2012.05.16

あーとびる麦生

先日、県北沿岸の、久慈市へいってきました。

道の駅に寄ったり、新緑のこんもりとした山々を見ていると、あっという間に到着!
B-1グランプリで有名になった、“まめぶ汁”を食べたり、
「さかなクン」が提供してくれた魚たちを展示している「まちなか水族館」を見学したりして、
一通りの観光をしつつ・・・
今回のドライブの目的地、「麦生」(むぎょう)地区の「あーとびる麦生」へ。

廃校をアートスポットにした場所で、県出身アーティストの様々なジャンルの作品が
所狭しと展示してありました。
ハイレベルな作品群で、圧巻!

その中の2つの教室を使って、彫刻家、長内努(夫につき、呼び捨て)と、
友人で陶芸家、高橋昌子さんの二人展が開かれています。

今回、夫の作品は「テラッコッタ」の小品で、現在公開中の映画、「テルマエ ロマエ」に出てきそうな
作品に見えますが、もちろんそこを狙ったわけではありません。(フォローしておきます)
DSC01246 (400x300)

ちなみに映画は、原作同様大爆笑でした。

DSC01242 (400x300)
こちら、高橋昌子さんの作品は、いつも面白い形を作ってくれて、「やられた!」感、たっぷり。
有りそうで、無い、1個でも複数でも、ちょこっと食卓に並べたくなる、
そんな作品たちでした。

あーとびる麦生は、土日のみ開館です。
この二人展は、6月24日まで。

久慈は海草が安い!魚介類のみならず産直品は、どれもおいしく、しかも安い!(まつも、大量買いしました~!)
産直めぐりと、アートに触れる旅で、沿岸の復興に!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/5-62e46be5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する