2017.12.06

加賀百万石へ

もう、半月ほど前のことになりますが、石川県・加賀百万石へ旅してきました。
帰ってすぐにブログに、と思った矢先、
ちょっといろいろありまして、
やっと時間が取れましたー。

旅の内容は前後しますが、今回は、旅の3日目、
観光物産館で和菓子づくり体験をした時のこと。
DSC07913 (400x300)

この日の体験メニューは、この3点。

DSC07914 (400x300)

既に材料は用意され、形を作るだけ。

DSC07915 (400x300)

この状態にするまでが大変なんですよね~。

体験は、全くいいとこ取り。
コネコネは得意ですから、講師である和菓子職人のお話も聞かず、
さっさと作り始めます。

かれこれ10年ぐらい前、粉末になった、白あんと小豆餡を買って、
自分でも作ったことがあり、
「あー、やっぱり、粘土と一緒だな・・・」
と感じていました。

今回のもくろみは、「メッセンジャー」の練り切りを作ること。

勝手なものを作ったら、なにか言われるかな?と、行く前は少し心配したけど、
参加者は、50人ぐらいかな?
いちいち何を作っているかなんて見て回ったりしないので、
前に座っている人の視線をちょっと感じたぐらい。

用意された色つきの餡をみて、どれを使ってどのメッセンジャーを作るか、
じーっと考え・・・

まずは、その、10年ほど前に作った、
「一本桜の石ころくん」に挑戦!

DSC07917 (300x400)

一本桜の石ころくんではなく、紅葉の石ころくんの出来上がり。
DSC07918 (400x300)

あー、しまったー!
爪楊枝を持ってくるんだった!
メッセンジャーの大事なポイント、鼻の穴があけられない。

娘は、見本の通り、ふるいを通してきんとんに挑戦。
DSC07928 (300x400)
芯になる餡に、箸で押し付け・・・
DSC07929 (300x400)

私は、2つ目は「ニワトリ」。
メッセンジャーと同じに作ろうと思ったら、部品が落ちてうまくいかず、
一体型に変更。

DSC07930 (400x300)

あとで説明を聞いていたら、部品をつけるときは、ぬれ布巾で湿らせれば良かったようですが、
時間がなくてやり直せず。

3つ目は、犬。

今年が酉年、来年が戌年なので。

出来上がったお菓子は、下の階の抹茶コーナーで、食べることができます。
抹茶代を払い、お皿に出来上がったお菓子をのせ・・・

こちらは娘作。
DSC07935 (400x300)

そして、こっちがメッセンジャー。
DSC07942 (400x300)

ぶたくんも旅に同行。
食べられるんじゃないかって、ビビってる?

メッセンジャー、面白いんだけど、食べる時がね~
ごめん!!!

DSC07946 (400x300)

夫は、作らなくていいというので、6個の練り切りを3人で分けて、
1人2個ずつ。
「抹茶飲む時って、お菓子、1個だから、あ~もう一個食べたいな~ってなるんだよね~」と、娘。
というわけで、今回は贅沢に2個食べて、大満足。

あ~、楽しかった!!!

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/357-817c7f2e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今度、陶芸教室に伺いたいなと思っています。
そこでお尋ねします。
好きな物を作っていいとのことですが、色の希望を言っても良いのですか?
それとも、何種類から選ぶのですか?

以前学校行事で参加した時は、色が決まっていて
全く気に入らなく、全然使いませんでしたので。
Posted by ブースカ at 2017.12.09 03:35 | 編集
学校行事で参加したのはこちらの工房ではありません。
言葉足らずでした。
Posted by ブースカ at 2017.12.09 12:02 | 編集
家にいるときはほぼ毎日メールチェックをするのに、この日は眠気に勝てず寝てしまい、失礼しました。
電話でお話した通り、作るものはなんでもOKですし、釉薬の色も、いろいろ選んでいただけます。
粘土も何種類かありますので、お越しいただいてから、イメージをお話して頂ければ。
(インターネット予約の場合は、粘土は決まったもので、釉薬は4種類ぐらいからの選択と、電話申し込みの場合より選択肢が少々少なくなります)
では、お待ちしています。
Posted by Junko at 2017.12.09 14:30 | 編集
先日はお電話でありがとうございました。

そちらの工房で2013年に企画してた「キャンドルハウス」
を作ってみたいな。と思いましたが、初心者で2時間で
作れますでしょうか?
難しいのでしたら、違う作品を考えます^^
Posted by ブースカ at 2017.12.12 20:11 | 編集

キャンドルハウスの型紙は残っていると思いますので、大きさが限定されますが(高さ12~14cm)、それでよければ初心者でも大丈夫、2時間でできます。もし大きさを変えたいときは、あらかじめ、型紙を作ってきて頂ければいいですね。型紙は、紙工作で家を作るように考えていただければ。紙と違う点は、粘土の厚さが5ミリぐらいになりますので、それを考慮してください。
不明な点は、どうぞまたコメントください。
Posted by Junko at 2017.12.13 01:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する