2012.12.30

家族対抗餅つき合戦?

今日、12月30日は、実家で餅つきをしてきました。

臼は、私が大学生の頃、当時、父が勤めていた地域に臼を作る職人さんがいて、
その方に頼んで作っていただいたもの。

両親と、兄と私で始まった、この年中行事も、母の餅好きパワーによって延々と続き、
今では兄の娘たちや我が家の娘も加わり、
娘たちだけでも立派な餅がつけるようになりました。

娘たちも、赤ちゃんの時からついていますから、結構な年季が入っています。

今年は、母が小さい時に好きだったという、「うるち餅」と、
私が試してみたかった「玄米餅」も、ついてみました。

「うるち餅」は、うるち米に、少し、もち米を混ぜてつき、
出来上がりは、シコシコとした歯ごたえがなんともいいんですね~。

ところが、つく時はものすごい弾力で、杵がポーンと弾き返され、
力がいるので、皆で少しずつ交代で、なんとかつきあげました。

GetAttachment[2]

(薪割りで鍛えているので、餅つきはお手の物!)

「玄米餅」は、もち米の玄米をつきますが、難しいらしいと聞き、
ネットで調べてから挑戦。

うるちの後についたら、うるちよりは、少し楽で、
つぶつぶが残るけど、ちゃんと粘りのある餅ができました。

出来たての餅は、早速お昼に、くるみ、ごま、きなこ、納豆餅にしていただきました。
(盛りつけは省略!)

moti.jpg

杵つきは、歯ごたえがあって、やっぱり違います。

今年も色々ありましたが、家族皆、無事に餅つきが出来て、感謝です。
(約1名、負傷中につき、見学でしたが・・・)

GetAttachment[1]
80に手が届く母も、まだまだ、杵を振り上げます。

皆様、よいお年を!



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/55-face3465
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
臼での餅つきなんていいですね。
きっとすごく美味しんでしょうね。
子供の頃、母親の実家でも臼で餅を作っていました。

今年1年ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
Posted by ちゃげき at 2012.12.31 16:44 | 編集
皆さん揃っての餅つき大会、うらやましいです。
お母さんの餅つき姿、かっこいいです。(^0^)v
今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 裕子母さん at 2012.12.31 21:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する