FC2ブログ
2019.07.28

夏休み

いよいよ、ちまたは夏休み。
それと共にやってきた、高湿度ー!!!
あれ?でも今日は少しカラットしてきたかな?
梅雨、開けた?

さずがの我が家も連日扇風機が大活躍!
先日の空手の練習会の時は、
汗の出方が、沖縄合宿並みー!!!

皆さんも、体調崩さないように気をつけてくださいね。

夏休みに入って早速、関東から4人で陶芸教室に来てくれたご家族。
下のお子さんは4歳の女の子。
お兄ちゃんとご両親は、あまり手がかからなかったので、
女の子について、丁寧に教えると、
ちゃんと教えた通りに手を動かし、「ハートのお皿」が、上手にできました。
201907281436334f5.jpg

ウサギが大好きというので、次はウサギの置き物。
これも、私がこうしてね、と言った通りに組立て、
最後に顔を書いて完成。
かわいい顔!

みんな楽しく作れたようで、何よりでした。
20190728143349f29.jpg

そして翌日。
この日の2組の方は、特に夏休みと言うわけではなく。

お一人で参加の女性は、作りたいものがあって、そのイラスト持参。
俵形の抹茶茶碗。
実際に、そういうものを見たことがあり、
それを作ってみたかったと。
201907281507506d7.jpg
奥が、それ。
イラスト通りのものがちゃんと出来ました。
手前は、蓋置。
「井戸覗き」という名前がついているらしく、
なるほど~。
確かに、枠が有るだけで、その下に深い井戸が有るような気がしますね。

お茶道具って、こんな風に遊びがあって面白いです。

さて、この夏休みは、あと、どんな作品と出会えるでしょうか?

スポンサーサイト



Posted at 15:47 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2019.07.21

陶芸&英会話教室

毎週熱心に通って来ているアメリカ人ご夫妻。
面白い作品を作るので、こちらも色々気付かされる事があります。

例えば、最近の作品。
2019072116173972c.jpg
大皿。
赤い粘土を白い粘土に埋め込んだものとその逆。
自由!!!

20190721161607a22.jpg
これも、同じように装飾したもので蓋付きの入れ物。

201907211616385e0.jpg
これは花瓶。
時々、ちょっと雑かな、と思う時もあるけど、
これでもいいかも、と、思わされたり。

先日、作品が窯から出た日、たまたまお手製キャロットケーキを持って来てくれたので、
教室が終わったあと、二人の作品にコーヒーを入れ、
ケーキを添えて、一服。
20190721161814934.jpg

雑談しながら英語も教えてもらい、
楽しい陶芸&英会話教室です。

Posted at 16:38 | 陶芸教室 | COM(0) | TB(0) |
2019.07.14

ネギの使い方

ネギ。
そもそも我が畑のネギ、
思い起こせば、ここに越してまもない頃、
いきなり、元同僚だった方が、
「長内さーん、ネギ苗いらないかー!!」
と、持って来てくれたのが始まり。

はじめの頃は、畑の土作りからだったから、
ネギに手をかける余裕がなく、
(ネギって案外手がかかる。土寄せ、株分け、植え替えを結構頻繁にやらないと)

時々食べて、時々株分けして、
という感じで、増えもせず減りもせず。

それがここ最近、食べるために取ったものから、
根の部分を切り取って植えて、減らないようにしていたら、
増えすぎ ! ! !
20190714110747628.jpg

この量はとても手入れが行き届かない・・・。
なんとか、大量に利用する方法はないかなー?
と、考え、あ、あれはどうだろ?

「南蛮漬け」とか「三升漬け」、または「一升漬け」という、
刻んだ青南蛮と、糀としょうゆを一升づつ合わせたもの。
ご飯のお供に、いろんな薬味にと使える重宝な一品。

これを青南蛮の代わりに、ネギで作ったら・・・?

という訳で、早速収穫。
20190714111855dfd.jpg

ボールに山盛り1杯刻んでこの瓶2つ分。
20190714112035df5.jpg

昨夜作って、朝食べてみたら、糀はまだやや硬いけど、
ネギがぴりっと爽やかな辛さ。

ご飯も進むし(あぶない・・・)、冷奴や刺身なんかにも合いそう。
大成功!

まだ、昨日収穫したのが結構あったので、次はネギキムチ。
ネギはほそいので、ぶつ切りにして
201907141121142fa.jpg
まずは塩をして水出し。
20190714112141ffe.jpg
水を絞り、お手軽にキムチの素を入れて混ぜたら完成!

この調子なら、程よくネギ畑が減ってくれそう、かな?





