2013.02.27

冬休み イタリア旅行 part 6

サンジミニャーノを後にして、バスに揺られること3時間。
着いたところは、オルヴィエート。

DSC02749 (400x300)

バスを降りたところに、「フニクラーレ」という登山鉄道があり、
一気に斜面を登ります。

DSC02751 (400x300)

わずか2分ほど。

終点からまた、さらにバスに乗って数分。
小さな街に着きました。
でも、建物は、やはり歴史を感じさせるものばかり。

このツアーに参加することが決まるまで、この街の名すら知らなかったけど、
私が楽しみにしていた場所。

ここの教会に、イタリア最大のパイプオルガンがあるらしいと聞いたので。
(多分、教会の中では、だと思うけど・・・)

散策時間は、1時間半。
バスを降りたところにちょうど美術館があり、イタリアの現代彫刻家、「エミリオ・グレコ」の展示会と書いてある。
DSC02761 (400x300)

せっかくだから、鑑賞。
そのうちの1点を見て、「これ、仙台の定禅寺通りにも在る」と我が家の添乗員さん。
ほー。さすが、彫刻家。

なかなかこじんまりだけど、見ごたえのある、展示。

さて、ではいよいよ隣の教会へ。
DSC02759 (300x400)
(大きすぎて全体が入らない!)
すると、教会の入口前にいた、ツアーの添乗員さん、「今、ミサ中で入れないんです・・・」
な~に~!

あ~美術館は後にすべきだったか・・・、といってもあとの祭り。

ところが、我が家の添乗員さん、横のドアに回り、そーっと中へ。
そして、手招き。

そ~っと入ってみると、まさに、ミサの最中。
でも結構、観光客らしき人も。
静かにしている分には大丈夫そうなので、そのまま居ることに。

ありがた~いお話の間にパイプオルガンの演奏!
あ~、ミサで良かった。
まさか、音が聞けるとは思ってなかったので、感激。

一度、終わったような気配がありながら、また、ありがたいお話が始まり、
途中、涙声で、何かを話す女性。

一体何が?
なんと、お葬式だったのです。
なるほど、観光客はダメだと言われた理由がやっとわかりました。
おかげで、3曲もオルガンが聞けて私は嬉しかったのですが・・・。

心の中で祈りを捧げ、その立派なオルガンをじーっくり見て、教会をあとに。

その後、またバスでの移動1時間半。
いよいよローマです!

ホテルに着いたのは8時半。
そこから翌日の説明が30分程。
聞いているのも大変だけど、ホテルの人とやり取りをして確認しながらの添乗員さん、
ほんとにご苦労さんです。

ホテルの外側にピッツェリアがあるらしいけど、
さすがに疲れたので、ルームサービスでピザを頼み、待つこと1時間!

DSC02771 (400x300)

30cmの大きさで1枚400円弱。
ルームサービスでこの値段!

待ったかいがありました。手前、マルゲリータ、奥、ナポリ。
メニューが多すぎて適当に頼んだらほぼ同じ。
ナポリの方は、アンチョビ入りだったかな。

まあとにかく、熱々を食べ、翌日のローマ観光に備えて就寝。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/65-74d3d6f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する