2016.05.13

春のきのこ アミガサタケ

ここに引っ越してきた年の事だったと思います。
住居がまだ、ワンルームだけだった小さなログハウスには、
いかにもログハウスらしいデッキが付いていました。

多分今ぐらいの時期だったのでしょう、そのデッキの下に、
げ~!こんな気持ち悪いきのこがあるの~!!!
と、思わず叫びたくなるような、見たこともないきのこだらけ。

デッキの下一面に生えていたのは、後で調べたら、結構美味しいらしいきのこ。
その名はアミガサタケ。

しかし、その時は、調べるすべもなく、とにかく気持ち悪くて、全て取って捨ててしまいました。

その後も時々あちらこちらで見かけるものの、1本だったりするので、
なんとな~く、見て見ぬふりをしていました。

最初の気持ち悪かった体験が、尾を引いていたからです。

だって、こんな・・・

P5100279 (400x300)

しかーし!
「気持ち悪い」記憶もだいぶ薄れ、「美味しいらしい」という本の言葉が勝ってきたようで、
ついに、この日がやってきました。

畑仕事をしていたら、割と食べごろできれいなのが2本あったので、
とりあえずとってきて、流しの横に置きました。
それを見た娘、「え~、これ食べるの~!?気持ちわるいんだよね・・・」
「嫌だったら、食べなくていいよ。でも、本には、歯ごたえがよくて、油炒めなどに美味しいって書いてあるよ」
「えー、そう言われたら食べようかなって思うよ~」

そして、仕事から帰って来た夫、「あ、今日、これ食べるの?あそこにもう1本生えてたよ!」
といい、雨の中、さっさと取りに。

しかも、ほとんど私が買うことのない「肉」を夫が買ってきたので、晩御飯は焼肉。
きのこがちょうど切れていたので、これを入れることに。
まさに、油炒め。

まず、切ってみたら、空っぽ!

P5100281 (400x300)

そういえば、気持ち悪くて、中を見たこともなかったんだ・・・
まるでホルモンみたい。
確かに、歯ごたえがあって、クセもなく、焼肉にピッタリ。

3人とも無事生きてます。

これからは、見つけたら、取ることにしましょう。
(でも、あらためて写真で見ると、やっぱり気持ち悪い・・・)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/278-2875d84e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する