FC2ブログ
2018.11.03

住田町へ出張教室

先月末、縁あって、住田町へ陶芸教室に行って来ました。
有住(ありす)地区の家庭教育学級で、保育園、小中学校の子供と父兄さん、職員、地域の方々。
平日夜の開催にもかかわらず、40名も集まってくださり、大盛況でした。

出来たものはこの通り。
DSC08738 (400x300)
カップが1個できるサイズの粘土で、一人2個までOK。

40人と多かったので、細かい指導ができず、どうなるかな~と思っていましたが、
1時間で、あっさり全員完成!

帰ってきてから、チェック作業。
時間がかかるかな~?と思っていましたが、手直しが全くいらないものも多く、
このぐらいの数だと、1日かかるかと思いきや、2時間ほどでチェック終了。

器用な方が多い地域なのでしょうか?
ひどいヒビもほとんどなく、厚さが均一にできているのが多く、びっくり!

まずはこちら。
DSC08744 (400x300)
形や線がきれいなのはもちろん、表面の仕上げがとてもきれいで、
直しゼロ。

こちらは、ご飯茶碗。内側には小鳥の足跡のような模様。
形よし。
DSC08741 (400x300)
高台(足)付きは難しいのですが・・・
DSC08753 (400x300)
完璧です!
外側には、鳥の羽。
高台をつけるのは、少し時間を置いてからじゃないと、柔らかくてつぶれがちなのですが、
その加減がちゃんとわかっていて、全然つぶれていない。
厚さも均一。

こちらのカップ、形も面白いけど、何より、この持ち手が美しい。
DSC08752 (400x300)
つるっとヒビがなくきれいに曲げるのはコツが要るのですが、
説明なしでこれができているのが素晴らしいです。

次、足つきカップ。
DSC08756 (400x300)
これも、時々作る方はいらっしゃいますが、上下のバランスが難しく、
支えきれない場合が多く、手直しがたいてい必要になりますが、
これも手直しゼロ。

こちらは、模様が面白い。
DSC08754 (400x300)
今回、人数も多いので、模様を付ける道具は特に持っていかず、
竹べらと竹串のみで、工夫してもらいましたが、
絵心があるとこんな素敵な模様もできるんですね~。

最後。
誰か、乗っています。
DSC08755 (400x300)

この他にも面白かったり、感心させられたものがたくさんありましたが、
割愛。

岩手に生まれて○十数年、住田町へ行ったのは多分初めて。
(岩手、広いからね~!どこにあるかも、なんとな~くしかわかってなかった)

岩手はどこへ行っても山ばかりだけど、やはり、地域によって微妙な違いが感じられますね。
泊まったホテルの方に、地域のお話も少しお聞きし、勉強になりました。

担当の先生からいただいたシフォンケーキが絶品!(参加者の中にそのケーキ屋さんがいらっしゃったとか)
ご縁に感謝です。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/399-a34fceec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する