2017.10.26

長いも掘り

なんというか、気分は11月。
だけど、まだ、10月。

なぜだろう、この秋は例年より慌ただしくないような・・・
じっくりいろんな事が出来ている。

いつもなら、あ~雪が降る前に、あれもやって、これもやって、という感じなのに、
そんなにせかされていない。

栗が予想外に少なかったせいか?
去年、夫すら、「栗に支配されている!!!」と言っていたのが、
今年は、あっという間に時期も終わり、ご飯がわりに食べた日もそんなにない。

こんなに楽だったのは初めてかも。
花が着いた時には、今年も大変だ・・・と、思ったけど、
夏の天候不順のおかげで、(まさに、おかげです)実の付きが悪く、
その、少ない実を栗虫たちが奪い合い、ほぼ、虫にやられ、
食べるところが少ない状態。

2つある栗むき器、一度も出動することなく、
なんと平和だったこと!

つまり、栗に付随する仕事も大幅カットされ・・・
だからか。

栗の時期は、1日2回ぐらい各1時間栗拾い、イガの片付け、
クリを干す、取り入れる、選別する、茹でる、食べる、
むいて冷凍する、誰かにもらってもらう・・・

クリ農家か!

クリ農家じゃなく、本業がこの時期にできたから、少し気持ちがゆったり出来ているんだな。

先日、大型台風が来る前に、その、イガ片付け。
例年は、それも、後回しになんかできないから、落ちた先からせっせと箱に集めているけど、
今年は少なかったので、日当たりに転がして、少し干してから箱詰めしよう、ということに。
(ちなみに、ストーブの焚付です)
DSC07726 (400x300)

イガと、その辺に落ちているクリの枝も一緒に拾っていたら、
いい具合に、枝にきのこ。
DSC07721 (300x400)

まさに、「木の子」ですね~。

次に、長いも掘り。
上に伸びたつるや葉の付き具合に、芋の大きさも比例しているので、
小さそうなのから掘り。

いつも、もう少し寒くなって、葉がすっかり枯れてから掘っていましたが、
それだと掘っているうちに寒くなってきて、慌ててほったりして、
途中で折れたり、見失ったり。

やっぱり、あまり寒くない方が、断然掘りやすい!
結構な量が掘れて、だんだん面白くなり、
最後に大きそうなのにトライ。
DSC07734 (300x400)

しかし、大きいだけあって、日が暮れてしまい、この日は中断。
翌日、再挑戦。
スコップを差し込むだけでは無理で、自分も腰まで穴に入って。

無事、折れずに出てきた~!
DSC07735 (300x400)

先端の、白くてきれいなこと!
DSC07736 (400x300)

今、まさに伸びてる最中っていう感じ。
上の方のひげ根と、先端のひげ根も全然別物。

早速、みずみずしいところを、たわしで洗ったら、皮もむけてしまうくらい柔らかい。
というわけで、皮もむかず、包丁の背でそぐように切って、
DSC07737 (400x300)

一つは納豆についていたタレとからしで和え、もう一つは梅酢和え。

みずみずしく、もっちりしゃきねばって感じ。
長芋も、鮮度で全く別ものですね~。

もう1本、大きそうなのが残っています。
いつ掘ろうかな~。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/354-f542fb42
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する