2014.01.28

高齢者施設の陶芸教室

今年に入ってから、ある高齢者施設に週に1度行って、
焼き物を教えています。

説明するときは、ゆっくり、大きな声で、はもちろん、
なるべく一つのことだけを言い、確認しながら進めていきます。

20年ぐらい前に、ある施設の見学に行った時は、
別世界に行ったような気がしたけど、
今では、かなり馴染んでいます。

自分もかなり、こちらに近づいてきたんだな~と・・・。

さておき、ここでは、2回で1作品を作っています。
前回と今回で作ったのは・・・

DSC04323 (400x300)

おひなさま。垂れ耳うさぎの。
焼くまでに時間がかかるので、焼き上がりは2月半ば。

なんとか、いい頃に飾れるでしょう。
1回目に、台とぼんぼりを作り、2回目にお雛様とお内裏様。

一応見本をささっと作ってみたものの、果たして、2回分の時間がかかるのか、
少々心配しましたが・・・ぴったりでした。

1回目、ぼんぼりのたての細い線、これが結構難しいんですね。
よく、「高齢者体験」といって、
手の感覚の衰えを軍手をはめて体験するようですが、
なるほど・・・です。

でも、皆さんそれぞれ、少しずつアレンジして、
台の模様も色々。

集中して、一生懸命作業しています。

見本のお雛様を見せたとき、
「あら、かわいい!!!」と皆さん言ってくださったので、
きれいに色付けして、かわいいお雛様を届けたいです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/131-ecc504a5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
久々におじゃましますぅ~

ここの高齢者施設って、もしや、例の?

このクオリティの高さといったら!
もし、ワタクシの”営業”したところだと
したら、なるほど、レクに関して施設職員
が頭を痛めるわけだぁ・・・笑
Posted by はっきんとんこ at 2014.02.05 19:29 | 編集
はい、そうです、営業ありがとうございました!
毎週楽しく行ってますよ。毎週だと、ネタづくりが大変ですが・・・。
Posted by Junko at 2014.02.06 23:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する