FC2ブログ
2018.12.28

房総の旅 6月

2018もいよいよカウントダウン。
今年、書き残したことがあったので、最後に・・・。

6月、娘と東京駅で待ち合わせて、房総半島の旅。
以前、車で、市原ぞうの国までは行ったことがあったけど、
海沿いには行ったことがなかったので、ツアコンさんにオーダーしたら、
外房線に乗って、太平洋側へ出て、ぐるりと半島の先端を回るコース。

東京駅から特急に乗って着いたところは鴨川。
岩手は広いけど、房総も広い!
新幹線で東京へ行く時間とほぼ同じ。
おまけに、結構不便。

日本全国どこもそうだろうけど、車を使わず移動しようとすると、
バスは本数が少ないし・・・
先端を回るバスに乗ったら、「みんなでバスに乗って、存続させましょう!」というポスターが。
バス存続に、貢献してきました。

宿に入るまで時間があったので、駅からぶらりと歩いて、海岸へ。
DSC08385 (400x300)

まだ、シーズンじゃないので、浜辺は流木や石や色んなものがあって、
ついつい、綺麗な石や流木を見ると拾いたくなる・・・
DSC08394 (400x300)

コンクリートのかけらが水で洗われて、こんな面白い物体に。
DSC08399 (400x300)
この丸い石もきれい。

せっかく時間があるので、「浜辺のアート・コンペ」をやろう!ということにして・・・

彫刻家
DSC08412 (400x300)

DSC08413 (400x300)

アクセサリー作家
DSC08403 (400x300)

陶芸家
DSC08406 (400x300)

コンペといっても、賞は無いけど・・・


翌日は鴨川シーワールドへ。
シャチの鼻っぱしにお姉さん!
DSC08435 (400x300)

DSC08439 (400x300)

お姉さん達とシャチとの信頼関係に感動して、ジーンときたり、
どのショーも見ごたえありました。
セイウチを間近で見たのも初めて。
DSC08448 (400x300)

最後、木更津で海鮮焼きの店へ行き、
帰りにお定まり、顔出しパネルでパチリ。
DSC08468 (300x400)

エビのこの部分に顔って・・・
こういう突っ込みどころ満載なのが面白い。

アクアラインで帰るか、特急で帰るか?と迷ったけど、特急で。

「東京アクアライン」ってなんとなく聞いたことがあったような気はするけど、
実はこの旅に行くまで、東京湾にこんな海底トンネルがあったなんて知らなかった=!

いやあ、ニュースも新聞も毎日見てるけど、知らないことってたくさんありますね。
ラジオで、2~3か月前、「宇宙エレベーター」の話を聞き、「え~!宇宙空間にエレベーター!?」と驚いたけど、
その後、テレビでたまたまそのイメージ画像を見て、
あ~、そういう感じか~と、ラジオでわからなかったのが少し納得。

さあ、来年はどこに行って何を知ることが出来るかな~。



スポンサーサイト



Posted at 23:45 | | COM(0) | TB(0) |
2018.12.14

ストーブ料理

畑仕事ができなくなって、体がなまるな~と思ったのも束の間、
世の中うまく出来ているというか、なまらせてはくれないというか、
雪が連続で積もると、あ~、もう、いいよ~!

暖かな冬の始まりから一変して、急な冷え込み。
少し体も寒さに慣れてきたかなぁ・・・。

本格的なストーブの活躍。
いつもながら、料理はほぼストーブで。
フライパンを置いて魚を焼く、おでんを煮る、煮豆を作る、味噌汁、鍋・・・

今日は、夫が娘のところへ行ったので、一人の夕食。
何にしようかな~???

思いついて、「パン プディング」。
刻んだりんご、ちぎったパン、レーズンをフライパンに投入。
そこに、豆乳と卵を入れ、全部をかき混ぜる。
香り付けに、ナツメグ、カルダモンを振ってあとはストーブに載せるだけ。
DSC08793 (400x300)

空手に行く前に仕込み、
帰ってきたらちょうど完成!
DSC08794 (400x300)

あまり美味しそうに見えない?
でも、味はちょうどいい具合でした。

空手の練習会は、今日で今年は終了。
お疲れ様!自分に乾杯!



Posted at 20:54 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2018.12.07

頑張って年内に焼きます!

いよいよ来たかな?
本格的な雪シーズン。
夜になって、ザザー、ドドン!と、2階の屋根から1階の屋根に雪が落ちる音が・・・

12月になって、とにかく陶芸教室、年内の作品を焼き上げるべく、
一窯に足りない分をせっせと作り続ける日々。

あっという間に12月も1週間が過ぎている=!
たいへん。

ここ1~2ヶ月に焼いた教室の作品から。
まずは、いつものデイサービス。
リンドウのレリーフ。
DSC08776 (400x300)

下絵を描いたとき、あ、これなら割と単純で作りやすいかな?
と思ったのは大間違い。
上の花の部分、星型に開いたところと、その下の筒状の部分、そして、ガクの部分。
分けて絵を書いたもんだから、皆さん、ちゃんと3つの部分に分けて作ろうとして、大変なことに。

でも、じっくり、2週に分けて作って、無事完成。

DSC08777 (400x300)
額縁のように、周りに飾りも思い思いに付けてもらって、
なかなか、いい出来です。

皆さん、おしゃべりもせず、本当に黙々と作っていて、
80、90の手習いですが(1名、ついに100歳!)、確実に上達しています。
まず、レリーフの場合は、塊の粘土を四角に伸ばすところからですが、
本当なら、麺棒でコロコロすれば楽なところを、あえて指で伸ばしてもらっていますが、
慣れたもので、粘土をもらうとさっさと伸ばし始め・・・

「私、こういうの苦手なんだよね・・・」と何度も言い、なかなか進まなかった方も、
最近は、ずいぶん手馴れてきて、自分で時間内に完成させられるようになってきました。
取り組み方が明らかに変わってきて、そんな姿を見ると嬉しいですね。

次、最近結婚した娘さんにプレゼントしたいと、マグカップを作りに来たお母さん。
DSC08710 (400x300)
イラストの下絵も持参して、素敵なコスモスの絵を描いて。
(色は私があとから)
絵が入るとオリジナル感が増して、いいですね。

次は、以前紹介した、コーヒーポットと、ドリッパーと、スプーン。
DSC08713 (400x300)
ご希望通り、カラフルにな釉薬で。
コーヒータイムが、楽しい時間になりそうな色です。

こちらは、長く通ってきている方。
いつもきちっとしたものをじっくり時間をかけて作っていきます。
DSC08791 (400x300)
この日も、大体のイメージは持っていらしたようですが、色々考えながら。
さくらの花の形の香立。
デザインもいいし、形もよし、仕上げもきれいですね。

こちらも、上の方より少し後から一緒に来ている方。
DSC08790 (400x300)
花の模様の入れ方が大胆でとてもいいです。
カーテンの模様だそう。

最後、住田町での教室の作品。
DSC08779 (400x300)
道具として持っていった、竹べらと、竹串のそれぞれのおしり部分をうまく使って模様をつけたもの。

こちらは、かわいいフタ付きポットと取手がとても上手だったカップ。
DSC08778 (400x300)
住田町の作品は無事、続々焼けています。
あと少しです、もう少しお待ちくださいねー!



Posted at 01:59 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |