2016.09.07

猫の絵

いろんな人から、いろんな「こと」や「もの」を頼まれます。
(夫には負けるけど・・・)

先日は、高専の4年生になった、近所の男の子。
小学生の時、空手を習いに来ていた子。

確かおととしあたりも来てくれて、「新撰組メッセンジャー」の注文をしてくれた子。
なんと、今回、自分で車を運転して!

あの、マルコメ君のような、栗くり坊主だった〇〇が~!!!
と、娘も驚いていましたが、そりゃ、いつまでも栗くり坊主なわけないですからね~。

立派に成長していて、しかも、また、変わりメッセンジャーの注文に来てくれて、
なんと可愛いことでしょう・・・。
おまけに、今度インターンシップで関東に行くので、そっちにいる同級生にお土産にすると、
メッセンジャーを1個購入。
泣ける~!!!

その注文、「バスガイドの格好をした、馬」。
なんでも、この夏、中学生の弟に付き合って、学校登山で岩手山に登った時、思いついたと。
来年も登るので、その時それを持って行って、写真を撮りたいということ。
さらに、「バスガイド馬」に「祝・登頂!」の旗を持たせたいので、手に穴を開けて欲しいと。

は~、面白いこと考えるね~。

バスガイドの制服、大変そうだけど、出来上がったら、きっと面白いでしょう。


もひとつ。
最近、ご近所さんからの依頼。
死んでしまった猫の絵を描いて欲しいと。

どうしてもその猫ちゃんは、何か特別で、写真じゃなく、絵を飾りたいから・・・と。

どんな感じに描くかな・・・と思ってたとき、たまたま見に行った展覧会で
色鉛筆で描かれた作品が良かったので、色鉛筆で描いてみることに。

うちの死んでしまったうさぎの「タラちゃん」も、絵にしたいと思いながら、
なかなか描けずにいたので、練習にいい機会だと思い・・・(練習台にしてごめんなさい!)

P9030653 (400x300)

いい色鉛筆も、いいスケッチブックも持っているのに、そうそう使うこともなくて、
「宝」を使うことができて嬉しい!

誰かいるときに描くと集中できないので、前半は一人の時に描き、
ほとんど出来た頃、夫、娘がいるところで広げたら、
「ここは、こうした方がいい」「そうそう、そのほうがいいよ」と、アドバイスの嵐。

ちゃんと聞く耳をもって、ありがたく受け取り、完成!

P9070658 (400x300)

もう少し、なんとかなりそうだけど、今の自分の技量では、こんなところでしょう・・・

とりあえず、依頼主は喜んでくれたので、一安心。

さて、次は「バスガイドのメッセンジャー」。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/296-da2d2e29
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する