2015.10.29

ただいま!

あれっ?
ここにいるのは???
DSC06453 (300x400)

DSC06462 (400x300)

ぼくのにせもの!

ぼくがたびだつずっとまえに おかあがつくったんだけど
かまからだしたら われてたんだよ
「すやき」のときね

そんときは ぼくがまだいたから
「またつくればいいや」って いっかいすてられるところだったんだ

でも なんとなくおきっぱなしにしてたら ぼくがいなくなちゃったもんで
ばらばらのをそのまま「ほんやき」したんだね

バラバラのままやくと ずいぶんかたちがかわるんだって
それで くっつけるのがぴたっといかないみたい
だから ちょっとずれたところを 「ぱて」っていうのでうめたらしいよ

DSC06459 (400x300)

じかんがかかるから これまたしばらく ほったらかしになってた
やっと ちょっとじかんができたから くつけたんだね

かれこれ はんとしがたったよ

ぼくはさ ときどきここにきてたんだけど
みんなにはみえないからね 

でも にせもののぼくがいると みんなにせもののぼくにはなしかけるんだ
 
そんなにはなしかけられると あんまりあちこちにいけないんだよね
ま しかたないか ぼくもここにながくいたから 
なんとなく ここがおちつくよ

もうちょっときれいにしあげてほしいな~


スポンサーサイト
Posted at 01:04 | うさぎ | COM(0) | TB(0) |
2015.10.20

りんごのかごとキノコ

日に日に気温が下がってきましたが、まだまだ過ごしやすい気温で、ありがたいです。
例年より、少し、秋を楽しむ時間が取れているような気がします。

なぜ?
薪割りをしていないからかな?
腕をいたわるために。


今日、夫が「ごめん・・・」と言って外からバケツをもってきました。
中に入っていたのが、これ。

DSC06432 (400x300)

いや~、ほんとに今年は「らくよう」大豊作。
洗って、切って、湯がいて、瓶に詰めて、醤油を入れて・・・
の一連の工程をすべて教え、やってもらいました。
やってもらえれば、別に謝る必要なし。
(何度も言いますが、らくよう写真、決して使い回ししていません!)


最近のデイサービスでの陶芸教室の作品。

「秋」ということで、「りんご&かご」。
りんごには穴を開けておいたので、焼けてから、ちょうどいい紙の紐を見つけ、差し込みました。

DSC06427 (400x300)

ラッピング等に使えると思って、紐やリボンは取っておくのですが、
軸にぴったりの色、太さの紐を見つけると、嬉しい!

着色はいつも通り、色鉛筆。

DSC06429 (400x300)

この方は、きれいに縦に塗っていったので、なかなかリアルなりんごです。
下の方は少し薄めに塗ったので、本当に、「さんさ」か、「ふじ」のようです。

いつも何を作っても、原色でカラフルな方あり、複雑に色を混ぜる人有り、
不思議な線を描く人有り。

別に、これが「正解」ということはないので、
とにかく、楽しい時間を過ごしてもらえれば。

完成したものを見て、いつも、「ほんとにかわいいね~」と嬉しそうに言ってくださる方がいて、
こっちも嬉しくなります。


こちらは工房での教室の焼き上がり。
焼く前のきのこ、前に載せましたが、色をつけて焼いて、完成したものがこちら。

DSC06414 (400x300)

舞茸の横にねずみがいたり、かわいいキノコ坊やがいたり、
キノコワールド、全開です。

こちらはその時、一緒に来た、中学生か高校生の男の子。
渋い!

DSC06413 (400x300)

皿ができたので、「何か絵を描きますか?」と、聞いたら、
もみじが描きたかったんだけど、形を忘れた、というので、
外からは葉っぱをとってきてあげて、型押し。

揃いの箸置きと。

これは、ご馳走が映えそうですよ。

使ってくれているかな~



Posted at 22:25 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2015.10.15

写真立て

粘土って、いろんな形が自由自在にできるから、
焼成さえクリアできれば、焼き物は本当にいろんなものができます。

ちょっと難しいのは、焼き上がりのサイズがシビアなもの。
作った時の大きさより焼いたあとは縮むので、それを計算するわけですが、
ちょっとした温度や、粘土の水分の違いで、1ミリ、2ミリは変わってくるし、
他にもいろんな要因があります。

今回のお客様からの注文も、焼いてみるまでどうなるか・・・ちょっと心配でしたが、
まあまあ、なんとか・・・の範囲かな~。

写真立て。
出産のお祝いに、写真立てをプレゼントしたいとのことで、
サイズは、はがきサイズが入る大きさ。

はじめ、横に隙間を作って、スライドさせて写真を入れたいとのことでしたが、
それは、多分、焼いた時に隙間の上側の部分が垂れ下がってしまうので、
お断りし、写真を少したわませて角が引っかかるようにしました。

DSC06418 (400x300)

焼けてみて、色はまあまあ、歪みもほとんどなく・・・
問題の写真のサイズに合うか・・・は、写真を入れてみて、上下に1~2ミリの隙間。
でも、左右と角はちゃんと引っかかるのでまあまあってところでしょう。

DSC06419 (400x300)

上には紐を通す穴を付け、裏には棒を挿す穴を2箇所。
斜めに立てかけることができます。

名前や、生年月日、体重などを入れ、飾りつけをして。

この、素晴らしいお名前は、イタリア人と日本人のハーフとのこと。

さて、イタリアのおうちに飾ってもらえるでしょうか?






