FC2ブログ
2018.11.28

今年の いのしし

根雪か?
と思った雪も数日かけて無事溶けて、
少し暖かくなったりして畑仕事もまた少し出来、
ちょっとホッとしています。

相変わらず、日々、矢の如く過ぎて行きます。
11月もなんだか早かった・・・

来年の干支、いのししのニューバージョンも、やっと完成!
DSC08785 (400x300)

今までのは、背中の「ウリ模様」と、鼻っぱしが茶色でしたが、
ちょっとだけカラフルに、緑バージョンとピンクバージョンの2種類。
粘土は、これら同じものですが、窯の中の置かれた場所で違っています。
DSC08787 (400x300)

ちなみに、黒っぽい方が温度の高いところ。

盛岡市内では、県立美術館のミュージアムショップ、アイーナのヒューマンギャラリー、
月が丘の「肌工房メロウ」に、これから数日中に持っていきます。
(ららいわてでは工芸品コーナーがなくなったため、取り扱いがなくなりました)

ところで、「森のメッセンジャー20周年展」に行きたかったけど日程が合わなくて・・・
という方がいらっしゃると思いますが、
巨大メッセンジャーは20個程、在庫がありますので、ご覧になりたいという方は、
工房にいらした際にお声がけいただければ、全部お見せできます。
現在の在庫は、にわとり、うさぎ、りす、いぬ、うま、たぬき、とら、たつ、ひつじ、うし かえる、ぶた、さる、です。
価格は、3500円~6000円。

DSC08622 (400x300)

DSC08631 (400x300)
巨大たぬきは、立派なとっくりを持っています。

県立美術館には、「にわとり」と「うま」が行っています。

余談ですが、現在、県立美術館で開催中の、「うつわ ドラマチック展」は、見ごたえありましたね~。
DSC08789 (400x300)

海外の陶磁器作品が中心の展覧会ですが、技法も様々、発想も色々。

私の工房に毎週通ってきているアメリカ人夫妻も、発想が面白く、
私が常識と思っていることを見事に破ってくれるので、とても刺激になります。

常識も大事だけど、時にはそれを破ることも必要だな~と思ったりします。





スポンサーサイト



2018.11.22

初雪。根雪?

きのう、畑へ向かいつつ岩手山を見ると、
随分下の方まで白くなってきたな~
紅葉もほとんど終わっちゃったし・・・
DSC08780 (400x300)

陽当たりは結構暖かかったのに、日陰の土に霜柱が残っていて、
これは凍らないうちに、大根も抜いたほうがいいな、
と、残っていた大小10本程を全部抜いて正解!

いよいよ来た・・・。
この、寒々しい光景。
DSC08782 (400x300)

ニュースを見ると、盛岡は溶けたようですが、
ここは山沿い。
しっかり残りました。

道路は溶けるだろうけど、土のところは根雪になるのでは?
DSC08783 (400x300)

11月末だもんね、ここまで、良く、我慢してくれた。
畑仕事はこれで強制終了。
少し暖かくなれば、ちょっとは出来るかな~。

おかげで、今日は、家の中の片付けに集中できました。
いいこともありますね。
Posted at 01:48 | 季節 | COM(0) | TB(0) |
2018.11.13

ある秋の一日

最近のある1日。

朝、いらなくなったという木を貰いに、作品を置いてもらっている盛岡のお店へ。
DSC08769 (400x300)
ヒバ2本。
ふつうの住宅地では、処分するにもお金がかかるし、
我が家なら、そのへんに放置して、そのうち薪にすることもできるけど・・・

ちょうど、となりの林がなくなり、境界に木を植えてなかったところが所々にあったので、
グッドタイミング。
DSC08772 (400x300)

背の高さも、高すぎずちょうどいい。

次。
夫がまた、カラマツを1本倒すというので、
見張り役。
万一、何かがあった時のため。

万一はなかったけど、
倒す予定の木の横の木の枝に引っかかって、苦戦の様子。
DSC08759 (300x400)
チェーンブロックを使って引っ張り、無事倒れました。
が、ガラガラとチェーンブロックを引っ張るのに、五十肩(六十肩?)が痛んで辛かった様子。

合間に我が家の紅葉を眺め・・・
我が家のこのもみじ、ずいぶん前に実家で手入れが大変だからと持ってきたもの。
DSC08762 (400x300)

母は、大きくならないように剪定していたけど、
ここではのびのび育ち、すごい大木に。
この向こうが林だったので葉がまばらだけど、来年はもっとたくさん葉がつくかな~?

