2015.05.25

生ゴミ処理機

きのう、注文していたこれが届きました。

「生ゴミ処理機・自然にカエルS」
DSC05935 (400x300)

ずいぶん前から気になっていて、どうしようか・・・と悩んでいましたが、
ネットショップのポイントが、ちょっと貯まっていたので、よし、今だ!と。

電機メーカーで出しているのは、電動ですが、これは、自分でハンドルを回して、
チップと残飯を混ぜるタイプ。

最初のチップは付属になっていて、袋から本体に移し、まず水を少し入れます。
そして、少し攪拌。
DSC05937 (300x400)


すると、休眠状態だった微生物たちが活動をはじめ、24時間経ったら、残飯の投入。

残飯を入れるたびに、20回ほど攪拌。

いや~、これ、予想外に楽しいです。

まず、最初の24時間の待ち遠しいこと。
「まだ、24時間経ってないんじゃないか?」という夫の言葉を無視して、
20時間ぐらいで投入!
しかも、あまり分解しない、エビのしっぽ2こ。

そしてグルグル。

DSC05938 (400x300)

娘も面白そうに見に来て、残飯を投入したあと、グルグル。

なんだか、チップの中の微生物君たちが頑張っているのがわかるような気がして、
つい、「よろしくね~!」なんて言葉をかけたりしてしまいます。

いままで、残飯は、流しの下に置いたバケツに入れておいて、
畑に行くときに持っていき、畑の「コンポスト容器」に入れていましたが、
そのバケツはもう役目を終え。

流しの横に小さな容器を置き、そこに野菜くずなどをを入れ、
料理が終わると直ぐに処理機に投入。
そして、グルグル。

あ~、もっと入れるものないかな~。

雨が続くと、畑に持っていくのが億劫だったりしたけど、
これで、もう、残飯を貯めることがないから、ニオイもないし、スッキリ!

残飯をゴミに出している人にはもっとおすすめです。
これから、気温が上がってきても、ゴミの日までとっておかなくて済みますからね。

チップは3~4ヶ月したら半分ぐらいを交換。
でも、元のチップは保存しておけばまた、次の交換の時に使えるそうです。
または、家庭菜園や、お花の鉢などに堆肥として使うこともできます。

皆さんもグルグルして、ゴミを減らしませんか~!
そうそう、災害があって、ゴミの収集がないときでも、助かりますよね!
(メーカーから何ももらってはいませんヨ!)



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/216-582473e4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する