2016.03.14

2016年 昇級・昇段審査会

今年もそんな時期です。
空手の昇級・昇段審査会がありました。
盛岡と滝沢にある、「沖縄少林寺流空手道研究会」の6つの教室が一堂に集まって。

久々に会った人、初めて見た人・・・
幼稚園の子から70代の方まで。

まず最初に記念撮影。
P3130052 (400x300)

そして、審査の前に、先生から一言。
ここからが、緊張の時間!

審査員の一人の私は、この椅子に座って、一人一人が演武する様子をじーっと見ています。
平静な顔をしているようでも、足や手が小刻みに震えているのが見えたりして、
心の中で、「頑張って!」と、つい、言ってしまいます。

私も始めの頃は、待っている間に震えが来るし、終わると胃が痛くなるし、
演武の最中は何をやっているのやら、頭が真っ白になるし・・・
このごろは、まあまあ落ち着いて出来るようになってきましたね~。
心臓はドカドカ言っていましたが。
(昇段がない人も、予備審査ということで、全員演武します)

P3130053 (400x300)

無事、全員の演武が終わり、あとは、試し割りの時間。
まずは、今回、頑張って黒帯になった中学生の女の子。

P3130057 (400x300)

次いで、少林寺流では白帯だけど(今回、黒帯に)、他の流派で長年やってきた、若い男性。

P3130061 (400x300)

さすが、破壊力が違う!

今度は、瓦割り。

P3130063 (300x400)

最後に先生の、恒例、バット折り。(足の甲で折ります)

P3130062 (400x300)

わ~!っと盛り上がったところで、今回も終了。
普段、ふざけてさっぱり練習に身が入らない子達も、まずまず頑張ってちょっと、成長を見せてくれました。

試し割りに使われた、板とバットは私がもらって、ストーブの薪に。
よく乾燥してるから、助かる~!

板を持って帰ったら、娘が、「あれ?それまだ割るんじゃない?」
端の方で割れたのもあって、確かにもう一回使えるのもあり、
一応、娘も黒帯を持っているので、「どうぞ!」と、私が持ってあげて、
・・・「パキッ!」
満足気な顔をしていました。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/268-08a62e53
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する