2015.03.29

今年の目標

車で走っていると、そちこちでふきのとうが見られるようになってきました。
我が家も雪はまだたくさんあるけど、もしかしたら・・・
と思い、例年、フキの生えるあたりを探してみたら、
ありました!1個だけ。
早速、刻んで味噌汁にはなして・・・う~ん、これこれ!
いよいよそんな季節ですね~

もっとないかな~と探していると、ノウサギのフンだまり!

DSC05705 (400x300)

コロコロと、まるでちっちゃなマカロン!
ここにも、あ、ここにも!
いつ見ても、本当に可愛くて、どれも全く同じ形。
色は、藁の色。

お皿に並べてテーブルに置いたら、知らない人は絶対食べちゃうに違いない。
「新しいシリアルだよ」なんて・・・

ノウサギくん、こんな近くにいつも来てるんだね~。
たまには姿を見せて!

娘が、仕事帰りに、これまた春らしいお土産を買ってきてくれました。
水仙の練り切り。

DSC05710 (400x300)

しばらく眺めてから、もうすぐ咲く水仙を思い浮かべつついただきました。

そして、全く春らしくないもの。
毛糸のカーディガン。
今ごろ???ですが、やっと、編み終わりました~!

DSC05754 (400x300)

だいぶ前、自分の帽子を編もうとしてたところに、娘におねだりされてベレー帽を編んでやり、
その後、自分のを編もうと思ったものの、毛糸を見ると、結構な量があり、
これだけ揃っているのに、帽子を編んで、残りが半端になったらもったいないな・・・
なんて考えていて、無謀にも、カーディガンを編もう!と思ってしまったのでした。

仕事のあと、夜に少しずつ・・・と、まず、片袖編んだものの、その後置き去りに。
あ~、このまま、来年?それとも永久にそのままかも・・・

これまでの人生で、そんなことがしょっちゅうで、作りかけのいろんなものがあちこちに埋没。
これでいいのか?私の人生!

かくして、石垣島から帰ってきて、仕事そっちのけで、とにかく編みました。
思えば、これが編みたいな~と、本を買ったのが 大学生だった頃。
かれこれ〇十年。
そういえば、この本の作品を編みきったのは初めて!
洋服の本だったら、デザインが微妙に古くて、古い本はほとんど使い物にならないけど、
この本の作品は、わりとオーソドックスなのが多いので、まだまだ使える。

袖と身頃をヨークでつないでいく編み方は初挑戦。
編み込みもあって、編み目が緩かったりきつかったり、そこが編み物の難しさですね~。
でもなんとかサイズもよく、着ることができました!よかったよかった。

春近しと言えども、まだまだ寒いから、しばらく着られます。
編んでみてわかったこと。
ヨークのところに編み込みが入ると、糸がほぼ二重になるから、肩のところがあったかい!
伝統的なものは、やはり、実用性も考えられているっていうことですね。

今年の目標、「中途半端にしない」

これまで中途半端にしてきたものを、徹底的に片付けて行くぞー!!!






スポンサーサイト
Posted at 00:31 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2015.03.24

レモン?シークワーサー?

また寒さが戻り、雪が・・・どのぐらいつもるのやら・・・。
先週は、お隣さんの日当たりのいい斜面に、けなげにプリムラが咲いていたというのに。

工房に冬だけ置いている、ローズマリーのかわいい青い花も咲き、
2階の日当たりのいいところで育てている鉢ものも、新しい葉っぱが出てきたり、
春の兆しはいろんなところでちょとづつ感じられます。

ずーっと前、盛岡に住む友人の家で、鉢植えのレモンの木に、たわわにレモンが実っているのを見て、
あ~私も育てたい!と思い、やっと数年前、種を蒔きました。(気が長い・・・しかも貧乏性なので苗は買わない)

食べたレモンとシークワーサーからとった種。
案外すんなり発芽して、今はこのくらい。

DSC05703 (300x400)

肥料もさっぱりやってなかったので、貧弱。今年こそはあげて、早く実をつけてもらいましょう。

どっちがレモンでどっちがシークワーサーかはわからないけど、
実ればわかるってことで。

何日か前、水やりをしていて発見!
片方の鉢から、新芽!

DSC05701 (400x300)

なぜ今ごろ?
多分、去年のいつか、レモンか何か食べた時に蒔いたのでしょうね。
気温が少しずつ上がってきて、そろそろいいかな?って出てきた感じ。

先々月、香川出身の友人から、庭で採れたというレモン(もちろん無農薬)をたくさん貰い、
料理にちょこちょこ使ったり、ざくっと切って、皮ごとそのまま食べたり・・・
レモンがそこあるだけで、すごくぜいたくな気分でした。
あ~、早くそうなったらいいな~。







Posted at 00:55 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2015.03.17

石垣島 Ⅱ

石垣島から帰ってきて、やっと落ち着いてきました。

行く前も盛りだくさんだったけど、帰ってからも同様で、
今日は、雪をせっせと運んでは溶かし、しながら、旅の後始末。

石垣島で描いたブログ、帰ってきてから見て、大笑い。
文章は私がケータイで書いて、娘のスマホに送り、写真は娘が撮ったものを適当にいれてもらいました。

巨大なマングローブの実になっていて、なにやってんの?と、みなさん思われたことでしょう。
さっき、写真を差し替えましたので、よろしければご覧下さい。

石垣島も、こちらと同様、寒の戻りだったようで、
行ったあたりは20度弱。
後半はなんとか天気も回復して、25度ぐらい。
海に足を入れることが出来ました!


