2015.11.26

干し大根、冬の始まり。

白いものが落ちてくるのも時間の問題と書いた、その翌日、
やっぱり落ちてきましたね~。
(タイミング、良すぎ)
ここだけかと思ったら、盛岡でも降っている映像がニュースで流れていて、
「あ、そうなんだ、」と、なぜか安心。

幸い、積もるほどではありませんでしたが、
急に気温がぐっと下がってきたので、いつ積もってもおかしくはない状況に・・・
(なんて書くと、明日、もっそり積もってたりしてたらやだな~)

先日干し始めた大根1本、半干しぐらいになったので、
DSC06516 (300x400)

カビないように、早速ハリハリ漬けに。
結構大きかった1本の大根が、こんな瓶、1本分に変身!
DSC06518 (400x300)

さっと洗って軽く絞り、瓶に入れたら、つゆをひたひたに入れて、一味唐辛子をパラり。
昼に漬けて、夜にはちょうど良く味がしみていました。
歯ごたえがあって、味もちょうどいい!

また、もう一本干そうかな~。

急に気温が冬仕様になったので、
工房も冬仕様に。
窓枠にビニールを貼り付け。
DSC06519 (400x300)

ついでに、窓と、窓枠を掃除。
これで、かなり、保温効果アリ。

ああ、いよいよ長~い冬の始まりか~。

   「負けるな!」

スポンサーサイト
Posted at 23:49 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2015.11.23

自分で野菜を作らずとも・・・

比較的暖かな秋が続いていますが、
白いものが落ちてくるのも時間の問題。

雪が降ってしまったらもう、畑仕事はできないから、どこでも収穫作業が忙しい。

そして、そのおこぼれが!!!

このところ、野菜はほぼいただき物で間に合っています。
ありがたや~。

実家からの里芋に始まり、お隣さんからさつまいも、
いつも髪をカットしてもらっているご近所さんから、じゃがいも、にんじん、(髪を切ってもらったうえに野菜まで!)

また別のご近所さんから、白菜、人参、

書道を教えてもらっているご近所さんから、大根、きゃべつ、(教えていただいているほかに・・・)

陶芸教室の生徒さんから、珍しい紫の水菜、

DSC06507 (400x300)
そしてほうれん草。

作品を置いていただくことになった雑貨屋さんから、ごぼう、
DSC06508 (400x300)


夫が知り合いから、白菜と柿・・・(まだまだ続く・・・)

とまあ、ここ2~3ヶ月、こんな感じで、それも、ちょうどいい具合にいろんな種類をいただいているので、
最近買ったのは玉ねぎぐらい。

我が家の畑にも一応、春菊、長ネギ、大根ぐらいはありますが、収穫する必要がない。
(収穫するには貧弱というのもあるし)

そして今日いただいたのは、大根5本にごぼうが5本。
DSC06510 (400x300)

葉っぱ付きの大根なので、葉っぱは、油揚げ、ちくわ、小女子で煮浸しに。
前のごぼうはピクルスにしたので、今日はゆでてツナ缶と混ぜて、サラダ。
DSC06515 (400x300)

大根1本はなんとなく、切って干してみることに。

DSC06512 (300x400)

外に干そうかと思ったけど、ふと、思いつき、サーキュレーターの上のあたりにおいてみました。
思いっきり風が当たっているから、きっと早く干し上がるのでは?

干し上がったら、ハリハリ漬けにしたいな。

もらいもの、万歳!
田舎暮らしはいいね~。



Posted at 02:08 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2015.11.16

りんごの収穫&三さる

今週末に行われる、ミズサキノートの「りんごのおまつり」への作品の発送が無事終わりました。

前回の写真に出なかったのは、このメッセンジャー。

DSC06494 (400x300)

りんごの収穫 (うさぎ1匹とカゴ1個が1セット)

DSC06493 (400x300)

りんご部分とカゴはデイサービスでの陶芸教室ででよくやっている、「焼締め」の作品に色鉛筆で着色。
焼き物用の絵の具や釉薬では出せない雰囲気を作れるので、
どちらかというと地味めのメッセンジャーも明るくなりますね~。



これが終わって、次に待っているのは、さるくんたち。

DSC06500 (400x300)

盛岡の月刊情報誌アキュートの取材で急いで作ったのも、とりあえず5セット焼けましたが、
3個で1セットと考えると、これから何個作ればいいのか???

