2015.09.11

手編みバック

夏のある日、ふと、「あー、麻か何かで編んだバックが欲しいなー」と思い、
手芸用のビニール紐なら、編みやすいし、軽くていいかなと、手芸屋さんに行って見てたものの、
思いのほか高く、これじゃあ、出来たものと、そう変わりのない値段になってしまうな・・・と、思いとどまり。

数日して古着の整理をしていて、いい物発見!

古ーいレインコート。薄くて、防水だし、布自体が結構丈夫。
「裂き織」ならぬ、「切り編み」。
大体同じ巾に切って、かぎ針でこま編み。
DSC06331 (400x300)

ひたすら切っては編み、つないでは編み・・・。

結構大きなレインコートだったので、まさか全部は使わないだろうな~と、思っていたら、
ギリギリ。最後の頃は、短いものもつないで、ほんとに捨てる部分がないぐらい、きれいに使いました。

持ち手のあたり、端が少し汚いので、似た色の麻紐でふちかがり。

DSC06349 (400x300)

できたー!
DSC06352 (400x300)

細い編み針だし、布はちょっと固くて力が必要で、まさに「テニス肘殺し」

夏が終わったことだし、来年にするか・・・?とも思ったけど、
私の今年の目標、「中途半端にしない」を 
もうひとりの自分が何度もつぶやき、頑張ってしまいました。

そして、これが終わったら、栗の時期が始まり、
毎日、保存の為に「栗むき」。

右腕が悲鳴!

DSC06353 (400x300)

本当は、こんなふうにうさちゃんを入れて持ち歩きたいけど、
「怪しいおばさん」になるよね・・・。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/235-9d6ad9d4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する