FC2ブログ
2015.09.24

シルバーウィーク

シルバーウィークも終わり、平日に戻りましたが、
今日は娘が仕事が休みだったので、なんだか、まだ連休が続いているような錯覚に・・・。

私の連休は、パイプオルガンの演奏会に始まり、いつものデイサービスの陶芸教室、
そのほかにも陶芸教室が2つあったので、ごく普通に働きました。

デイサービスで最近作ったもの。
秋をイメージした置物。
DSC06373 (400x300)

きのこが生えた山を台にして、とんぼともみじを飾りました。
きれいに紅葉した葉っぱもあるし、とんぼも色とりどり。
DSC06374 (400x300)

トンボを刺した竹串に弾力があるので、ちょっと揺らすと、トンボが飛んでいるみたいで、
なかなかいい感じです。


工房での教室では、3人のグループでしたが、「何を作るかきめてきましたか?」の問いに、
一人は「周りにご飯粒がついたご飯茶碗」、で、もう一人が、「きのこ」。

こういう、ありきたりじゃないもの、楽しいです。

で、お茶碗はこれ(ピンボケスミマセン!)
DSC06380 (400x300)

結構、米粒に時間がかかって、時間が足りなくなりそうだったので、後半、米粒を作るのを手伝いました。
力はいらないんだけど、こういう作業が、テニス肘にちょっときつい。
指がつりそうになります。

「きのこ」は破れたもの、落ちたもの、傘にどんぐりがのったもの、きのこの妖精・・・
もう、きのこを飾る場所を作ってきたそうな。

DSC06379 (400x300)

とにかく「I♡きのこ」という感じの若い女性。
帰りに、我が家の「きのこスポット」を案内すると、私よりきのこを見つけるのが早い!さすが!
そして写真をスマホでカシャ、カシャ。
なんだかその映ったきのこの画面を見ていたら、愛着が湧く気持ちがちょっと分かりました。

なんと、私の目に入らなかった、大きなハツタケを見つけてくれました。
ハツタケは知らないと言うので、それは我が家の晩の味噌汁に。

食べるのが目的ではなく、姿、形がかわいい!ということなのでしょうね。

確かに、きのこって面白い形、色、たくさんありますからね~
同じ種類のものでも、大きさが違うとまるっきり別物に見えることもあるし。

今年、ハツタケ、2度目の発見。ちゃんと探せばもっと取れるんだろうな・・・。


スポンサーサイト
Posted at 23:38 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.17

栗か、焼き物か、それともオルガンか・・・

栗のピークは過ぎたようですが、サーっと拾って歩くとすぐにボールに1つぐらい取れます。
それを今日も軽トラの荷台で干し、手に負担のない程度むいて栗ご飯に。

いろんな人に配って歩いてるけど、また、ちょっと貯まってきたのでどこかへ持っていかなくては・・・。
今日、木を見上げたら、まだまだ緑の、開いていないイガがたくさん付いていました。
欲しい方はどうぞ来てください!差し上げますよ~。

今年は収穫時期が長いのかな?

例年、この時期は、栗の始末をするか、焼き物をするかのせめぎあい。

そこに5年前からパイプオルガンが入ってきたから、これまた悩みの種。
今年も、今週末、19日に演奏会があるので、練習か、焼き物か、栗か・・・。

去年は諦めた衣装作り、今年はなんとかできました。
布は去年のうちに買っていて、型紙も実家へ行ったとき、
母が買っている雑誌についていたものをもらっていたので、とりかかりさえすれば・・・。

DSC06372 (300x400)

でも、そのデザイン、思ったよりふっくらした人向けだったのか、ちょっとイメージと違っていて・・・
ツメが甘かった~。残念!

直したいところだけど、演奏が「残念」にならない方が大事なので、、その時間は練習に。

例年通り、この日は「パイプオルガンDAY]と言って、
丸1日、オルガンに関する参加型のイベントをやっていますので、
興味のある方は是非どうぞ!
(詳しくは、盛岡市民文化ホールのホームページを!)