夜は、木をもらってきたお店に置いてあった、看板の塗り直し。
お店がオープンした時に、入口に何か可愛い看板を作ってちょうだいと頼まれ、
娘が小学生の時に書いた絵を土台に、「いらっしゃいませ」を持たせて作ったもの。

ビフォー
DSC08773 (400x300)

アフター
DSC08775 (400x300)

塗り直しも2回目かな?
うさちゃん、これでまたしばらくよく働いてくれるでしょう。

暖かい秋だけど、じわじわと寒さが近寄ってきているので、
雪の降る前にやってしまいたいことが色々。
もうしばらく、がんばらないと・・・




Posted at 00:28 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2018.11.03

住田町へ出張教室

先月末、縁あって、住田町へ陶芸教室に行って来ました。
有住(ありす)地区の家庭教育学級で、保育園、小中学校の子供と父兄さん、職員、地域の方々。
平日夜の開催にもかかわらず、40名も集まってくださり、大盛況でした。

出来たものはこの通り。
DSC08738 (400x300)
カップが1個できるサイズの粘土で、一人2個までOK。

40人と多かったので、細かい指導ができず、どうなるかな~と思っていましたが、
1時間で、あっさり全員完成!

帰ってきてから、チェック作業。
時間がかかるかな~?と思っていましたが、手直しが全くいらないものも多く、
このぐらいの数だと、1日かかるかと思いきや、2時間ほどでチェック終了。

器用な方が多い地域なのでしょうか?
ひどいヒビもほとんどなく、厚さが均一にできているのが多く、びっくり!

まずはこちら。
DSC08744 (400x300)
形や線がきれいなのはもちろん、表面の仕上げがとてもきれいで、
直しゼロ。

こちらは、ご飯茶碗。内側には小鳥の足跡のような模様。
形よし。
DSC08741 (400x300)
高台(足)付きは難しいのですが・・・
DSC08753 (400x300)
完璧です!
外側には、鳥の羽。
高台をつけるのは、少し時間を置いてからじゃないと、柔らかくてつぶれがちなのですが、
その加減がちゃんとわかっていて、全然つぶれていない。
厚さも均一。

こちらのカップ、形も面白いけど、何より、この持ち手が美しい。
DSC08752 (400x300)
つるっとヒビがなくきれいに曲げるのはコツが要るのですが、
説明なしでこれができているのが素晴らしいです。

次、足つきカップ。
DSC08756 (400x300)
これも、時々作る方はいらっしゃいますが、上下のバランスが難しく、
支えきれない場合が多く、手直しがたいてい必要になりますが、
これも手直しゼロ。

こちらは、模様が面白い。
DSC08754 (400x300)
今回、人数も多いので、模様を付ける道具は特に持っていかず、
竹べらと竹串のみで、工夫してもらいましたが、
絵心があるとこんな素敵な模様もできるんですね~。

最後。
誰か、乗っています。
DSC08755 (400x300)

この他にも面白かったり、感心させられたものがたくさんありましたが、
割愛。

岩手に生まれて○十数年、住田町へ行ったのは多分初めて。
(岩手、広いからね~!どこにあるかも、なんとな~くしかわかってなかった)

岩手はどこへ行っても山ばかりだけど、やはり、地域によって微妙な違いが感じられますね。
泊まったホテルの方に、地域のお話も少しお聞きし、勉強になりました。

担当の先生からいただいたシフォンケーキが絶品!(参加者の中にそのケーキ屋さんがいらっしゃったとか)
ご縁に感謝です。




Posted at 23:11 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |