2013.06.18

象は踏んでもつぶれない!?

先日、畑へ行こうと思い、長靴に足を入れたら、
つま先に石ころ?
何やら塊が入っていたので、逆さまにしてトントンと叩いてみたけど、
何も出てこない。

あれ、気のせい?
もう一度足を入れる・・・
やはり、何かある。

もう一度、逆さまにしてさっきより強くトントン、トントン。
何も出てこない。

ん?
もしかして・・・恐る恐る手を入れる。
やはり、石のようなものが・・・。
指で弾いたらやっと出てきた。
コロッと出てきたのは・・・

(虫が苦手の方は、このあとの写真にご注意!)
ぞうくん!

DSC03427 (400x300)

大ゾウムシでした。
やはり。
この時期、家の中、いろんなところで出没します。
この前は、いきなり、床にコツン!とどこからか落ちてきた。
ゴミ箱の中でカサカサおとがしたり、冷蔵庫の下からホコリをしょって出てきたり。

我が家はいろんな虫と共存しているけど、
唯一、嫌われない虫です。
むしろ、のろまで、動きが面白くて、憎めない。
「くん」づけで呼びたくなる、かわいいやつです。

大ゾウムシといっても、2センチ前後。
鼻が、まさに、象のように長い。

DSC03432 (400x300)

比較に、うさぎ箸置きにのせてみると・・・

DSC03431 (400x300)

滑って、コロンと落ちてしまいました。
長靴の中では、しっかり踏ん張っていたくせに・・・

もう一度のせてみると、今度はしっかりと耳をつかんで踏ん張っています。

DSC03438 (400x300)

しかも、このあとおりるときには、
足を思い切り開いて、ゆっくりと転がらないようにおりました!
すごい学習能力!

このぞうくん、時々思いがけないところにいるので、
ガリっと踏んでから気づくことが・・・。
でも、大丈夫。
昔、「象が踏んでもこわれない」っていう筆箱のCMがあったけど、
この、ぞうくん、踏んでも潰れたことがないのです。

そうと分かっていても、踏んでしまったとき、潰れたんじゃないか?
と、一瞬、いや~な気分になるんですよね~。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://osanaikoubou.blog.fc2.com/tb.php/88-797cd534
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する