いわざるくん、メッセンジャー失格なんて言ってごめん!
メッセージカードを「U」の字にカットすれば、ちゃんとメッセージを伝えられます。
DSC06501 (400x300)

ん? しかし、「言わざる」なのに、言っていいの?
一番嫌なタイプじゃない?




2015.11.09

秋田 桜教会 パイプオルガンコンサート

盛岡でパイプオルガンを教えていただいている、渋澤久美先生のコンサートが、
秋田の教会で開かれるというので、オルガン仲間で聞きに行ってきました。

住宅地の中にある、可愛らしい教会。

DSC06480 (400x300)

ドライブの道中、紅葉で、赤や黄色、オレンジ、茶色に濃い緑、
穏やかな色に囲まれて、秋を楽しみながら。

会場は、満員の約80名。
バッハ、ブクステフーデ、ベーム、メンデルスゾーン、などなど多彩な曲を1時間半、たっぷり堪能。

終わって、出口で先生とお話をしていると、「オルガン、見ていきますか?」と、嬉しいお話!
図々しく、2階に上がらせていただき、少し、音を出させていただきました。

DSC06477 (400x300)

オルガンは、入口の2階部分に組み込まれています。

DSC06476 (400x300)

手鍵盤のストップ(音色のボタン)は、1段目が2つ(鍵盤の左にある丸いボタン)、2段目が5つ。

DSC06475 (400x300)

時々練習させていただいている、盛岡のマリオスにあるオルガンは、音がホールにものすごく響くので、
自分の耳でそれを捉える難しさに始めの頃、四苦八苦しましたが、
今回のこの教会のオルガンは、残響が少なく、音の種類も少ないので、
弾いた通りに聞こえるため、ちょっとしたミスが、そのまま聞こえてしまう怖さがあるということが驚きでした。

先生が、まず、「怖かったです~」と、おっしゃってました。
慣れるために、2日前からここで練習されていたとの事。
オルガンは1台1台全て違うので、その特性を掴むまでが大変。

オルガンを見せていただいたあとも、先生とお話をしていたら、
教会の方に、「お茶を飲んでいってください」と、お誘いを受け、
これまたちゃかり、お茶会の輪に入れていただくことに!

教会のオルガニストの方などのお話は、
オルガンに取り憑かれた私たちと同じく、熱いオルガンへの思いが溢れていて、
また、気持ちを新たにした、オルガンリフレッシュツアーでした。




Posted at 11:39 | オルガン | COM(0) | TB(0) |
2015.11.08

りんごのおまつり 2015

11月も、入ったと思ったら、もう、1週間。
ここ数日はホッとする暖かさで、つい、外仕事へ。
畑にしろ、薪作りにしろ、放っておくとあっという間に雪にうもれてしまって、何にもできなくなりますからね~。

まだまだ、期間があると思っていた、このイベントも、
ジリジリと近づいてきました。

「りんごのおまつり」
奥州市にある、「ミズサキノート」の恒例イベント。
DSC06471 (400x300)

作品は、既にいくつか作ってあるけど、もう少し、いろんなものも作りたいな~と思っていたら、
もう、あまり日数がない!

とりあえず、こんな作品はできました。

DSC06468 (400x300)
りんご柄がちょっと入った、スープカップ

DSC06466 (400x300)
お馴染み、りんごひとりじめのうさちゃんのマグ

DSC06465 (400x300)
りんごひとりじめうさちゃんのお人形

クオリティーの高い、いろんなジャンルの作品が集まっているようで、楽しそうなお祭りです。
(行ってみたーい!)

お近くの方は是非!

Posted at 00:09 | 作品 | COM(0) | TB(0) |