第15回チラシ表2_RGB (285x400)
第15回チラシ裏3_RGB (285x400)







Posted at 00:33 | オルガン | COM(0) | TB(0) |
2015.09.13

秋の食卓

おとといの最悪な湿度。
週1度の空手の練習の日、いつものコミュニティセンターの床がギトギト。
あんな床の状態は初めてでした。

化学モップで掃除しているから、ただの湿気じゃなく、油っぽい湿気。
練習が終わって、足の裏を見たら、いつもはホコリが付くだけなのが、
ホコリと油が混ざって黒ーいポツポツ。うへ~!

打って変わって、きのうの朝のカラっとした秋晴れ!
1日でこんなに湿度が変わるとは・・・。

おかげでやっと、栗をお日様で乾かすことができました。
きのうの収穫、12kg。

DSC06362 (400x300)

軽トラの荷台が日当たり良く、黒いマットも敷いているのでちょうどいい。

これで全部じゃないですよ。

これも。
DSC06363 (300x400)

今日、窯を焚いたので、その余熱で乾燥。
火は入らないけど、虫が死ぬぐらいの温度かな~と思ったけど、
場所によって、糞がパラパラと出ていたので、生き延びたやつもいたようです。

でもまず、これでカビてダメにすることも、虫が成長することもなく、しばらく置いておけるでしょう。

そして、今シーズン、既に3回目の栗ご飯。(この時期、2日に1回は栗ご飯かな~)

DSC06369 (400x300)

お隣から立派な松茸を戴いたので、お吸い物。
昨日作った、ナスとみょうがの浅漬。
松茸、新鮮なだけあって、香りが強く、切っただけでいい香りがその辺中、漂ってました。

まさに秋の食卓。

食後にはゆでた栗。

さーて、明日は何キロ取れるのやら。


Posted at 00:14 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.11

手編みバック

夏のある日、ふと、「あー、麻か何かで編んだバックが欲しいなー」と思い、
手芸用のビニール紐なら、編みやすいし、軽くていいかなと、手芸屋さんに行って見てたものの、
思いのほか高く、これじゃあ、出来たものと、そう変わりのない値段になってしまうな・・・と、思いとどまり。

数日して古着の整理をしていて、いい物発見!

古ーいレインコート。薄くて、防水だし、布自体が結構丈夫。
「裂き織」ならぬ、「切り編み」。
大体同じ巾に切って、かぎ針でこま編み。
DSC06331 (400x300)

ひたすら切っては編み、つないでは編み・・・。

結構大きなレインコートだったので、まさか全部は使わないだろうな~と、思っていたら、
ギリギリ。最後の頃は、短いものもつないで、ほんとに捨てる部分がないぐらい、きれいに使いました。

持ち手のあたり、端が少し汚いので、似た色の麻紐でふちかがり。

DSC06349 (400x300)

できたー!
DSC06352 (400x300)

細い編み針だし、布はちょっと固くて力が必要で、まさに「テニス肘殺し」

夏が終わったことだし、来年にするか・・・?とも思ったけど、
私の今年の目標、「中途半端にしない」を 
もうひとりの自分が何度もつぶやき、頑張ってしまいました。

そして、これが終わったら、栗の時期が始まり、
毎日、保存の為に「栗むき」。

右腕が悲鳴!

DSC06353 (400x300)

本当は、こんなふうにうさちゃんを入れて持ち歩きたいけど、
「怪しいおばさん」になるよね・・・。



Posted at 00:44 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.08

花咲爺さん?

