2015.12.14

ピアノ発表会

は~、終わった~!
充実感!

今日は、近所でピアノを教えている友人(本職は鍼灸師)と、
同じく、仕事の合間、私が教えている子供たちとの合同のピアノ発表会。

この会もかれこれ何年になるんだろう?
10年ぐらい?
近所のピアノのあるお宅を借りて・・・

DSC06555 (400x300)

今回の生徒は小2から中3まで6人。
DSC06557 (400x300)

その他、毎年、ゲストが入れ替わりで、
今回は、近所の開業医の先生と、アメリカ人の英語講師。
最後には、先生である私たちも1~2曲演奏。

このごろはピアノよりオルガンの練習をすることが多いけど、
この時だけは、集中してピアノを練習。

と、いっても、仕事優先だから、そんなに時間は取れず、
結局、1~2週間やっつけで練習して、「なんとか」弾く感じ。

ピアノはオルガンより、強く弾かなくてはならないので、テニス肘にくる~!!!
なんかこの頃、左腕も時々危ない。
なるべく右を使わないように、左を使うようにしているせいでしょう。
もともと、右より左は力が弱いから、負担がね・・・。トホホ。

さておき、例年は、4~6月頃にやっているこの会、
忙しさにかまけて、今年は見送りかな~、と思っていたけど、無事開くことができました。

今回も、こどもたちの成長が見られて、
あ~、頑張って企画した甲斐があったな~と思いました。

普段のレッスンで、ほかの子供の曲を聴いたりすることがほとんどないため、
お互いに曲を聴き合うのも、貴重な機会です。

同時に、今後、子供たちが弾けそうな曲を、私たちも弾くようにしています。

今回、私は、中学生の時に習ったモーツァルトのソナタと、
クリスマスが近いからと、「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲。
1週間前に友人から楽譜を借り、ほんとにやっつけで練習。

あーこれが大変!手が届かないところは省略するとしても、
離れた音がなんの音かすぐに読めず、「ド」とか「ラ」とか、子供のように書き入れて・・・

でも、なんとかあまり大きくミスせず弾き終え、
中学生の男の子に、「感動しました~!ジーンと来て、涙が出そうでやばかった・・・」
と、いわれ、仕事時間を割いて練習して良かった~。

開業医の先生は、忙しのに、毎日必ず15分とか、ピアノに触っているとか。
これが、なかなか出来そうで出来ないんですよね~。
DSC06561 (400x300)

見事にショパンの「ノクターン」を弾き、さらには、加山雄三の「海その愛」を弾き語り!

英語講師のEさんは、3曲。
1曲はスウェーデン民謡を、これまた弾き語り。
DSC06564 (400x300)

英語混じりの日本語に接したり、普段、病院でお世話になっている先生の演奏を聴いたり、
子供たちにとって、なかなか中身の濃い発表会だったのでは?

演奏のあとは、和やかにお茶会。
昨日、久々に頑張って作った手作りお菓子。
DSC06551 (400x300)

小麦アレルギーやアトピーの子がいるので、米粉を使ったクッキーとりんごのパウンドケーキ、
豆乳の緑茶プリン。

はい、ご苦労様でした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/252-b9e22dfa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する