2016.01.05

仕事始め

2016年、始まりましたね。
皆様が健やかな1年を送ることができますように・・・

今年の仕事始めは、デイサービスの陶芸教室。
毎週月曜日なので、一般的な仕事始めと同じ、4日。

デイサービスは休みがないので、施設に関わっている方は、本当にご苦労様です。

デイサービス教室も、早、3年目に突入。
毎回題材を考えるのが大変ですが、
「昔話しシリーズ」を思いついてからは、1つのお話で何週間かもつので、少し楽に・・・

記憶がちょっとおぼつかなくなってきた方でも、昔のことは結構覚えているかな~と思って始めてみましたが、
記憶の糸を引き出す、いい機会になっているように感じられます。

最初は「さるかに合戦」。

私も記憶が定かではないので、ネットであらすじなどを調べてみると、とても残酷な話だったようですね。

それはともかく、前半のところをスケッチブックに絵本のように仕立て、
まずは、お話を確認するところから始めました。

そして最初は「かにがおむすびを持っているところ」、次は「さるが柿の種を持っているところ」、
最後に、背景に「柿の木」、と、3回にわたって作りました(プラス、色塗りが3回)。

本当は、臼や、蜂もつくろうかと思ったけど、この3点セットで飾れば十分な感じだったので、
さるかに合戦は終了。

DSC06567 (400x300)

非常にいい雰囲気が出ていますね~。
多少のアドバイスはしますが、色を選ぶのは、基本、それぞれ。
思いがけず、ハサミが紫になっていたりして、それがまた合っているので本当に感心させられます。

DSC06566 (400x300)

こちらは、さらに欲張りな、さる。
柿の種を2個抱えています。
おむすびはごま塩。
よーく見ると、木の表面に縦に筋が入って、なかなかリアルです。
ニコニコとカニに近づいて、上手な語りでおむすびを手に入れそうです。

次に取り掛かっているのが、「桃太郎」。
まずは、桃から生まれたところ。

DSC06636 (400x300)

ちょと黄疸気味な桃太郎あり、赤ちゃんというよりはおじさんみたいなのあり、
ムキムキなのあり・・・

毎回、「わたし、こんなの作ったことがないからわからないの・・・教えてちょうだい・・・」
という方がいらっしゃいますが、考えてみれば私だってこんなの作ったの始めてですよ!

桃太郎のあらすじをお話をしたとき、「桃太郎は何をあげて、動物たちを家来にしたんでしたっけね?」
と質問すると、すぐには答えが出ず、ちょっと考えて出てきたのが、「柿の種?」

すごい!最近のことも記憶に残っている!

自分がこのぐらいの年になったとき、一体、どんな感じになんるんだろう・・・

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/257-438b27e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する