FC2ブログ
2018.04.30

よもぎ餅

ゴールデンウイークと共に、暖かさもやってきて、
この辺はちょうど桜が満開。
向かいの「青年の家」の桜に和みながら、作業をしています。

この春の外仕事は、まず、薪割り。
畑や庭仕事を後回しに、日々、薪割り。
(勇ましすぎる姿に、『さっき、男性がそちらに見えたから開いてるかしら・・・』と、入ってこられたお客様あり・・・)

薪割りの話はまた後で・・・
薪割りをしていると、取り頃になってきた、「ヨモギ」が気になって、
よし、今日こそ!と、収穫。
DSC08242 (400x300)

ヨモギ取りの時は、手袋はせず、なるべく、土や枯葉が入らないように取るのがコツ。
洗ったり、ごみを取るのが結構時間がかかるので。
その代わり、注意も必要。
ちょうど、ウルシも伸びてくるので、触らないように。
DSC08251 (400x300)
こっちはモミジ。
DSC08245 (400x300)
モミジかな~?と思うと、ウルシだったりします。
小さいと、結構似てる。

この時期、つやつやと美しい、「オオウバユリ」の葉っぱ。
つやつやナンバーワン!
DSC08252 (400x300)

ボールにいっぱい取れたので、さっとゆがいて、ギュッと絞り、
DSC08254 (400x300)

ザクザクと、粗みじんに切り、結構な量が取れたので、
半分は、年末の餅つき用に冷凍。

この日のために、2日前から吸水させていた「玄米もち米」でよもぎ餅作り!

これを作るために2年前に買った、餅もつけるパン焼き機。
やっと初めて餅つきとして使いました。

蒸しあがったら、ヨモギを投入!と思っていたのに、
初めてだったためにタイミングを逃し、投入するのが少し遅れ、
ヨモギの形がしっかり残ってしまいました。
DSC08255 (400x300)

それにしてもこの感じだと、臼と杵でつくのとは違って、ヨモギを細かく切らないとダメですね。

小豆も煮たいところだったけど、あんは缶詰で我慢。
でも、3合のコメに、1缶(165グラム)で、ちょうど良かった。
DSC08261 (400x300)
はい、できあがり!
小ぶりに丸めました。
玄米餅のつぶつぶ感が良く、おいしい!

春の香りたっぷりの、よもぎ餅。
遠くへは行かないけど、贅沢な時間使いのゴールデンウイークです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/376-b727be71
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する