Posted at 01:09 | 作品 | COM(0) | TB(0) |
2015.10.09

来年の干支

まだ、10月上旬というのに、なんと、「森のメッセンジャー」の、来年の干支ができました!(早い!)
いつも、早く作らなきゃな~と思いながら、結局、完成が12月の下旬になってしまうのですが・・・

来年はおさるさん。
おさるさんといえば、まあ、これでしょう。

DSC06405 (400x300)

みざる きかざる いわざる(写真の並びは違っています)

先日、盛岡の月刊情報誌、「アキュート」の取材があり、来年の干支を載せたいということだったので、
急遽、試作。(まだ焼いてないので、色は変わります。)

試作でしたが、これでなかなか可愛いので、決定!
あとは量産するのみ。
セットモノにするか、単品にするか・・・。
両方かな~。

ちなみに、「言わざる」は、メッセンジャー失格です。
(え~!そんなー言い方しなくても~!)

油断していると、これがあっという間に12月になっていたりするので、
こころして取り組むべし。

おまけ。
先日畑の近くで発見した「コケ」があまりにも綺麗で・・・。

DSC06399 (400x300)

太陽光が当たって、光っていました。
この、パヤーっとした糸状のもの、いわゆる「苔の花」というそうですが、もちろん花ではなく、
「胞子のう」と言って、胞子を蓄えるところらしいです。

なんと、コケって、「雄株」と「雌株」があるって!
この、「胞子のう」があるのは、「雄株」だそうです。

知らなかったー!!!

自然・・・不思議です。



2015.10.05

またまた らくよう

おとなりさんへ、生協の共同購入の注文書を持って行った帰り、
そういえばこの辺で、きのこが大量に取れたと夫が言っていたな・・・と思い出し、
草をかき分けて見たら、あるある!
あ、ここにも、そっちも!(いつもの「らくよう」です)
DSC06387 (400x300)

やや、虫が入り気味だけど、まずまずの状態。

DSC06388 (400x300)

早速家に戻り、ボールと鎌を持ってきて取り始めたら、あっという間にボールがいっぱい。

もっと探せばもっと取れそうだったけど、始末するのも大変だから、そこで終了。

今回のNo.1きのこは、これ。
DSC06393 (400x300)

まるで、なめこのような出で立ち。
出たてで、このきれいなヌメリ。
色もきれい。

草や土を流し、すぐにさっとゆがいて・・・
DSC06390 (400x300)
結構アクが出るので、こうして冷凍しておけば、いつでも汁物に使えて便利。

DSC06397 (400x300)

左が冷凍用、あとの半分は、そのまますぐに食べる用に(下)、残りは、思いついて、醤油漬けに(ビンの方)。
ただ、きのこが隠れる位、醤油を入れただけ。

夕飯の時、試しに醤油漬けを食べてみたら、ちょうどいい味の馴染み具合でした。
プリッとしてトロッとして、いい食感。

夫 「あー、これ、大根おろしで食べたい~。あした、大根おろし買ってこよっと!」
さすがに大根おろしは売ってないよ・・・







Posted at 00:09 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2015.10.02

謎が謎を呼ぶ

気候はまさに秋らしくなってきました。
朝、くっきりと晴れた青空が窓から見えて、
さあ、今日は何からやるかな・・・と、気分良く起きる。

今日もそんな朝でしたが、夕方からは久々にひどい雨。
台風じゃないのに、「強い雨と風に注意!」って、どういうこと?と思ったら、
この前、沖縄地方を通り抜けた台風が、ひどい低気圧になってブーメランのように戻ってきたとは!

いよいよ10月になり、岩手山にも初冠雪。
今年も終盤ですね~。
畑仕事も、収穫が中心で、あとは草刈や、ブルーべリーなど果樹の剪定、
夜、部屋を暖めるために、枯れ枝を段ボール箱に集めたり・・・

相変わらず栗を拾い、干したり食べたり。
ストーブを焚くようになったので、焼き栗にしたり。(これが最高!)

栗を拾っていると、きのこが見つかり、
先日はすごい量取れていました。(夫が収穫)
気が付けばみょうがもコロンと太ったのがいっぱい。
夏は雨が少なかったからあまり取れなかったけど、秋になったら、雨のおかげでこの通り。

DSC06383 (400x300)

汁物はもちろん、サラダに入れたり、浅づけに入れたり、この時期の楽しみです。


さて、以前のブログで、我が家の玄関に置いている寄せ植えの鉢から、
謎の花が出てきたことを書きましたが・・・

DSC05972 (400x300)

名前、分かりました!
Phyteuma scheuchzeri フィテウマ シェウキツェリ
または
Phyteuma betonicifolium フィテウマ ベトニキフォリウム
多分、このどちらか。
なんと、アルプスの花でした!

見つけたきっかけは、吉田 愛さん(盛岡市民文化ホールの前オルガニスト)のブログ。
イタリア在住の愛さんが、近くの山へ散歩に行った際に撮った写真を見ていたら、
ん?なんか似ている!
写真がちょっとモヤ~っとしていたので、愛さんに尋ねたところ、
多分アルプスの花で、Googleで調べれば出てくる、とのこと。

早速見てみたら、あー!!!これこれ!!!
我が家の鉢の中では1本でしたが、現地では1株からたくさんの花が出ていました。
色も薄いのから濃いのまで。
モヤモヤが晴れて、すっきりしました。

が、新たなモヤモヤが。
一体どうして、玄関の鉢から急に出てきたのでしょう?

アルプスということは、かれこれ7年前にオーストリアに行ったとき、服にその種がくっついていて、
帰ってきて、偶然鉢に落ちて、年月を経て発芽?
それとも、3年前にイタリアへ行ったとき?

果たしてそんなことが?


謎。



Posted at 01:38 | 季節 | COM(12) | TB(0) |