後半2日は、ほぼ自由行動だったので、ホテルのビーチを散歩したり、
ゆっくりと車で回ることができました。
DSC05586 (400x300)

DSC05592 (400x300)

川平湾では、グラスボート(船のそこにガラスがはめ込んである)に乗って、
サンゴや熱帯魚観察。
ただただ、自然の美しさに見入っていました。

DSC05646 (400x300)

DSC05645 (400x300)

20人ぐらい乗っていた中に、最初から最後まで突っ伏していた夫婦がいて、(しかも真ん中に!)
多分、具合が悪かったのでしょうね~。
乗ってから出発するまで結構時間があったので、降りることもできるのに・・・なぜ?

このぐらいの船で具合が悪くなるなら、飛行機は大丈夫なのかな~?

川平湾。
快晴ではないけど、まあまあ晴れたので、海も青くなってきました。

DSC05651 (400x357)
沖縄へ行って知ったけど、真っ青な海って、晴れないと見られないんですよね。
今回はそんな真っ青な海は見られなかったけど、
十分、きれいでした。

ランチを食べた素朴な民宿兼食堂(普通の民家)の柱の土台には、サンゴ!
DSC05639 (400x300)


最終日、朝食のあと、名残惜しそうに南国の空気に浸る、父と娘。
DSC05664 (400x300)

寒かったり暑かったりの石垣島に、体がついていけなかった私は、
帰ってきて、冷え込んでいる家ですっかり体を冷やし、
風邪をひいてしまいましたとさ。
どんとはれ。


Posted at 16:44 | | COM(0) | TB(0) |
2015.03.12

ちょっちゅね

突然ですが、石垣島に来ています。



真冬の大雪の(多分)岩手山麓を脱出して、ポカポカの南の島へ~!
と思ったら、予想外に涼しく、着ていたものを一枚も脱ぐことなく過ごしています。
Tシャツにサンダルかな~?と思ったら、サンダルは出番がなさそう…。

でも、ハイビスカスにブーゲンビリア、民家の庭先や道路端には花がたくさん。

モノクロの岩手山麓からきたので、穏やか~な気持ちになります。




レンタカーでゆっくり走り、まずは「白保」のサンゴの浜へ。

DSC05538 (400x300)

浜の砂というか、石というか、すべてサンゴ。

DSC05533 (400x300)

アクセサリーなどにできそうなものを物色。
自然の造形は不思議だらけ。
半日ぐらい居ても飽きなさそうです。

二日目の今日は、八重山めぐり。

石垣港の、具志堅さんの銅像のあるところから高速船に乗って…。

DSC05543 (400x300)

昨日、たまたま「秘密のケンミンSHOW」を見てたら、なんと、沖縄と石垣島!
まさにその具志堅さんの銅像が出てきて、なんとタイムリーな。

まずは西表島のマングローブ林がみられる川を上っておりて…
DSC05546 (400x300)

水牛車で由布島へ海を渡り…

DSC05555 (400x300)

竹富島では水牛車で島内をめぐり…


サンゴの塀と赤い瓦屋根がのどか…


夕方、石垣島に戻って、カヤック初体験!

小雨模様、風も強めで、やる、やらないは自由ということでしたが、とりあえず挑戦。

この時期だけみられるというマングローブの実を是非探してください、と、
インストラクターさんに言われたので、探してみると・・・
まずは、つぼみ。
DSC05628 (400x300)

DSC05627 (400x300)
そして、つぼみとちっちゃい実。
DSC05626 (400x300)

なんとも不思議な形!
その後、強風の中、仮設テントでバーベキュー。

ツアーって、容赦ない。


盛りだくさんな1日でした…。

ツアーは体力が必要。
明日は自由行動なので、ゆっくりできるかな~。
Posted at 22:47 | | COM(0) | TB(0) |
2015.03.04

3月は 冬。

日々の作業をただただこなしていたら、
もう、ひな祭りも過ぎ。
ちょっとは春めいてきたかな・・・と思ったら、
今朝はまたドカ雪。
DSC05515 (400x300)

どこもかしこも真冬。
DSC05517 (400x300)

重い雪は、春の近づきの証拠とは思うけど・・・。
まあ、春は急にはやってこないですからね。

すっかりブログをほったらかしにしていましたが、
ちょっとまとまった量の注文があったので、
せっせと仕事に励んでおりました。(ほんと。)

この「ティバックトレー」2枚セット。

DSC05513 (400x300)

箱に入れて欲しいとの事だったので、箱を注文し、箱の組み立てなぞも・・・。

DSC05511 (400x300)

こういう作業は、まあ、嫌いではないですが、
この箱、案外、折り目をつけるのに力が要ります。

こういう作業をやっていると、昔、母の実家で、よくお盆の頃、
砂糖の箱を組み立てたのを思い出します。

お盆の時、砂糖が仏様のお供えものに使われるため、
田舎の商店だった母の実家では、それを買いに来るお客さんがいました。

2キロの箱には、1キロの砂糖の袋を重ねて入れ、
3キロの箱の時は、最初に一つの砂糖をギュッとつぶして、奥に詰め、
次に2袋を重ねて入れる。

そのほかにも、野菜の重さを計って袋に詰めたり、
その袋に、当時最新だった「巨大ホチキス」のような機械で、
値段シールをガチャンガチャンと貼ったり・・・
ほんとに色んな仕事がありました。

小学生なりに、頼りにされている嬉しさもあったり、
そんな、一つ一つは、人生にすごく役に立っていると思いますね~。

今の子供たち、いや、私たち世代でさえ、こんな体験はほとんどしてないですよね・・・。
手を動かし、頭を使い、そんなことがすっかり減ってしまったから、みんなボケちゃうんじゃないのかな~。
と、つくづく思う、このごろです。





Posted at 12:40 | 日常 | COM(0) | TB(0) |