2016.02.16

とうもろこし

先日、近所の農家の友人が久々に、お土産を携えてやってきました。
そのお土産、なんと前日、夫が新聞のコピーを持ってきたものに載っていたものでした。
そのコピーを読んで、「あー、いつかお土産にもってきてくれないかな~」
なんて、虫のいいことを思っていたら、なんと翌日に!

「お昼どきになったからさー・・・」と、タッパーに漬物やら煮物やら、主食になるようにとお餅まで持参。
早速、前日の夕飯の残りの汁物を温め、一緒にお昼を食べながら世間話。

で、「その新聞に載っていたお土産」とは、真空パックのとうもろこし。

P2160006 (400x300)

彼女は夏場、自分の畑の一角にある産直で、ゆでたてとうもろこしを販売していて、
今では珍しい、「もちきみ(昔のとうもろこしで、色が紫色)」などもおいているので、
何度かマスコミにも取り上げられ、遠方からもお客様が来たりしています。
(写真左が「もちきみ」。真空パックにするとちょっと、色は変わるんですね)

それを県内の加工施設に依頼して真空パックにして、とうもろこしのない時期にも
販売できるようにした、というのが新聞に載っていました。

「お~、頑張ってるな~」と思っていたところに姿を現したという、素晴らしいタイミング。

「柔らかくてあま~い!」が好きな現代人には「もちきみ」はウケないかもしれないけど、
昔、よく食べた私などは、懐かしさもあるけど、甘すぎず、噛めば噛むほど味わいがあって、
断然「もちきみ」の方が大好き。

それが採れる時期には、つい食べ過ぎて、翌日あごが痛くなったりして、
つくづく、硬い食べ物を食べていないんだな~と思い知らされます。

その友人とは子供が同学年だったので、子供たちの近況を教えてもらったり、
とうもろこしの加工の裏話を聞いたり、
楽しいひと時を過ごしました。

で、その、とうもろこしは、まだもったいなくて食べていません。


スポンサーサイト
Posted at 23:38 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2016.02.06

大人の休日 その3

今回の小旅行の宿は、横浜・伊勢佐木町。
確か、○十年前にも泊まったことがあったはずだけど、
全く別の街に来たような気がしました。

広いショッピングストリートが整備され、そこを見ているだけでも楽しめるし。
でも、ちょっとびっくりしたのは、朝のゴミの散乱。

やっぱり、飲み屋が多いからでしょうか。
朝は、お店の従業員が、まず店の前の大量のゴミの片付け。
いつものことだろうけど、なんだか朝から、うんざりな顔をしてるように見えました。

さて、まずはツアコンさんに案内されて、ぶらり・・・
おやっ?建物の上にタカ?

DSC06773 (400x300)
怖い形相であたりを見渡していると思ったら、そこは交番でした。
なるほど。
「タカ」が置物、といっても、なんか、「見られている・・・」感じがします。
(これ、タカ?それともワシ?調べたらタカとワシって、明確な区別がないって!知らなかった・・・)

DSC06771 (400x300)
この辺は、治安が悪い地域のため、最近、「アートで街を変えていこう」という取り組みをしているとのことで、
電車の高架下を中心に、アートスポットを作っているところということで、
壁にマンガがあったり、展示スペースがあったり、

DSC06779 (400x300)

ガラス張りのアトリエがあったり、(ここはどうやら陶芸家みたいです)
DSC06777 (400x300)

舞台や客席があったり、(なんだか、こうなっていると、高架下じゃなく、ヨーロッパの神殿みたいです)
DSC06786 (400x300)

事務所があったり・・・(スーツにネクタイの方々が、会議をしていた・・・)
DSC06787 (400x300)
何年かしたら、秋葉原の高架下みたいになるのでしょうか。
そうなったら、また来てみたいですね。

東京へ移動し、ちょっと時間も余ったので、
パラパラと東京歩きの本の中から見つけ、「六義園」へ。
東京の中に、いろんな庭園がありますが、どこもよく手入れがされているので、気持ちがいいですね~。
「六義園」は初めてでしたが、あまり広すぎず、ちょっと時間が余った時にはちょうどいいスポットですね。

雪囲いも「アート」です。
DSC06789 (300x400)
少し雪も残っていて、ちょっとひんやりしました。

奥の方にあった東屋。
柱がツツジ。ぐにゃっと曲がっているのが。
どれだけ大きなツツジだったのでしょうか。
DSC06790 (400x300)

茶屋で一服。
DSC06797 (400x300)


庭園内でちょうど福寿草が咲いていたので、お菓子も福寿草。
DSC06798 (400x300)
あー、これこれ、
おいしい練り切りと、抹茶、そして静かな庭園。
まさに「大人の休日」。

いい、旅の締めくくり。

奥にはビルも見えるけど、ここは別世界。


DSC06801 (400x300)

そして、また、雪国へ。
案の定、結構降ったみたいで、娘は雪かきでぐったり。
ご苦労さん!



Posted at 10:57 | | COM(0) | TB(0) |
2016.02.01

大人の休日 その2

鎌倉から江ノ電に乗り変えて、七里ヶ浜へ。

海沿いに出たら・・・
えっ!岩手山とんがってる!!!
と、一瞬思ってしまったけど、いやいや富士山。
DSC06726 (400x300)

結構大きく見えて、なんか嬉しい。

ちょっと歩いていると、知らないおじさん、
「今日は、大島が見えてるよ!」と。
ということは、いつも見えてるわけではないってことですよね。

天気がいいと、いろんなものが見えますね。

またちょっと電車に乗って、江ノ島へ。
考えてみたら、江ノ電も、江ノ島も初めて。
あまりにも有名だけど、何も知らないな~。
なんとなーく、サザンの歌が頭の中で流れている。

ツアコンさんに案内されるまま、鳥居をくぐり、進んで行きます。

DSC06732 (400x300)

たくさんのお店をちらっと見ながら、坂を上り、
途中にあった「水琴窟」。
テレビや雑誌で見たことはあったけど、実物は初めて。

DSC06736 (400x300)
貯まった水をひしゃくですくい、手前の玉石のところにあいている穴に落とすと、
「ぽちゃ~ん・・・」と澄んだ音。
思ったより、いい音を出すのは案外難しい。

壺を焼いて、庭に埋めて、「水琴窟」作ってみたいな~と思っていたけど、
多分、どこかしら凍ってしまって、すぐ、割れちゃうよね・・・
そもそも、溜め水は愚か、流れている水すら凍ってしまうんでした・・・

さらに登っていくと、一番高いところに「シーキャンドル」という展望灯台。

DSC06742 (300x400)

日の入りとともにライトアップが始まるから、と日の入り少し前に登っていくと、さらに大きい富士山!

DSC06745 (400x300)

かなり沈んできました・・・

DSC06746 (400x300)

続々と、立派なカメラと三脚を持った年配のグループが来て、場所取り。

DSC06749 (400x300)

すっかり日が落ちて、いよいよイルミネーションの始まり。

DSC06759 (400x300)

光の海です。
降りていくと、光のトンネルもあり、くぐってみたけど、
実はこういうの、ちょっと苦手かも。明るすぎて・・・。

つづく・・・



Posted at 23:03 | | COM(0) | TB(0) |