠を仲良くのせて、撮った写真。

二人共嬉しそうな笑顔で、幸せな思い出だな~。
今、そんな遊びをしている子供って、いるのかな・・・?

披露宴の最後には、姪っ子のもう一人の妹のピアノ演奏にのせて、
親への感謝のメッセージ。

ピアノの生演奏だけで泣けるのに、それにのせてとはね~。
ジワ~んといい雰囲気になってお開きに。

二人の明るい性格と笑顔に包まれた、いい一日でした。


Posted at 23:58 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2014.09.09

お月見

あぁ~、なんて過ごしやすい気候なんでしょう。
畑にいれば、ちょっとだけ日差しが暑い時もあるけど、
それ以外は、暑くもなく、寒くもなく、まさにちょうどいい!
こんな気候が3ヶ月ぐらい続いたら、どれだけいろんなことが片付くだろう・・・。
家の中の掃除もしやすい、外の片付けもしやすい、
もちろん、粘土仕事も。

まあ、所詮、無い物ねだり。
ストーブに火が入るのも、時間の問題でしょうね。
せめて、この時期を無駄にしないようにしたいものです。

いつもの、高齢者施設の陶芸教室。
お月見に飾れるようにと、先月作ったのが、このレリーフ。
最近焼き上がり、早速昨日、持って行きました。

DSC05063 (400x300)

うさぎがもちつき。

こういう、可愛いのは、とても反応がよく、皆さん喜んでいました。
DSC05065 (300x400)
いい表情をしています。

で、「そう言えばお月見はいつでしょうね?」と、問うと、
施設のお兄さんが、「ラジオで、今日って言ってましたよ!」
おお!なんとタイムリーな!
というか、間に合ってよかった~。

そして、間に合わなかったのは、こっち。
小さな三方。

DSC05084 (400x300)

単純な形のようで、これが結構難しかったですね~。
でも、なんとか、皆さん、ちゃんとできましたよ。
お団子(見本)がのっているのなんか、ほぼ完璧!

先週から作ったので、間に合うわけがないけど、
お団子をのせればお月見用、
お供えをのせれば、お正月にも。
はたまた、かぶとを乗せれば端午の節句。

色々使えますね。
次回は、真っ白に焼きあがる粘土でお団子を作ります。
ついでにお供えも作っちゃおうかなー。



Posted at 00:52 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |