2014.10.31

ウフィッツィ美術館展

久々、東京に家族で行き、東京都美術館で開催中の「ウフィッツィ美術館展」を見てきました。
かれこれ2年前、本物のウフィッツィ美術館へは行ってきましたが、
何しろ、見るものが多すぎて、何時間も見ていると、もう、頭に入ってこなくなります。

その点、今回来た作品数ぐらいの規模だと、私にはちょうどいい量でした。
今回のメインの作品のひとつは、入口にも掲げられている「パラスとケンタウロス」。
「ビーナス誕生」で有名な「ボッティチェリ」の作品。

image1 (1) (400x400)

「欲望の象徴」であるケンタウロスを「知恵の象徴」である、女神パラスが押さえつけているところという事です。

そんな真面目な作品をなんと!

展覧会場の出口に、その「顔出しパネル」が!!!
ボッティチェリが見たら、何と言うだろう・・・。

でも面白いから、娘と顔出しして、パシャリ!
ジーッと見ている御夫婦がいて、かなり恥ずかしかったけど、
私がケンタウロスになりきって、「痛いよ~!」の顔。

image2 (273x400)

じーっと見ていた御夫婦も実は、撮りたくて見ていたんですね。
私たちの次に、そこにいたスタッフに撮ってもらっていました。

今までも、観光地で色んな顔出しパネルで写真を撮ったけど、
これはなかなか秀逸ですね~。

夫と私バージョンも撮ったけど、
この、原画→私&娘→夫&私をスライドショーにして見ると、笑いっぱなし!

展覧会を印象づけるという意味では、このパネルは大成功ですね。
スタッフに拍手!


スポンサーサイト
Posted at 01:01 | | COM(0) | TB(0) |
2014.10.19

りんごのおまつり2014

今年も、ミズサキノートの「りんごのおまつり」が近づいてきました。
可愛いDMが、届きました。

DSC05181 (400x300)

濃い青のチェック柄って、秋らしさを感じさせるものなんですね~。
とても新鮮な色使い、デザインに、いつも感心させられます。

りんごをテーマにしたいろんなジャンルの作品が集まるイベント。
もちろん、りんごやジュースの販売、その他、食べ物も色々あるようで、楽しそうです。
(残念ながら、まだ、行ったことはないのです・・・)

作品だけ、去年から参加させてもらっています。
今年は早めに考えて、第一陣は、既にダンボールに詰まっています。
その一部。

DSC04986 (400x300)


大きめマグカップと、カフェオレボウル。
カフェオレボウルって言うと、ちょっとおしゃれぶっているみたいですが・・・
ぶってみました。

ご飯茶碗、スープカップ、サラダボウル・・・と言うより、ちょっとひっかかりますから・・・。
まあ、何に使ってもいいということです。

第一陣、思い描いたものより、なかなかいい感じに焼きあがってくれました。
(めったにそんなことはない!)

そして、今、第二陣を製作中。
作業場は、まだ、かろうじてストーブなしで作業ができます。(今秋、暖かいんじゃないかな?)
寒い時は、薪割りで体をあたためつつ・・・。
(だいぶ上半身に筋肉がついてきたような・・・)


Posted at 14:18 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2014.10.12

人感センサー付きLEDランプ

我が家で、来客泣かせなのが電気のスイッチ。

何度も泊まっている友人でも、「あれ?どこだっけ?」なんてことも。

我が家のスタートはログハウスで、その後、何度も増築を繰り返したため、へんな間取りになり、
スイッチも普通じゃない場所についてしまいました。
しかも、ログハウスについてるスイッチカバーは、こんな不安定な感じ。
DSC05164 (400x300)

1番困るのは、工房を見にいらしたお客様や、陶芸教室の時。
トイレのスイッチです。

「扉をあけて、正面の壁の左の方にスイッチがあります・・・」
・・・と、説明しながら、「わかるかなあ・・・」と思っていると、案の定、
「えーと・・・・ん?あっ、わかりました!」

おまけに、やっとスイッチを入れても、ライトがすぐには明るくならないタイプだったので
さらに「あ、電気はだんだん明るくなりますので・・・」と、補足説明。

しかーし!これひとつで全て解決!
その名は「人感センサー付きLEDランプ」!

そんなのがあるとは聞いていたけど、
ふと、「そうだ!このトイレにつけたらお客さんに説明がいらないはず!」

DSC05165 (400x300)
まるで「目玉おやじ」。真ん中がセンサーかな?

早速、取り付けてみたら、「おおっ!」
点くのは扉をあけた瞬間。すごい!

便座に腰掛けながら電球を見上げ、「いやあ・・・ありがたいものを作ってくれたもんだな~」
と、感慨にふけっていると、「パッ」と一瞬真っ暗に。
「じっと動かないと、3分で消える」と、箱書きがあったのを思い出し、手を動かすとまた明るくなり・・・。

これは、別な説明書きが、正面の壁に必要だな・・・。

そして、約20年、毎日このトイレを使っている私、
出るときにスイッチを押しちゃダメだよ・・・と、自分に言い聞かせても、反射的に、ついスイッチを押してしまう。

出てから3分後に消えるのなら、すぐ消したほうが節電じゃないの?
と、ちょっと思ったり、でも、急な来客があれば、せっかくのセンサーライトの意味がない。

とりあえずはスイッチオンの状態にしておくことにします。

Posted at 22:42 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2014.10.07

もう、そんな時期?

今日、晩御飯を食べていたら、娘が「なに!これー!」
見ると、腕のところになにか付いている。
「ん?ゴミ?」  「虫だよむし!むし!」
と、よく見ると、枯れ草のようなものが、動いている・・・
「あ、確かに、虫だね・・・」 「取って!早く取って!」
ティッシュで取って、よーく見ると、フェルト細工の犬?

DSC05146 (400x300)

多分、ガの幼虫かな?
足がたくさんあるけど、頭を持ち上げていると、まるで犬。
これで、1、5cmぐらい。

DSC05149 (400x300)

枝豆もぎをしていると、こんな感じの、枝豆の出来損ないが、よくあるから、
それかな?と思ったら、虫とは。
ほんとに、動かなければ、糸くずか、ほこりくずか、枯葉にしか見えません。
服から取るまでは、真っ直ぐだったのに、なにかを察知したか、
とったら、頭上げたまま、動かなくなりました。
一体、何という虫なのか、ほんと、ここに住んでから、いろんな虫に出会います。

さて、お馴染み、高齢者施設の陶芸教室。
焼き物は、焼きあがるまでに時間がかかるので、早め早めに作らないと・・・
ということで、10月になったばかりですが、クリスマスリース。

ドーナツ状の土台を作って、その上にヒイラギの葉と、実などをのせて。
ヒイラギの葉は、私が型紙を作って行き、みなさんが手で薄く伸ばしたものにそれをのせ、
針(棒の先に針をつけた道具)で、1枚ずつ切り取ります。

先週は、それらのパーツを作り、きのうはそれを土台に貼り付け、
隙間に、実を作って、埋めていきました。

DSC05141 (300x400)

並べ方は、それぞれに任せたので、色々です。
実の大きさも色々。

今回の秀逸は、こちら。

DSC05142 (400x300)

実がそろって、葉の間隔も均等。(これには、私はまったく手を入れていません!)
確か、最高齢、95歳!
細かいこだわりがあって、いつも集中して作るので、
最後には、「は~疲れちゃった~!」

95歳ですもんね、そりゃ疲れるでしょうね・・・。
ご苦労様でした~!





Posted at 21:36 | 陶芸教室 | COM(2) | TB(0) |