2012.06.09

ホタルカズラ

今現在住んでいるこの土地と出会ったのは、かれこれ二十数年前。

今のように、人の出入りはほとんど無く、ひっそりとしていた。

ただカラマツの林があるだけ。

その林を少しずつ切り開き、いわゆる「開拓」のようなことをしてきた。

伐った丸太で「大草原の家」のような丸太小屋をつくろうか・・・と、思ったりもしたが、
カラマツはあまりそれに向いていないので、子供のためのブランコやシーソーなどを作ったほかは、
ほとんどが薪になった。

夫はチェンソーを扱えたが、私も使ってみたくて、そういえば、チェンソー教室に行ったこともあったな~。
(ログハウス教室だったかな?)
なんと、私の他にも女性が何人かいて、私も驚いたが(?)
それより主催者が困惑していたのを覚えている。

ここに住む前は、土日ごとに通ってきては開拓(のまねごと)。
来るたび、はじめて見る山の花があって、いつも本で調べていた。

ちょうど今時期、一番最初にその可憐さに感動したのが、ホタルカズラ。

本で調べると、林の中でホタルが光っているかのように、
緑の中に青く光って見えることから、その名がついたらしい。
DSC01342 (400x300)
確かに木漏れ日の林の中、濃くなってきた緑の草の中に、
ポツリポツリと咲く。
直径1センチと少し。

決してかたまってたくさん咲くことはない。

なんとか増やしたいと思うのだが、なかなか思うようにはいかない。
生きる場所を移動しながら、消えずにいてくれているが、
以前咲いていたあたりには、なくなってしまっている。
とても、デリケート。
人間が入り込まなければこんなことはないのだろうに・・・。
ごめんなさい。

ワラビを探して林の中を歩いていて、今年もみつけた。

あー、よかった・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/13-74531699
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する