Posted at 00:49 | 畑仕事 | COM(0) | TB(0) |
2019.07.08

ドイツロマンティック街道の旅 その5

さて、いよいよドイツ旅も最終日。
(帰って来て、もう1か月以上にたってしまいましたが・・・)

ローテンブルクは、泊まった翌日も、少し散策の時間があり、
IMG_20190522_151911_resized_20190708_121438770 (300x400)

まずは見つけた教会に入り、写真OKかを尋ね、オルガンの写真を。
IMG_20190522_164046_resized_20190708_121439460 (300x400)
シンプルで美しい。

その後、CDを売っているのも見つけ、
その教会で録音したものを選んで購入。
これでやっと自分自身のひとつのミッション達成!

友人が入ってみたいと言ったぬいぐるみ屋さん。
(シュタイフのお店もあったけど、まだ、空いてなかったので)
IMG_20190522_154210_resized_20190708_121438563 (300x400)

娘のお土産にぴったりな、ウサギのぬいぐるみを見つけ、

作りの良さそうなのをよ~く選んで購入。
毛並みがよく、触り心地もいい~。
IMG_20190707_005754_resized_20190708_121438377 (300x400)

帰って夫に見せると、なんだかすっかり気に入ったようで、
いつの間にか「たれちゃん」と、名前も付けてかわいがり、
そういえば夫へのお土産がなかったので、娘の承諾を得て、夫へのお土産に。

ローテンブルクは、城壁に囲まれた小さな町。
門も所々に有り、
IMG_20190522_153008_resized_20190708_121440685 (300x400)

見張り用の壁は細い階段を上ったところ。
IMG_20190522_171545_resized_20190708_121440080 (300x400)
おとぎの国のような街中とはまた違った、緊張感が漂っています。

そしてまたバスに乗り、最後の散策場所、ヴュルツブルクへ。

バスから眺めてきた、新緑の美しい田園風景も、この日で終わり。
IMG_20190522_174238_resized_20190708_121439877 (400x300)

この旅で思ったのは、どこを走っても、畑や森がきれいに手入れされていたこと。

ドイツは農林業が保護されているんだなということを目で見て感じました。
日本のように一極集中ではなく、それぞれの地域が同じように発展していると、
ラジオ講座で聞いていたのが納得です。

ヴュルツブルクには教会が3つあると、友人が事前に調べていたので、
じゃあまず、そこへ行って、オルガンの演奏があるかを調べて、それに合わせて行動しよう!
と、確認しつつ、まず歩き始めると、「レジデンツ」という世界遺産の宮殿があり、
時間の関係で、スルーしようか、と思ったけど、
いや、世界遺産になるくらいだから、見たほうがいいよね、と、入館。
IMG_20190522_183616_resized_20190708_121439008 (400x300)
中には世界最大というフレスコ画。
(今、ガイドブックを見て、知った!)
庭園もきれいに作られていて、
IMG_20190522_183628_resized_20190708_121439631 (400x300)
確かに見ごたえ有り。

入って良かったね、と話つつ、教会の方向へ歩くと、
おいしそうなパン屋さん発見。
IMG_20190522_201644_resized_20190708_121440927 (300x400)

食べるスペースもあるし、食べようと思った時に見つけられない事もあるかもしれないから、
とりあえず食べよっか、ということになり、
IMG_20190522_195640_resized_20190708_121440490 (400x300)
軽く、コーヒーとパンで腹ごしらえし、
食べ終わって、また歩き、ひとつの教会に到着。
IMG_20190522_202228_resized_20190708_121805721 (300x400)

入り口に、オルガンミニコンサートの時間が書いてあり、
ここで大失敗に気づく二人。

まず、時間を調べてから行動しようって言ったじゃん!
なんで二人して忘れちゃったんだよー!!!
コンサート、30分前に終わってるー。

絶句。
ドイツで、オルガンがひとつでも聞けたらいいねー、って楽しみにしてたのに
悔やんでも悔やみきれない・・・。

時間は戻らない。
仕方ない、気を取り直して、残り時間を有効に。

もう一つの教会の中に入り、
IMG_20190522_204238_resized_20190708_121806117 (300x400)

気休めにオルガンの写真。
IMG_20190522_210840_resized_20190708_121439266 (400x300)

トランクにまだ少しスペースがあったので、
自分自身のお土産に、パン。
IMG_20190522_210054_resized_20190708_121440327 (400x300)

本当は、この大きなパン、まるごと買いたかったけど、
4分の1にカットして、包んであったのが店頭のワゴンにあったので、これで我慢。
IMG_20190524_103551_resized_20190708_121806332 (300x400)
大きさわかるかな~?
このサイズでも、日本だったらホールサイズですねー。
値段はこれで250円ぐらい。安い!

IMG_20190522_214922_resized_20190708_121805918 (400x300)
そして、集合場所の公園に戻り、
添乗員さん、「あー、緑のないところに帰るのか~」と。
(いえ、もっと緑だけのところに帰ります・・・)

再びバスに乗って、旅の始まり、フランクフルト空港へ。
バスの運転手さん、5日間、ご苦労様でしたー!

おわり


Posted at 01:43 | | COM(0) | TB(0) |