2013.10.28

沖縄空手・琉球古武術講習会

陶芸家というと腰痛持ちが多いのですが、
わたしも既に焼き物を始めた学生の頃からひどく、
20代の頃は、歩くのも辛い時期もありました。

でも、30代でヨガと出会い、腰痛は自分で治すものとわかり、ずいぶん良くなり。
その後、筋肉をつけないと、良い状態が維持できない・・・
と、感じていた時に、空手と出会いました。

その、歌い文句が、「腰痛予防、寝たきりにならないための高齢者向け」
ということで、それなら、無理なくできるのでは?
と、始めたのがかれこれ10年前。

「沖縄空手」というのも、惹かれた理由のひとつ。
習っていれば、沖縄に行く機会も出てくるかも・・・と。

たった週に1回の練習でも、10年続けると驚く程自分の体が変わってきます。
それが面白くて、続けてきましたが、
最近は、更に道具を使う、「古武術」を先生が取り入れ、
おととい、きのうは、その講習会に行ってきました。

千葉から、同じ研究会の中の「古武術」の得意な方を講師に招き、指導していただきました。
今回は、棒術、ヌンチャク、サイ、トンファー。

写真は棒術。

DSC03996 (400x300)

DSC04000 (400x300)

この年になると、全く覚えが悪く、何回やっても順番が頭に入ってこないのですが、
とにかく、回数やるしかありません。

幸い、「高齢者」が多いので、覚えられないのは私以上の方がほとんどなので、
救われます。

おととい3時間、きのう3時間。
真面目にやると、普段使わない筋肉を酷使していまい、
ダメージが大きいので、ほどほどに。

千葉からは、講師2名、有段者5名が旅行と交流を兼ねて来てくださったので、
終了後、小岩井農場でお昼を食べ、網張温泉に浸かってきました。

こわばった筋肉をお湯でじっくり温め、
あ~、充実した2日間でした。







スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/113-021c863b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する