FC2ブログ
2018.08.22

ヘッジトリマー

前々から欲しかったもの。
コードレスのヘッジトリマー。

生垣の刈り込みは、ほぼ私の仕事。
以前、「通販生活」で買った刈り込み鋏をずーっと使っていましたが、
確かに、軽くて使いやすいけど、やっぱり時間がかかる。
あっちにも、こっちにも、刈込が必要な木があって、
全部やろうと思ったら、仕事の時間が無くなる・・・

ここは電動に頼るのが正解なんじゃないか、と、
夫に、雑誌に載っていた「コードレスのヘッジトリマー」を見せ、
「こういうのが欲しいんだけど・・・」と、おねだり。
(普通、旦那さんにおねだりしないよね、こんなもの)

数日後、「ホーマックでいろいろ見て、いいやつ買ってきたぞ!」

高枝切狭のように、付属のポールに付け替えて、高い場所も刈り込めるタイプ。
へ~、こんなのもあるんだ・・・。
DSC08567 (400x300)
しかも、角度もいろいろ変えられる。
バッテリーも、インパクトドリルドライバーなんかに比べて、小さくなったもんだね~。
単1の電池ぐらい。ほぼ、ポールの太さと同じ。
小さいから、全体が軽くて、作業の負担が少ない。

早速、ボサボサになっていた、うさぎの形に刈り込んでいたヒバを刈込。
DSC08564 (300x400)
脚立がないとできなかったところも、ポールに付け替えるだけで刈ることができ、
それでも届かないところは、ビールケースの踏み台に乗れば、まあまあ十分。
DSC08566 (300x400)
だいぶ、ボサボサはなくなったけど、耳のあたりがまだ・・・。
でもさすがに、軽量といっても、か細い腕が悲鳴をあげ、
家に戻ってみると、1時間が経過。

時間が経ったら、背中もなんかおかしい。
夜には、オルガンの練習にマリオスまで行き、1時間弾いたら、
今度は手首が悲鳴。
トホホ・・・
これじゃあ肝心の仕事ができないよ~。

でも、これは、楽しい。
次は、どれを刈り込もうかな~。

ところで、「ヘッジトリマー」の「トリマー」は、トリミングするってことはわかってたけど、
「ヘッジ」の意味を最近まで知らなかった私。

陶芸教室に来ているアメリカ人夫妻が、雑談の中で、
「ハリネズミのことを『ヘッジホッグ』と言う、」と教えてくれて、
アメリカでは、その辺の生垣の下にハリネズミがいるとのこと。
「ヘッジ」は生垣で、「ホッグ」は、ぶた。

ハリネズミが「生垣豚」ね~。
生息している所を見ると、そうなるのかな~。
勉強になります。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/388-5056bd62
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する