2017.11.11

エルブ・ドゥ・プロヴァンス もどき

岩手山も白くなったり青に戻ったり、

DSC07760 (400x300)

行きつ戻りつの秋ですが、
私の十年日記によると、去年の11月9日には、「夜、道路凍結」と書いてあるので、
急に何があるかわかりません。

それにしても、少し暖かい秋のような気がします。

畑もそろそろ秋じまい。
今年は、小さいながらも大根がまあまあ出来たので、
久々にたくあんでも漬けてみようかと、干してみました。

DSC07762 (400x300)
(小さいのだけ選んで干したので、他のはもう少し大きいですよ!負け惜しみにしか聞こえない・・・?)

たくあんは何度か漬けたことがあるけど、買った干し大根でしか漬けたことがなかったので、
ちょっと楽しみ。

夫と二人だけになったので、小さい大根の方がむしろちょうどいいでしょう。

カリンが今年は久々に1個だけ実がつきました。
DSC07768 (300x400)

植えて2~3年の頃には確か5~6個ぐらい実ったのに、
あとは日当たりが悪くなったか、ここしばらく、花すら咲きませんでした。
あきらめていたら、1個だけ。
DSC07764 (400x300)

大事に、カリン酒でも漬けましょう。

この時期、地植えのハーブ類は、冬越しの準備、
地面を覆うように、葉が密になって雪が降るのを待ち構えているような姿。
オレガノ
DSC07775 (400x300)
タイム
DSC07772 (400x300)

冬に料理に使えるように採って、ストーブの横で乾燥。
DSC07783 (400x300)

タイムとオレガノに鉢植えのローズマリーを足して・・・(我が家では、寒くてローズマリーは地植えできないので)

「エルブ・ドゥ・プロヴァンス」というスパイスミックス、これを使って鶏肉でもソテーすれば、
一気にプロヴァンス気分になれるスパイス。
(行ったことはないけど・・・)

正式には、タイム、マジョラム、ローズマリー、バジルの4つのミックスのようですが、
オレガノがマジョラムと似てるらしいので、バジルがあれば、ほぼ同じ。
畑に植えたバジルは既に枯れてしまったので、ベランダの瀕死のバジルを少しでも混ぜれば、
「ほぼエルブ・ドゥ・プロヴァンス」。

手で摘み取った後、手からハーブの香りがして、爽やか~!
2~3日乾かしたら、瓶に茎ごとギューッと詰めて、瓶の中でパリパリと軽くつぶし、
使うときは、逆さに振れば、葉っぱだけが落ちてきます。

買ったスパイスにはない、新鮮なスパイスミックス。
サラダに、スープに、冬のあいだのお楽しみです。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/355-9322c4fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する