2017.08.15

町家のお化け屋敷

今年の4月から再び東京で働き始めた娘が、
お盆には帰ってこないと思っていたのに、
急に休みがもらえて帰って来たおかげで、
陶芸教室三昧だったお盆を、少し、お盆らしく過ごすことができました。

お盆らしいもの・・・?

まずは、お化け屋敷。
うちの旦那さんがおととしから手がけている、「盛岡町家物語館」の「町家のお化け屋敷」。
DSC07513 (300x400)

私はとっても怖がりなので、これまでお化け屋敷なんて入ったことがなかったのですが、
これは、毎年見ることができています。

怖がりなのに入れる理由。
それは、ある程度ネタが分かっているから。

制作は町家でやっているので、詳しくはわからないけど、
お化けを作るいろんな材料が、次々我が家に届くので、なんとなく雰囲気がわかるし、
旦那さんも、「制作していて、帰るとき、最後の一人になると電気を消すのが怖い・・」と言っているので、
そこまで怖いものは作っていないだろうな、と。

おととし、第1回目の時は、どうやら、本物のお化けさんたちが、見に来ていたそうです。
不思議な現象がいろいろあったようで・・・
自分たちの場所だと思って、やってくるのでしょうか・・・

ともかく、旦那さんの仕事を、今年はいつ見に行こうかな~と思っていたら、
ちょうど、娘が帰ってきたので、盛岡駅で拾ってから直行。

11~13日だけ、夜の部もあり、入口前の外の照明の雰囲気が、既にお化け屋敷っぽい。
DSC07521 (400x300)

いろんなテーマパークや遊園地には随分怖いのがあるみたいだけど、
鉈屋町のような、古い町並みのなかに、気軽に安い料金で入れる、
レトロなお化け屋敷。
DSC07518 (400x300)

地元の子供たちは、何度も入っているらしいです。
夏の思い出になる、こんな地元密着イベントって、なかなかないかも。
8月20日(日)までやっていますので、
レトロな雰囲気を味わいに是非どうぞ!


翌日はお墓参りに行き、その足で、展示会を一つ。
旧石井県令邸で開催していた「コズビ展」。
「コズビ」は、不来方高校の美術専攻の卒業生有志で行われている展覧会。
image4 (300x400)

石井県令邸、行きたいと思いつつ、行けていなかった場所。
蔦の美しい、古い洋館。
image5 (300x400)
建物を見ているだけでもいいです。

image1 (1) (300x400)
窓の、蔦の間から漏れる光。
これだけで、絵になりますね~。

image3 (300x400)

白壁の落ち着いた雰囲気で、作品展示にはもってこい。

暖炉の上も作品を飾るのにいいスペース。
image2 (1) (300x400)

外に出ると、入った時より人がたくさんいて、???と思ったら、
どうやらポケモンGOをやっている人たちだったようです。

夏休みで、わざわざ遠くから来たのかな~。

このあと、娘がちょっと風邪気味で、「にんにくをたっぷり入れてじゃじゃ麺が食べたい!」というので、
じゃじゃ麺屋さんへ。
お盆にじゃじゃ麺、まさに、帰省客か、旅行者。

なんとなく、旅行者気分になって、お盆らしさを味わうことができました!


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/341-53b2402e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する