2017.08.20

今年も夏、終わる・・・

夏休み、ほぼ終了ですね。
県内は。
ちょっと一息・・・かな~?

「じゃらん」の「遊び体験が」だいぶ認知されてきたようで、
ここ1ヶ月は、陶芸教室にコンスタントに予約が入るようになり、
忙しく過ごしました。

夏休みの工作に持っていきたいからとの要望で、急いで窯焚きをしたり、
焼きあがった作品を仕分けして、梱包、発送、
取りに来られる方には、電話・・・

ちゃんとチェックしたつもりが、「1個足りません」と、電話が来たり、
あ~、受け入れ数、限界?・・・

ま、ともかく、皆さん楽しんで時間を過ごしてくださっているようなので、
頑張ってます。

先日は、おしゃべりが好きな男の子、そのお母さん、おばあさんと3人でのグループ。
男の子が大人びたことを喋るので、「何年生?」と聞くと、「何年生でもない」と。
保育園、年長さんかな?
おしゃべりも達者だけど、手も器用。

説明を始めるより早く、もう、粘土を伸ばし始め、
「ぼく、ピザ作る!」

考えが決まっているなら、好きなように作らせるのが1番なので、
時々アドバイスしながら・・・
「トマトは、こうしたらどうかな?」と、ちょっとやってみせると、
「うん、そうだね、やってみる!」、と、素直に反応。お利口さん。

かくして、大作ピザの出来上がり。
DSC07532 (400x300)

「壁にかけられるように、ここに、穴を開けるといいんじゃない?」のアドバイスにも
「うん、いいね!」と、穴を開け。

お母さんの話では、時々ピザづくりを家でするらしく、
その時、麺棒で伸ばすのをやりたがると。

なるほど、上手なわけです。
粘土も生地も似たようなものですから。

「空いてるところに、星も付ける!」というので、抜き型を出してあげて
やり方を教えると、これも上手に型からはずして。
粘土に押し付けるのは簡単だけど、
指をそ〜っと入れて、形を崩さずに出すのは、丁寧さがないとできない作業。

3人で出来たのはこのぐらい。
DSC07531 (400x300)
ピザは、1人分の粘土全て使ったので、大きいです。

別のグループ。
来た時に、「今日作って、夏休みの工作にできるようなもの、ありませんか?」と。
来た日の6日後が始業式!!!

粘土から作ったものはどんなに頑張っても無理。
たまたまその翌日に本焼きをすることにしていたので、
「絵付けならできますが・・・」と、素焼きしてある白いお皿、湯呑を見せると、
それでいい、ということになり・・・

無事、焼き上がり、すぐに発送。
DSC07534 (400x300)
ささっと考えずに描いた男の子の作品が左。
お母さんに、「もっと描いたら?」と、言われていたけど、勢いがあって面白い!

右は下書きを紙に描いて、慎重に描いた女の子の作品。
これもなかなかオリジナルな、いいデザインですね。

始業式、間に合ったかな~?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/342-36026fbf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する