FC2ブログ
2019.05.25

東京カテドラル大聖堂

建物が美しく、一度行ってみたいと思っていた「東京カテドラル大聖堂」で、
タイミング良く、パイプオルガンのコンサートがあったので、オルガン友達と行ってきました。
(何がタイミング良かったかは、あとで・・・)

せっかくなので早めに東京へ行き、
こちらも建物が美しい、「三菱一号館美術館」での企画展、
「ラファエル前派の奇跡展」を鑑賞。
(奥に見えるレンガ造りの建物)
IMG_20190517_152513_resized_20190525_120824524 (300x400)
IMG_20190517_164410_resized_20190525_120825222 (400x300)

この美術館ははじめてでしたが、
綺麗に作られた庭があり、カフェがいくつかあってヨーロッパの雰囲気。
IMG_20190517_164358_resized_20190525_120825614 (400x331)

作品が思っていたよりたくさんあって、
なかなか見ごたえのある展示でした。

作品が多いと、途中で何を見てるのかわからなくなることがありますが、
ここは、移動の途中で何度も、綺麗な中庭が見えて、
頭を休めることができて、なかなかいい美術館だなと思いました。

そのあと、ちょうどバラが満開の中庭のカフェでお茶、
そして大聖堂へ移動。
1558710731329 (400x300)

時々、マリオスにも来てくださる、椎名雄一郎さんのコンサート。

写真やテレビで見て、外観も内側もすごそうだなー、
と思っていた通り、中の天井もどこまでも高く、
ものすごく音が反響。
IMG_20190517_195637_resized_20190525_120824912 (300x400)

座席は祭壇の方を向いているけど、
オルガンは背中側。
IMG_20190517_195610_resized_20190525_120824209 (300x400)

演奏者は全く見えないけど、
せめてパイプを見ながら聞こうと、
横の席に移動して...

低音域がズシンと響き、残響が徐々に消えていく。
何度も聞いた曲が、こんなにも違うものか、と、
いつもながらオルガンの奥深さに感動したコンサートでした。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/423-dced63e1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する