2017.10.03

いろいろ収穫の時期。面倒がらずに・・・

明日はいよいよ霜が降りるとか・・・
岩手山にも初冠雪、来る頃かな~。

そろそろ畑も終盤。
今ちょうどいい具合なのが、枝豆。
今年は、例年より少し出来が遅く、全く、ビールの時期には間に合いませんでした。
DSC07658 (400x300)

その枝豆を収穫しながら、草刈をしていたら、草の下に・・・
蛇の抜け殻!
DSC07655 (400x300)

蛇よりは驚かないけど、一瞬ギョっとしますね~。
そのまま捨てようかと思ったけど、お金が貯まるって言うから、財布に入れる?
と、頭をかすめたけど、即、却下。

とりあえず、爬虫類好きの夫に報告すると、
「俺の作業場に入れといて」とのこと。
壊さないようにそ〜っと取って作業場に。
DSC07674 (400x300)

夫が以前、自分が取って作業場のハリにぶらさげていたものと比べると小さいなと思い、
長さを計ってみたら、私のが1メートルで、夫のは1.6メートルもあったと。
ひ~!
確かに、でかいの、前に見たことがある。
あまりお目にかかりたくないですが・・・



今年も伸びに伸びたフェンネル。
(フェンネルは、根元の株を食べる1年草と、種を採る多年草があり、私は、種の方を育てています)
去年以上に上に伸び、わたしが手を伸ばしてやっと届くくらい。

そろそろ種が取り頃。
なんだけど、これが、結構難しい。
一斉に熟さないので、こまめに見て、熟したものだけをつまんで取る感じ。

育て始めたときは、茎ごと刈って、干して、あとでしごく、方式でやってみたのだけど、
刈るのが早かったみたいで、売っているものと比べると、様子が違う。
産地ではどうやっているのかわからないけど、
熟したら、摘む。
これが、今のところ正解のような・・・

DSC07665 (400x300) (2)
これは、まだちょっと緑のが多い感じ。

DSC07666 (400x300)
これはまあまあ茶色になって、ちょうど良さそう。

DSC07667 (400x300)
これは、まだ、緑のもあるけど、先端が黒くカビた感じのもあって、あまり良くない。

はじめの年はもったいないと思って、ほぼ全部取ったけど、今年は、去年のもまだあるので、
良さそうなのだけ取ることに。

青じその実も、ちょうど取り頃。
DSC07671 (400x300)

しごいて洗い、小瓶に少し入れて少し塩を入れ、また、実を入れて塩を・・・
という風に詰め、スプーンでぎゅーっと水が上がってくるぐらい押し込みながら、
ザルに半分ぐらい取ったものが、ジャムの小瓶1個分ぐらいになるように詰めます。

そのぐらいが、しょっぱすぎず、痛みもせず、ちょうどいいみたいですね。
去年、試しに詰めたものが、色もきれいなまま。
なのに、冷蔵庫で眠っていました。
最近、御茶漬にちょっと入れたり、浅づけを作るときにちょっと混ぜたり、
プチっとして、香りもよく、食卓のアクセントに。

つい、面倒で、収穫せずに終わることもあるけど、
こういうことができるのが、ちょっと贅沢な生活かな・・・

スポンサーサイト
Posted at 22:04 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |