2013.11.29

疑いなく 冬。

今シーズン、初、雪かきをしました。
と、言ってもほんのちょっとです。

でも、その、ほんのちょっとを残しておくと、
そこにまたちょっと、またちょっと、と、積み重なっていくので、
早めに片付けました。

DSC04199 (400x300)

雪が木にくっついたこんな景色を見ると、すがすがしい気分になって、
一瞬、寒さを忘れます。

話変わって、先週はじめ、柿をいただきました。(渋柿)

柿は大好物。

車で走ってたりして、取れ頃の柿が、誰も取る気配なく放置されてるのを見ると、
呼び鈴を鳴らして、「取らせていただけませんか?」
と、声をかけたい!と、いつも思いつつ、何もできないまま通り過ぎます・・・。

そんな私に、大量の柿を!
早速、一部は、ヘタに焼酎をつけて袋詰め。
そして、残りは、皮をむいて干し柿に。
皮は乾燥させて、冬のうさぎのエサ。

あ~、むきたての柿の肌、しっとりとして、なんとも美しい!
DSC04161 (300x400)

外に干すのも面倒なので、ストーブの横に。
外に干したほうがもちろんおいしいのでしょうが、
そこそこおいしければ、手間の少ない方を選びました。

いつも見えるところにあると、刻々と変化していく様子が見えて面白い!
反面、いつになったら食べられるのか・・・気になってしょうがない。

3日目ぐらいには、見た目、売っている干し柿のようで、
いや、3日ではまだ無理だろう・・・。

4日目、もしかしたら、食べられるかも?
少しかじってみると、お!甘い!そしてすぐ、渋い!
外側のところは大丈夫でしたが、中はだめ。

5日目は我慢。
6日目、ほぼ、干し柿!ほんのり渋さはあったけど。
でも、このぐらいならOK!
(絵のうさちゃんもうらめしそう・・・)

3回ぐらいに分けてむいたので、食べごろが集中しなくて良さそう。

DSC04197 (300x400)

ちなみに、袋に詰めた方も、丁度1週間が渋の抜け頃でした。(6日目はダメ)

あんなにたくさんあったのに、干して小さくなったら、これっぽっち。
(干しながら食べちゃってるっていうのもある)

味は、やはり、外に干したものには負けますね~。
太陽、風、寒さ、湿気・・・そんなもろもろがおいしさを作るんでしょうね。

でも、しばらくは、目で楽しみ、味の変化も楽しみながら、
冬ならではを味わいま~す。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/120-0e17c211
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する