先日、外仕事のあと、体をほぐしに夫と近くの温泉「ユートランド姫神」へ。

3ヶ月ほど前から右肘が痛み、時々お世話になっている治療院へ行くと、「テニス肘だな」と言われ、
色々と調べて、なんとか自分で直そうとしているものの、なかなか良くならず・・・。
たまには温泉であっためてくるか・・・と。

温泉が心地いい季節になりましたね~。

温泉から上がって、産直コーナーで買い物をし、出口へ近づくと、
知らないおじいさんが何か話しかけてきました。

「えっ?」と聞き返すと、「このまま家へ帰りますか?」と。(夫は2度目も何を言ってるか、わからなかったらしい)
「今日、イオンで花の品評会があって、最優秀賞をとってきたんです。せっかくだから、皆さんに差し上げようと思って・・・」
と、真っ白なトルコキキョウを1本くださいました。

多分、初めはごっそりあったのでしょう、残り僅かになっていました。
何の張り紙もなく、おじいさんとおばあさんがいて、一応、花瓶に生けたものもひっそりと置いてありました。

突然のことに、ただ、「あ・・・、ありがとうございます・・・」というのが精一杯。

早速帰って花瓶を選び、生けてみると、
確かにたった1本なのに、花がたくさんついていて、見事です。
DSC06343 (400x300)

その後新聞を見ていたら、全農いわて主催の花の品評会が、イオンであった記事が出ていました。
これだったんだな・・・。

花だけでなく、おじいさんの人柄も最優秀賞ですね~。
やはり、花に対する愛情が、きれいな花をさかせてくれるのでしょうね。

体も心も温まった温泉でした。


Posted at 01:35 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.02

フェンネルシード 収穫

梅雨に雨が降らなかったのを取り戻すかのように、
このところ、曇り空、雨が多いですね。

おかげで、相変わらず畑の草を少し刈ると、ツルッと茶色の「らくよう」が顔を出し、
このところ、毎日、きのこ汁。

さすがに、続きすぎるのも・・・なので、
こんどは大根を買ってきて、おろし和えにでもしましょう。

でも、畑の草をむやみに取らないのは、やっぱり得です。
そのおかげできのこは生えるし、雨が降っても土の跳ね返りもないし、
強い雨や風で、枝豆のように立っている作物が倒れるのを支えてくれるし。
雨が少ない時でも、乾燥を防いでくれるし・・・
いいことずくめのはずなのに。

少し降りていったところにある貸し農園では、
「草を生やしっぱなしにするような、みっともないことはやめましょう」という決まりがあるそうで、
そこの方々が私の畑を見たら、絶句するでしょうね~。


今年私の畑でNo.1の成長を見せてくれた、「フェンネル」。
DSC06326 (400x300)

その後もぐんぐん成長し、種もしっかり充実してきたので、
ちょっと早いかなと思いつつ、少し、収穫してみました。

DSC06328 (400x300)

せっかく充実してきた種の汁を吸う、不届きものがウロウロしている事もあり・・・
DSC06325 (400x300)

今まで見たこともない、「カメムシ」。
赤と黒の縦ジマ。まるで、サッカーのレフェリー。
なんでこんな目立つ色をしてるのか・・・?
人参などセリ科の植物につくらしい。カメムシだけど、臭くはないそうですが・・・。
この裏(腹)がまたビックリ。黒の点々だらけ。さすがにちょっと気持ちわるいので、写真はカット。

種のついた茎ごと切り取り、ほんとは束ねて吊るしておくのがいいけど、
すでに、ポロポロ落ちるので、茎ごと紙袋に入れて、吊るしました。

もう、部屋中フェンネルのいい香り!

久々に、ハーブの本を引っ張り出して読んでみたら、
葉、茎をスープで煮込んでもいいし、もちろんハーブティ、ピクルス、料理に幅広く使えて、
消化を助け、「痩せるハーブ」と言われていると!

こーれは利用しない手はない!
早速、スペイン風オムレツ(フライパンで野菜などに火を通したあと、卵を流し入れるだけの簡単なもの)に、
パラッっと種を入れてみたら、なかなか新しい味でアクセントになって良かったです。

娘に「痩せるハーブだってよ!」と言うと、
テレビで「警察24時」とか「相棒」を好きでよく見ている娘、
「それ、キティちゃんの袋とかに小分けにして入れて持ってると危ないよ!」

「うちではハーブを栽培しています」っていうのも、うかつに言えない世の中になってしまったのか・・・


Posted at 14:47 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |