2014.02.09

窯、とまる。

全国的に大荒れになるというので構えていたら、
まあ、ここは普通の降雪で(10cmぐらいかな?)ほっとしました。

明日の高齢者施設での陶芸教室に間に合わせようと、
この前作ったおひなさまを焼いていたら、
まだ、終わらないはずの時間に、バチッとスイッチが切れる音!

すぐに窯を見てみると、温度を示す針が0度に戻り、点いているはずのランプも消えている・・・。
もしや・・・と、ヒューズを外してみると・・・
こんな無残な姿。

DSC04374 (400x300)

あー、買い置きがあったような気もするけど、
全く、どこにあるか、思い出せない。

探している時間ももったいないので、ホームセンタに直行!
日中の窯焚きだったのが、不幸中の幸い。

新しいヒューズを差し込んで、再点火。
さほど温度は下がっていなくて、引き続き焼いて、なんとか終了。

焼き物をやっていて、何が一番嫌かと言ったら、
窯が途中で止まること。


地震はもちろん、停電も怖いし・・・。
今回のように、ヒューズがダメになるのはまだいい方。

窯自体の故障の時は、ホント、泣きたくなります。
ほとんどの場合、窯焚きはスケジュール、ギリギリなんですよね~。
温度によっては、作品がすっかりダメになることも。

そして、窯の故障は、何年かに一度は必ずやってくる。
あー、コワイ、コワイ。

一応、窯は2つあるので、まだなんとかなる方ですが・・・。

今日のは、無事でありますように・・・。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/134-41e0391f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する